JISA8403-2 : 1998 土工機械-油圧ショベル-第2部:仕様書様式

JIS A 8403-2:1998の規格概要

この規格 A8403-2は、JIS A 8403-1に規定する油圧ショベルの仕様書の様式及びその記入要領について規定。非旋回型ミニショベルの仕様書生式は,準用。

JISA8403-2 規格全文情報

規格番号
JIS A8403-2 
規格名称
土工機械-油圧ショベル-第2部:仕様書様式
制定年月日
1998/06/20
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

53.100
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
土木II:2019
改訂:履歴
  • 1998-06-20制定日
  • 2004-02-20確認日
  • 2008-10-01確認日
  • 2013-10-21確認日
  • 2018-10-22確認日

A 8403-2 : 1998

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本産業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。これによってJIS A 8404-1994は廃止され,この規格に置き換えられる。

JIS A 8403-○は,一般名称を“土工機械−油圧ショベル”として,次の各部によって構成する。

第1部:用語及び仕様項目

第2部:仕様書様式

第3部:性能試験方法

第4部:バケットの定格容量

第5部:掘削力測定方法

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。主務大臣及び日本産業標準調査会は,

このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新案登

録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

[ JIS A8403 : 2 : 1998.pdf Page : 1 / 43 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 8403-2 : 1998

土工機械−油圧ショベル−第2部:仕様書様式

Earth-moving machinery−Hydraulic excavators−Part 2 : Standard form of specification sheets

