JISA4704 : 2020 軽量シャッター構成部材

JIS A 4704:2020の規格概要

この規格 A4704は、建築物及び工作物に使用するスラットの板厚が1.0 mm以下で,手動スプリング式,電動式及び電動スプリング併用式の鋼製の軽量シャッター構成部材について規定。

JISA4704 規格全文情報

規格番号
JIS A4704 
規格名称
軽量シャッター構成部材
制定年月日
1961/11/01
最新改正日
2020/08/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

91.060.50
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1961-11-01制定日
  • 1964-11-01確認日
  • 1968-01-01確認日
  • 1971-08-01確認日
  • 1972-03-01改正日
  • 1975-04-01確認日
  • 1975-11-01改正日
  • 1978-11-01確認日
  • 1983-12-01確認日
  • 1988-09-01改正日
  • 1994-06-01改正日
  • 1998-04-20改正日
  • 2003-02-20改正日
  • 2008-05-20確認日
  • 2015-02-20改正日
  • 2019-10-21確認日
  • 2020-08-20改正日

A 4704:2020

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.2 ]

4 種類 [ p.7 ]

5 性能 [ p.8 ]

5.1 構成部材の曲げ強さ [ p.8 ]

5.2 開閉性能 [ p.8 ]

5.3 開閉繰返し性能 [ p.9 ]

6 構造 [ p.10 ]

6.1 外壁用防火シャッターの構造 [ p.10 ]

6.2 構成部材の構造 [ p.10 ]

7 寸法 [ p.11 ]

7.1 シャッターの内のり幅及び内のり高さ [ p.11 ]

7.2 スラット1枚当たりの幅 [ p.13 ]

7.3 構成部材の寸法及び寸法許容差 [ p.13 ]

8 材料 [ p.13 ]

9 加工及び組立 [ p.14 ]

10 塗装 [ p.14 ]

10.1 一般 [ p.14 ]

10.2 下地のさび止め処理及びさび止め塗装 [ p.15 ]

10.3 塗装仕上げ [ p.15 ]

11 試験方法 [ p.15 ]

11.1 構成部材の曲げ試験 [ p.15 ]

11.2 開閉性試験 [ p.18 ]

11.3 開閉繰返し試験 [ p.20 ]

12 検査 [ p.21 ]

13 製品の呼び方 [ p.21 ]

14 表示 [ p.21 ]

15 取扱い上及び維持管理上の注意事項 [ p.21 ]

附属書A(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表 [ p.22 ]

[ JIS A4704 : 2020.pdf Page : 1 / 25 ]ページ TOPへ

A 4704:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人

日本シヤッター・ドア協会(JSDA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて

日本産業規格を改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した

日本産業規格である。これによって,JIS A 4704:2015は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS A4704 : 2020.pdf Page : 2 / 25 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 4704:2020

軽量シャッター構成部材

Components of light-weight rolling door for buildings

1

適用範囲

この規格は,建築物及び工作物に使用するスラットの板厚が1.0 mm以下で,手動スプリング式,電動

式及び電動スプリング併用式の鋼製の軽量シャッター構成部材1)(以下,構成部材という。)について規定

する。ただし,横引き又は水平引きの構成部材には適用しない。

注記 技術上重要な改正に関する新旧対照表を,附属書Aに示す。

注1) 組み立てる前の状態のものをいう。

なお,組み立てた軽量シャッターを,以下,シャッターという。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 9511 発泡プラスチック保温材

JIS B 1801 伝動用ローラチェーン及びブシュチェーン

JIS G 3101 一般構造用圧延鋼材

JIS G 3131 熱間圧延軟鋼板及び鋼帯

JIS G 3141 冷間圧延鋼板及び鋼帯

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯

JIS G 3312 塗装溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯

JIS G 3313 電気亜鉛めっき鋼板及び鋼帯

JIS G 3350 一般構造用軽量形鋼

JIS G 3444 一般構造用炭素鋼鋼管

JIS G 3445 機械構造用炭素鋼鋼管

JIS G 3466 一般構造用角形鋼管

JIS G 3521 硬鋼線

JIS G 3522 ピアノ線

JIS G 4304 熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS G 4305 冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS G 5501 ねずみ鋳鉄品

JIS H 4100 アルミニウム及びアルミニウム合金の押出形材

JIS H 8602 アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化塗装複合皮膜

JIS H 8610 電気亜鉛めっき

[ JIS A4704 : 2020.pdf Page : 3 / 25 ]ページ TOPへ

2

A 4704:2020

JIS K 5572 フタル酸樹脂エナメル

JIS K 5621 一般用さび止めペイント

JIS K 5651 アミノアルキド樹脂塗料

JIS K 5674 鉛・クロムフリーさび止めペイント

JIS K 6744 ポリ塩化ビニル被覆金属板及び金属帯

JIS Z 8401 数値の丸め方

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による(図1〜図3参照)。

3.1

スラット

シャッターカーテンを構成するもので,鋼帯をロール成形した部材。

3.2

座板

シャッターカーテンの下端に取り付ける部材。

3.3

シャッターカーテン

開口部を仕切るために設けるもので,連結したスラットと座板とを組み合わせたもの。

3.4

施錠装置

戸締まりのために設けるもので,シャッターカーテンの閉鎖時にシャッターカーテンの開放を制限する

装置。

3.5

巻取りシャフト

シャッターカーテンを巻き取る軸。

3.6

スプリング

巻取りシャフトにシャッターカーテンを巻き取るための回転力を与える部材。

3.7

軸受部

く(躯)体に固定し,巻取りシャフトを保持するもの。

3.8

ケース

防じん(塵)及び防雨を目的として,巻取りシャフトに巻かれたシャッターカーテンを覆うカバー。

3.9

まぐさ

天井面又はケース下面におけるシャッターカーテン用の開口部の見切り材。

3.10

ガイドレール

閉鎖時にシャッターカーテンを保持するためのもので,開閉時には左右の案内をするレール。

[ JIS A4704 : 2020.pdf Page : 4 / 25 ]ページ TOPへ

JIS A 4704:2020の国際規格分類一覧

  • 91.060.50

JIS A 4704:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
A9511
発泡プラスチック保温材
B1801
伝動用ローラチェーン及びブシュチェーン
G3101
一般構造用圧延鋼材(追補1)
G3131
熱間圧延軟鋼板及び鋼帯
G3141
冷間圧延鋼板及び鋼帯
G3302
溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯
G3312
塗装溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯
G3313
電気亜鉛めっき鋼板及び鋼帯(追補1)
G3350
一般構造用軽量形鋼
G3444
一般構造用炭素鋼鋼管(追補1)
G3445
機械構造用炭素鋼鋼管
G3466
一般構造用角形鋼管(追補2)
G3521
硬鋼線
G3522
ピアノ線
G4304
熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯(追補1)
G4305
冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯(追補1)
G5501
ねずみ鋳鉄品
H4100
アルミニウム及びアルミニウム合金の押出形材
H8602
アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化塗装複合皮膜
H8610
電気亜鉛めっき
K5572
フタル酸樹脂エナメル
K5621
一般用さび止めペイント
K5651
アミノアルキド樹脂塗料(追補1)
K5674
鉛・クロムフリーさび止めペイント
K6744
ポリ塩化ビニル被覆金属板及び金属帯
Z8401
数値の丸め方