JISA8603-1 : 2010 コンクリートミキサ-第1部:用語及び仕様項目

JIS A 8603-1:2010の規格概要

この規格 A8603-1は、ISO 11375に規定した種々のコンクリートミキサにかかわる機能,及び標準又はオプションの構成品を表すための用語及び仕様項目について規定。

JISA8603-1 規格全文情報

規格番号
JIS A8603-1 
規格名称
コンクリートミキサ-第1部:用語及び仕様項目
制定年月日
2010/07/20
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 18650-1:2004(MOD)
国際規格分類

ICS

01.040.91,53.100,91.220
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
生コンクリート:2019,土木I:2019
改訂:履歴
  • 2010-07-20制定日
  • 2015-10-20確認日

A 8603-1:2010

目 次

ページ

序文 P.1

1 適用範囲 P.1

2 引用規格 P.1

3 用語及び定義 P.1

4 コンクリートミキサの主要構造 P.5

4.1 重力式ミキサの主要構造 P.5

4.2 強制練りミキサの主要構造 P.5

5 コンクリートミキサの仕様項目 P.5

5.1 一般仕様 P.5

5.2 寸法 P.6

5.3 その他の仕様 P.7

附属書A(参考)コンクリートミキサの構造及び寸法の例 P.10

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表 P.27

[ JIS A8603 : 1 : 2010.pdf Page : 1 / 31 ]ページ TOPへ

A 8603-1:2010

まえがき

この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,社団法人日本建設機械化協会(JCMA)及び財

団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本産業規格を制定すべきとの申出があり,日本工

業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本産業規格である。

これによって,JIS A 8603:1994は廃止され,その一部を分割して制定したこの規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。

JIS A 8603(コンクリートミキサ)の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS A 8603-1 第1部:用語及び仕様項目

JIS A 8603-2 第2部:練混ぜ性能試験方法

[ JIS A8603 : 1 : 2010.pdf Page : 2 / 31 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 8603-1:2010

コンクリートミキサ−第1部:用語及び仕様項目

Concrete mixers-Part 1: Terms and commercial specifications

序文

この規格は,2004年に第1版として発行されたISO 18650-1を基に,対応する部分については対応国際

規格を翻訳し,単位の一部を除き技術的内容を変更することなく作成した日本産業規格であるが,対応国

際規格には規定されていない項目(用語の定義及び注記)を日本産業規格として追加している。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない又は変更している事

項である。変更の一覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。

1

適用範囲

この規格は,ISO 11375に規定した種々のコンクリートミキサにかかわる機能,及び標準又はオプショ

ンの構成品を表すための用語及び仕様項目について規定する。

この規格は,トラックミキサには適用しない。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 18650-1:2004,Building construction machinery and equipment−Concrete mixers−Part 1:

Vocabulary and general specifications (MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 0203 コンクリート用語

JIS A 8613 コンクリートミキサ及びコンクリートプラントの安全要求事項

ISO 11375,Building construction machinery and equipment−Terms and definitions

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS A 0203,JIS A 8613及びISO 11375によるほか,次による。

3.1

コンクリートミキサ

コンクリート及びモルタルを製造する練混ぜ機械(JIS A 8613参照)。

注記 コンクリートミキサは,断続的に又は連続的に運転する。

[ JIS A8603 : 1 : 2010.pdf Page : 3 / 31 ]ページ TOPへ

2

A 8603-1:2010

3.2

バッチミキサ

一練り分ずつのコンクリート材料を練り混ぜるミキサ(JIS A 0203参照)。

3.3

重力式ミキサ

内側に練混ぜ用羽根の付いた練混ぜドラムの回転によってコンクリート材料をすくいあげ,自重で落下

させて練り混ぜる方式のミキサ(JIS A 0203参照)。

3.4

傾胴形ドラムミキサ

コンクリート又はモルタルを排出するために,練混ぜドラムを傾けることができる重力式ミキサの一種

(図A.1〜図A.3参照)。

注記 定格出力2.2 kW以下で,機械の補助なしに手で運べる傾胴形ドラムミキサを小形傾胴形ドラム

ミキサ(図A.1参照)という(JIS A 8613参照)。

3.5

逆転排出形ドラムミキサ

内側に練混ぜ用羽根が付いた練混ぜドラムを逆回転することによって,コンクリート又はモルタルを排

出する重力式ミキサの一種(図A.4及び図A.5参照)(JIS A 8613参照)。

3.6

シュート排出形ドラムミキサ

ドラム(胴)を傾けることなくシュートを使ってコンクリート又はモルタルを排出することができる重

力式ミキサの一種(図A.5A参照)(JIS A 8613参照)。

3.7

強制練りミキサ

動力で回転させる羽根によってコンクリート材料を強制的に練り混ぜ,コンクリートを製造する方式の

ミキサ。

注記 強制練りミキサには,水平1軸形,水平2軸形,パン形などの種類がある(JIS A 0203参照)。

3.8

パン形ミキサ

縦向きに配置された固定式パン又は回転式パンと,回転式羽根又は固定式羽根とによって練り混ぜる強

制練り式ミキサの一種。材料は上から供給する(JIS A 8613参照)。

3.9

ターボミキサ

固定式パン内で垂直軸に取り付けられた羽根を回転させて練り混ぜる方式のパン形強制練りミキサ(図

A.6〜図A.8参照)(ISO 11375参照)。

3.10

プラネタリミキサ

固定式パン内で垂直に取り付けられた羽根を遊星運動させて練り混ぜる方式のパン形強制練りミキサ

(図A.9及び図A.10参照)(ISO 11375参照)。

3.11

ターボプラネタリミキサ

[ JIS A8603 : 1 : 2010.pdf Page : 4 / 31 ]ページ TOPへ

JIS A 8603-1:2010の対応国際規格一覧

  • ISO 18650-1:2004(MOD)

JIS A 8603-1:2010の引用国際規格一覧

  • ISO 11375

JIS A 8603-1:2010の国際規格分類一覧

  • 01.040.91
  • 53.100
  • 91.220

JIS A 8603-1:2010の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
A0203
コンクリート用語
A8613
コンクリートミキサ及びコンクリートプラントの安全要求事項