JISA5005 : 2020 コンクリート用砕石及び砕砂

JIS A 5005:2020の規格概要

この規格 A5005は、工場で岩石を破砕して製造するコンクリート用の砕石及び砕砂について規定。

JISA5005 規格全文情報

規格番号
JIS A5005 
規格名称
コンクリート用砕石及び砕砂
制定年月日
1961/03/01
最新改正日
2020/10/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

91.100.15
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1961-03-01制定日
  • 1964-03-01確認日
  • 1965-05-01改正日
  • 1968-06-01確認日
  • 1971-06-01確認日
  • 1974-04-01確認日
  • 1977-08-01改正日
  • 1982-10-15確認日
  • 1987-09-01改正日
  • 1993-03-01改正日
  • 2000-06-20確認日
  • 2009-03-20改正日
  • 2013-10-21確認日
  • 2018-10-22確認日
  • 2020-10-20改正日

A 5005:2020

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.1 ]

4 種類,区分及び呼び方 [ p.1 ]

4.1 種類及び粒の大きさによる区分 [ p.1 ]

4.2 アルカリシリカ反応性による区分 [ p.2 ]

4.3 呼び方 [ p.2 ]

5 品質 [ p.2 ]

5.1 不純物 [ p.2 ]

5.2 物理的性質 [ p.3 ]

5.3 粒度及び粗粒率 [ p.3 ]

5.4 粒形 [ p.3 ]

5.5 微粒分量 [ p.3 ]

5.6 アルカリシリカ反応性 [ p.3 ]

6 製造方法 [ p.5 ]

7 試験方法 [ p.5 ]

7.1 試料の採り方 [ p.5 ]

7.2 絶乾密度及び吸水率試験 [ p.5 ]

7.3 安定性試験 [ p.5 ]

7.4 すりへり試験 [ p.5 ]

7.5 粒度試験 [ p.5 ]

7.6 粒形判定実積率試験 [ p.5 ]

7.7 微粒分量試験 [ p.6 ]

7.8 アルカリシリカ反応性試験 [ p.6 ]

8 検査 [ p.6 ]

8.1 検査ロット [ p.6 ]

8.2 検査デ−タの保管 [ p.6 ]

9 表示 [ p.6 ]

10 報告 [ p.6 ]

附属書A(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表 [ p.9 ]

[ JIS A5005 : 2020.pdf Page : 1 / 11 ]ページ TOPへ

A 5005:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人

日本砕石協会(JCSA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格

を改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産業規格

である。これによって,JIS A 5005:2009は改正され,この規格に置き換えられた。

なお,令和3年10月19日までの間は,産業標準化法第30条第1項等の関係条項の規定に基づくJISマ

ーク表示認証において,JIS A 5005:2009を適用してもよい。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS A5005 : 2020.pdf Page : 2 / 11 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 5005:2020

コンクリート用砕石及び砕砂

Crushed stone and manufactured sand for concrete

1

適用範囲

この規格は,工場で岩石を破砕して製造するコンクリート用の砕石及び砕砂(以下,砕石及び砕砂とい

う。)について規定する。

注記 技術上重要な改正に関する旧規格との対照表を,附属書Aに示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 0203 コンクリート用語

JIS A 1102 骨材のふるい分け試験方法

JIS A 1103 骨材の微粒分量試験方法

JIS A 1104 骨材の単位容積質量及び実積率試験方法

JIS A 1109 細骨材の密度及び吸水率試験方法

JIS A 1110 粗骨材の密度及び吸水率試験方法

JIS A 1121 ロサンゼルス試験機による粗骨材のすりへり試験方法

JIS A 1122 硫酸ナトリウムによる骨材の安定性試験方法

JIS A 1145 骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(化学法)

JIS A 1146 骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(モルタルバー法)

JIS A 1158 試験に用いる骨材の縮分方法

JIS Z 8801-1 試験用ふるい−第1部:金属製網ふるい

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS A 0203による。

4

種類,区分及び呼び方

4.1

種類及び粒の大きさによる区分

砕石及び砕砂の,種類及び粒の大きさによる区分は,表1による。

[ JIS A5005 : 2020.pdf Page : 3 / 11 ]ページ TOPへ

2

A 5005:2020

表1−種類及び粒の大きさによる区分

種類

粒の大きさによる区分

粒の大きさの範囲

mm

砕石

4005

2505

2005

1505

1305

1005

8040

6040

4020

2515

2015

2513

2013

2510

2010

40〜 5

25〜 5

20〜 5

15〜 5

13〜 5

10〜 5

80〜40

60〜40

40〜20

25〜15

20〜15

25〜13

20〜13

25〜10

20〜10

砕砂

5以下

4.2

アルカリシリカ反応性による区分

砕石及び砕砂のアルカリシリカ反応性による区分は,表2による。

表2−アルカリシリカ反応性による区分

区分

摘要

A

アルカリシリカ反応性試験の結果が“無害”と判定され

たもの。

B

アルカリシリカ反応性試験の結果が“無害でない”と判

定されたもの,又はこの試験を行っていないもの。

4.3

呼び方

砕石及び砕砂の呼び方は,次の例による。

例1 コンクリート用砕石 2005 A

アルカリシリカ反応性による区分を表す。

粒の大きさによる区分を表す。

種類を表す。

例2 コンクリート用砕砂 A

アルカリシリカ反応性による区分を表す。

種類を表す。

5

品質

5.1

不純物

砕石及び砕砂は,ごみ,泥,有機不純物,その他コンクリートに有害なものを有害量含んでいてはなら

ない。

[ JIS A5005 : 2020.pdf Page : 4 / 11 ]ページ TOPへ

JIS A 5005:2020の国際規格分類一覧

  • 91.100.15

JIS A 5005:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
A0203
コンクリート用語
A1102
骨材のふるい分け試験方法
A1103
骨材の微粒分量試験方法
A1104
骨材の単位容積質量及び実積率試験方法
A1109
細骨材の密度及び吸水率試験方法
A1110
粗骨材の密度及び吸水率試験方法
A1121
ロサンゼルス試験機による粗骨材のすりへり試験方法
A1122
硫酸ナトリウムによる骨材の安定性試験方法
A1145
骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(化学法)
A1146
骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(モルタルバー法)
A1158
試験に用いる骨材の縮分方法
Z8801-1
試験用ふるい-第1部:金属製網ふるい