JISA8422-1 : 2010 土工機械-ダンパ(重ダンプトラック及び不整地運搬車)-第1部:用語及び仕様項目

JIS A 8422-1:2010の規格概要

この規格 A8422-1は、JIS A 8308に規定された自走式のダンパ[重ダンプトラック及び不整地運搬車で,コンパクトダンパ(ミニ不整地運搬車)も含む。]で,土工用に用いるものの用語及び仕様項目について規定。

JISA8422-1 規格全文情報

規格番号
JIS A8422-1 
規格名称
土工機械-ダンパ(重ダンプトラック及び不整地運搬車)-第1部:用語及び仕様項目
制定年月日
1996/03/01
最新改正日
2010/04/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 7132:2003(MOD)
国際規格分類

ICS

01.040.53,53.100
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
土木II:2019
改訂:履歴
  • 1996-03-01制定日
  • 2001-08-20確認日
  • 2006-11-20確認日
  • 2010-04-20改正日
  • 2015-10-20確認日

A 8422-1:2010

目 次

ページ

序文 P.1

1 適用範囲 P.1

2 引用規格 P.1

3 用語及び定義 P.2

3.1 一般 P.2

3.2 性能 P.3

4 本体 P.3

4.1 ダンパの形式 P.3

4.2 寸法(JIS A 8411-1参照) P.11

4.3 質量 P.18

4.4 各部の名称 P.18

5 性能特性用語 P.26

6 商用仕様項目(SI単位系) P.26

6.1 原動機 P.26

6.2 変速機 P.26

6.3 駆動軸 P.27

6.4 かじ取り装置 P.27

6.5 制動装置 P.27

6.6 タイヤ P.28

6.7 油圧系統 P.28

6.8 懸架装置 P.28

6.9 荷台 P.28

6.10 運転席 P.29

6.11 質量 P.29

6.12 水・油類の容量 P.29

6.13 主要寸法 P.29

附属書A(規定)ダンパの寸法 P.31

附属書B(規定)コンパクトダンパ(ミニ不整地運搬車)の寸法 P.32

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表 P.33

[ JIS A8422 : 1 : 2010.pdf Page : 1 / 36 ]ページ TOPへ

A 8422-1:2010

まえがき

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,社団法人日本建設

機械化協会(JCMA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本産業規格を改正

すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。

これによって,JIS A 8422-1:1996は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。

JIS A 8422[土工機械−ダンパ(重ダンプトラック及び不整地運搬車)]の規格群には,次に示す部編成

がある。

JIS A 8422-1 第1部:用語及び仕様項目

JIS A 8422-2 第2部:重ダンプトラックの仕様書様式

JIS A 8422-3 第3部:性能試験方法

JIS A 8422-4 第4部:荷台の定格容量

[ JIS A8422 : 1 : 2010.pdf Page : 2 / 36 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 8422-1:2010

土工機械−ダンパ(重ダンプトラック及び不整地運搬車)−第1部:用語及び仕様項目

Earth-moving machinery-Dumpers-Part 1: Terminology and commercial specifications

序文

この規格は,2003年に第3版として発行されたISO 7132を基とし,技術的内容を変更して作成した日

本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。

1

適用範囲

この規格は,JIS A 8308に規定された自走式のダンパ[重ダンプトラック及び不整地運搬車で,コンパ

クトダンパ(ミニ不整地運搬車)も含む。]で,土工用に用いるものの用語及び仕様項目について規定する。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 7132:2003,Earth-moving machinery−Dumpers−Terminology and commercial specifications

(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。)

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 8303:1998 土工機械−ホイール式機械の回転半径測定方法

注記 対応国際規格:ISO 7457:1997,Earth-moving machinery−Determination of turning dimensions of

wheeled machines(IDT)

JIS A 8308 土工機械−基本機種−用語

注記 対応国際規格:ISO 6165,Earth-moving machinery−Basic types−Identification and terms and

definitions(MOD)

JIS A 8314 土工機械−ホイール式機械−かじ取り装置要求事項

注記 対応国際規格:ISO 5010,Earth-moving machinery−Rubber-tyred machines−Steering

[ JIS A8422 : 1 : 2010.pdf Page : 3 / 36 ]ページ TOPへ

2

A 8422-1:2010

requirements(MOD)

JIS A 8319 土工機械−走行速度の測定方法

注記 対応国際規格:ISO 6014:1986,Earth-moving machinery−Determination of ground speed(IDT)

JIS A 8320:2001 土工機械−機械全体,作業装置及び構成部品の質量測定方法

注記 対応国際規格:ISO 6016:1998,Earth-moving machinery−Methods of measuring the masses of

whole machines, their equipment and components(IDT)

JIS A 8411-1 土工機械−寸法及びコードの定義−第1部:本体

注記 対応国際規格:ISO 6746-1,Earth-moving machinery−Definitions of dimensions and codes−Part

1: Base machine(IDT)

JIS A 8422-4 土工機械−ダンプトラック−第4部:荷台の定格容量

注記 対応国際規格:ISO 6483,Earth-moving machinery−Dumper bodies−Volumetric rating(IDT)

JIS D 0006-1 土工機械−エンジン−第1部:ネット軸出力試験方法

注記 対応国際規格:ISO 9249:1997,Earth-moving machinery−Engine test code−Net power(IDT)

ISO 3450,Earth-moving machinery−Braking systems of rubber-tyred machines−Systems and performance

requirements and test procedures

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS A 8308によるほか,次による。

3.1

一般

3.1.1

ダンパ(重ダンプトラック及び不整地運搬車)(dumper)

自走する履帯(クローラ)式又は車輪(ホイール)式の機械で,開放形の荷台(open body)をもち,他

の機械によって,又は自己積込み装置によって積み込まれた土砂などを運搬し,放荷又はまきだしする機

械。

3.1.2

本体(base machine)

必要な場合はキャブ又はキャノピ及び運転者保護構造を装備し,エクイップメント又はアタッチメント

は除くが,エクイップメント又はアタッチメントの装着に必要な取付具を含む機械。

3.1.3

エクイップメント(equipment)

アタッチメントがその本来の設計動作ができるように,本体に取り付けられた構成部品のセット。

3.1.4

自己積込み装置(self-loading equipment)

開放形の荷台に土砂などを自ら積み込むため,機械の一部として常時装着されるバケット支持構造及び

リンク機構。

注記 4.1.5参照。

3.1.5

アタッチメント(attachment)

規定された用途のために,本体又はエクイップメントに取り付けられる構成部品の組立品。

[ JIS A8422 : 1 : 2010.pdf Page : 4 / 36 ]ページ TOPへ

JIS A 8422-1:2010の対応国際規格一覧

  • ISO 7132:2003(MOD)

JIS A 8422-1:2010の引用国際規格一覧

  • ISO 3450

JIS A 8422-1:2010の国際規格分類一覧

  • 01.040.53
  • 53.100

JIS A 8422-1:2010の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
A8303:1998
土工機械-ホイール式機械の回転半径測定方法
A8308
土工機械-基本機種-用語
A8314
土工機械-ゴムタイヤ式機械-かじ取り装置要求事項
A8319
土工機械-走行速度の測定方法
A8320:2001
土工機械-機械全体,作業装置及び構成部品の質量測定方法
A8411-1
土工機械-寸法及びコードの定義-第1部:本体
A8422-4
土工機械-ダンプトラック-第4部:荷台の定格容量
D0006-1
土工機械-機関-第1部:ネット出力試験方法