1. 適用範囲 この規格は,JIS A 8403-1に規定する油圧ショベル(以下,油圧ショベルという。)の仕様

書の様式(以下,仕様書様式という。)及びその記入要領について規定する。

なお,非旋回型ミニショベルの仕様書様式は,この規格を準用することができる。また,この仕様書は,

ここに規定していない作業装置を装着する油圧ショベルに準用してもよい。

2. 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版を適用する。

JIS A 8403-1 土工機械−油圧ショベル−第1部:用語及び仕様項目

JIS A 8403-3 土工機械−油圧ショベル−第3部:性能試験方法

JIS A 8403-4 土工機械−油圧ショベル−第4部:バケットの定格容量

JIS A 8403-5 土工機械−油圧ショベル−第5部:掘削力測定方法

JIS A 8411-1 土工機械−寸法及び記号の定義−第1部:本体

JIS A 8421-3 土工機械−ローダ−第3部:バケット定格容量

JIS D 0006 建設機械用ディーゼルエンジンの仕様書様式及び性能試験方法

JIS D 4201 自動車用タイヤ・チューブ・リムバンド・フラップの呼び方

JIS K 2202 自動車ガソリン

JIS K 2204 軽油

3. 定義 この規格で用いる主な用語の定義は,JIS A 8403-1による。

なお,JIS A 8403-1の3.(4) (a)番号4126の標準荷重の,転倒荷重に対する割合は,表1の数値以下とす

る。

表1 標準荷重の転倒荷重に対する割合

単位 %

作業装置の種類

標準荷重の転倒荷重に対する割合

バックホウ

80

フェースショベル

80

ローディングショベル

80

クラムシェル

70

[ JIS A8403 : 2 : 1998.pdf Page : 2 / 43 ]ページ TOPへ

2

A 8403-2 : 1998

4. 仕様書の様式 仕様書の様式は,次による。

4.1

仕様書は,付表1の様式による。

4.2

仕様書は,油圧ショベルの性能及び諸元の概略を示すもので,特記しない限り,製造業者の規定に

よる標準仕様・標準装備で正規の調整を行った新車の状態とする。記入の際には,目的に応じ項目を適当

に選んでも差し支えないが,付表1に○印で示した主要仕様項目は,販売用カタログに記載することが望

ましく,型式,作業装置ごとによる違いを付表2に一覧表で示す。

なお,各部の構造,材料,試験方法なども必要に応じて付記する。

4.3

仕様書は,必要に応じて,全体図,作業範囲図などの図面を添付する。

5. 仕様書記入要領 仕様書の記入順序及び記入要領は,次による。

5.1

一般的記入要領 仕様書の一般的記入要領は,次による。

5.1.1

仕様書に記入する数値は,特記しないものは整数値とする。小数値を記入する場合の有効数字のけ

た数は,各項の規定による。

5.1.2

数値の丸め方は,特に指定のない限り,次による。

a) 質量は,有効数値を上位3けた(桁)とし,4けた目を四捨五入する。ただし,1 000kg未満のものは,

四捨五入して10kg単位とする。

b) 力は,有効数値を上位3けたとし,4けた目を四捨五入する。ただし,10 000N未満のものは,四捨五

入して100N単位とする。

c) 完成機寸法,本体寸法及び作業寸法は,10mm未満を四捨五入して10mm単位とする。ただし,1 000mm

未満の寸法は,5mm単位に丸める。

d) その他の場合は,有効数値の次のけたの数値を四捨五入する。

5.2

形式名称 製造業者名又は略称,型式名,下部走行体の型式,作業装置の名称の順序に記入する。

5.3

運転質量 JIS A 8403-1の3.(4)(a)番号4110に規定する運転質量を記入する。

5.4

エンジン出力 JIS D 0006に規定する定格出力及び定格回転速度を記入する。

5.5

バケット容量 バケット容量は,作業装置の種類別に,定格(山積)容量 (m3) をもって表示し,平

積容量 (m3) も併記する。ただしクラムシェルは,平積容量を,有効数字2けたで表示し,表示容量と計

算値との許容差は,表示容量の±4%とする。

5.5.1

バックホウ及びフェースショベル バックホウ及びフェースショベルの定格(山積)容量及び平積

容量は,JIS A 8403-4の規定によって算出した値を記入する。

5.5.2

ローデイングショベル ローディングショベルの定格(山積)容量及び平積容量は,JIS A 8421-3

の規定によって算出した値を記入する。

5.5.3

クラムシェル クラムシェルの容量は,平積容量で表示する。

バケットの上縁が水平面となす角を焰栰地弰栰最㌀ のときは水平面と30°の角度をなす線,燿

30°のときは上縁に平らに掘削した土砂を入れたときの容量をいい,次の式によって算出する(図1参照)。

V=A×L

ここに, V: 平積容量 (m3)

A: バケット内側側面積 (m2)

L: バケット平均内幅 (m)

[ JIS A8403 : 2 : 1998.pdf Page : 3 / 43 ]ページ TOPへ

3

A 8403-2 : 1998

図1 クラムシェルの平積容量

5.6

性能

5.6.1

標準積載質量 標準バケットの平積容量 (m3) ×1 800に相当する質量を,キログラム (kg) 単位で

記入する。

5.6.2

旋回速度 上部旋回体が旋回する最高速度を,回毎分 (min−1) 単位で記入する。

5.6.3

走行速度 各速度段における最高速度を,キロメートル毎時 (km/h) 単位で記入する。走行速度の

記入値は,クローラ式及びホイール式では小数点以下第1位まで,トラック式では整数値とする。

5.6.4

最大けん引力 水平堅土上で走行中に出し得る最大けん引力をキロニュートン (kN) 単位で記入

する。ただし,油圧ショベルと路面との滑りによる影響は考えないものとする。

5.6.5

登坂能力 平らな堅土の坂路で,無負荷状態の油圧ショベルを登坂,降坂及び停止するため,走行

制御装置の能力,エンジンの傾斜運転角度,燃料,作動油などの漏れを生じない傾斜角度,機体安定性な

どの制限から,登坂し得る最大の能力を% (tanは坂路の角度(度)で記入する。ただし,油圧ショベ

ルと路面との滑りによる影響はないものとし,連続登坂できる最大の能力とする。

5.6.6

接地圧(クローラ式) 接地圧は,次の式によって算出し,キロパスカル (kPa) 単位の整数値で

記入する。

L

W

M

g

P

n

2

10

ここに,

P: 接地圧 (kPa)

M: 運転質量 (kg)

gn: 自由落下の標準加速度 (9.81m/s2)

W: クローラシュー幅 (cm) (図2参照)

L: 接地長さ (cm) で,次の式による。

L=l+0.35・ (L0−l)

l: タンブラ中心距離 (cm) (図2参照)

L0: クローラ全長 (cm) (図2参照)

[ JIS A8403 : 2 : 1998.pdf Page : 4 / 43 ]ページ TOPへ

JIS A 8403-2:1998の国際規格分類一覧

  • 53.100

JIS A 8403-2:1998の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
A8403-1
土工機械-油圧ショベル-第1部:用語及び仕様項目
A8403-3
土工機械-油圧ショベル-第3部:性能試験方法
A8403-4
土工機械-油圧ショベル-第4部:バケットの定格容量
A8403-5
土工機械-油圧ショベル-第5部:掘削力測定方法
A8411-1
土工機械-寸法及びコードの定義-第1部:本体
A8421-3
土工機械-ローダ-第3部:バケット定格容量
D0006
-
D4201
-
K2202
自動車ガソリン
K2204
軽油