JISA8507 : 2002 建設用回転圧縮機の仕様書様式及び性能試験方法

JIS A 8507:2002の規格概要

この規格 A8507は、建設用回転圧縮機の仕様書の様式及び仕様書記入要領並びにその性能試験方法について規定。

JISA8507 規格全文情報

規格番号
JIS A8507 
規格名称
建設用回転圧縮機の仕様書様式及び性能試験方法
制定年月日
1988/10/01
最新改正日
2002/07/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

23.140,53.100
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
土木II:2019
改訂:履歴
  • 1988-10-01制定日
  • 1994-03-01改正日
  • 2002-07-20改正日
  • 2006-11-20確認日
  • 2011-10-20確認日
  • 2016-10-20確認日

A 8507 : 2002

まえがき

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,社団法人日本建設

機械化協会 (JCMA) /財団法人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本産業規格を改正す

べきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。

これによって,JIS A 8507 : 1994は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS A 8507には,次に示す附属書がある。

附属書1(規定) 回転圧縮機の性能試験方法

附属書2(規定) 回転圧縮機の発生する周囲騒音の測定

[ JIS A8507 : 2002.pdf Page : 1 / 19 ]ページ TOPへ

A 8507 : 2002

目次

ページ

1. 適用範囲 P.1

2. 引用規格 P.1

3. 定義 P.1

4. 仕様書の様式 P.2

5. 仕様書記入要領 P.2

5.1 形式名称 P.2

5.2 製造業者名 P.2

5.3 性能 P.2

5.4 寸法 P.2

5.5 質量 P.2

5.6 空気取出し口 P.3

5.7 圧縮機 P.3

5.8 空気タンク P.3

5.9 駆動方式 P.3

5.10 エンジン P.3

5.11 電動機 P.4

5.12 冷却ファン P.4

5.13 計器類 P.4

5.14 保護装置 P.4

5.15 容量諸元 P.4

5.16 車輪 P.4

附属書1(規定) 回転圧縮機の性能試験方法 P.8

附属書2(規定) 回転圧縮機の発生する周囲騒音の測定 P.12

[ JIS A8507 : 2002.pdf Page : 2 / 19 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 8507 : 2002

建設用回転圧縮機の仕様書様式及び性能試験方法

Standard form of specifications and tests methods ofrotary compressors for construction

1. 適用範囲 この規格は,建設用回転圧縮機(以下,回転圧縮機という。)の仕様書の様式及び仕様書記

入要領並びにその性能試験方法について規定する。

2. 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 7505 ブルドン管圧力計

JIS B 8341 容積形圧縮機−試験及び検査方法

JIS C 1505 精密騒音計

JIS C 4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機

JIS D 0006-1 土工機械−エンジン−第1部:ネット軸出力試験方法

備考 ISO 9249 : 1997, Earth-moving machinery−Engine test code−Net powerが,この規格と一致して

いる。

JIS D 0006-2 土工機械−エンジン−第2部:ディーゼルエンジンの仕様書様式及び性能試験方法

JIS D 5301 始動用鉛蓄電池

JIS Z 8401 数値の丸め方

JIS Z 8704 温度測定方法−電気的方法

JIS Z 8705 ガラス製温度計による温度測定方法

JIS Z 8733 音響−音圧法による騒音源の音響パワーレベルの測定方法−反射面上の準自由音場にお

ける実用測定方法

JIS Z 8806 湿度−測定方法

3. 定義 この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

a) 定格吐出し圧力 タンク内の圧力が上昇したとき,圧縮機が吐出しをやめ,又は吐出し量を減じるよ

うにアンローダが作動する直前の圧力。アンローダ作動圧力と考えてよい。

b) 定格空気量 JIS B 8341に規定する方法によって測定した定格回転速度・定格吐出し圧力における吐

出し空気量。ただし,吸込み状態(大気圧,吸込み空気温度)に換算して表す。

[ JIS A8507 : 2002.pdf Page : 3 / 19 ]ページ TOPへ

2

A 8507 : 2002

4. 仕様書の様式

4.1

仕様書は,付表1の様式による。

4.2

仕様書は,回転圧縮機の性能及び諸元の概略を示すもので,記入の際は,目的に応じて項目を選ん

でよい。

4.3

仕様書には,必要に応じて全体図などの図面を添付する。

5. 仕様書記入要領

5.1

形式名称 回転圧縮機の呼び方に用い,製造業者名略称,呼び名及び種類の順序に記入する。

5.2

製造業者名 製造業者名を記入する。

5.3

性能 性能は,次による。性能試験方法は,附属書1による。

a) 定格吐出し圧力

b) 定格空気量

c) エンジン出力又は電動機出力

d) 燃料消費量 エンジン駆動の場合は,附属書1の6.によって測定した定格負荷時の燃料消費量を記入

する。

e) 騒音レベル 騒音レベルは,附属書2によって測定した値を記入する。

5.4

寸法 機体寸法は,次の項目について図1によって示す。

a) 全長(1) L, L'

注(1) 折り畳み式けん引棒をもつ場合は,折り畳んだ状態で全長Lとする。

L' は,けん引棒を折り畳まない状態の全長を示す。

b) 騒音測定用基準寸法(2) Ls

注(2) けん引棒をもつ場合は,けん引棒を除いた状態で騒音測定用基準寸法Lsとする。

図1 四輪けん引式

c) 全幅 W

d) 全高 H

e) 輪距 A(けん引式の場合)

f)

軸距 B(けん引式の場合)

5.5

質量

[ JIS A8507 : 2002.pdf Page : 4 / 19 ]ページ TOPへ

JIS A 8507:2002の国際規格分類一覧

  • 23.140
  • 53.100

JIS A 8507:2002の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B7505
-
B8341
容積形圧縮機-試験及び検査方法
C1505
-
C4210
一般用低圧三相かご形誘導電動機(追補1)
D0006-1
土工機械-機関-第1部:ネット出力試験方法
D0006-2
土工機械-エンジン-第2部:ディーゼルエンジンの仕様書様式及び性能試験方法
D5301
始動用鉛蓄電池
Z8401
数値の丸め方
Z8704
温度測定方法-電気的方法
Z8705
ガラス製温度計による温度測定方法(追補1)
Z8733
音響-音圧法による騒音源の音響パワーレベルの測定方法-反射面上の準自由音場における実用測定方法
Z8806
湿度-測定方法