JISA8651 : 1995 パイプサポート

JIS A 8651:1995の規格概要

この規格 A8651は、コンクリート工事の支保工(型枠支保工)に使用するパイプサポートについて規定。

JISA8651 規格全文情報

規格番号
JIS A8651 
規格名称
パイプサポート
制定年月日
1959/07/01
最新改正日
1995/07/01
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

91.220
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
建築I-2:2020,土木II:2019
改訂:履歴
  • 1959-07-01制定日
  • 1962-07-01確認日
  • 1963-03-01改正日
  • 1966-05-01改正日
  • 1969-05-01確認日
  • 1974-04-01確認日
  • 1977-08-01改正日
  • 1985-04-01改正日
  • 1990-07-01確認日
  • 1995-07-01改正日
  • 2000-03-20確認日
  • 2006-11-20確認日
  • 2011-10-20確認日
  • 2016-10-20確認日

日本産業規格 JIS

A 8651-1995

パイプサポート

Tubular steel adjustable shores

1. 適用範囲 この規格は,コンクリート工事の支保工(型枠支保工)に使用するパイプサポートについ

て規定する。

備考1. この規格の引用規格を,付表1に示す。

2. この規格の中で { } を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考として併記したものである。

2. 種類 パイプサポートの種類は,表2に規定する最大使用長によって1種,2種,3種,4種及び5種

とする。

3. 各部の名称 パイプサポートは,図1に示す腰管,差込み管,調節ねじ,支持ピンなどからなり,上

端に受け板,下端に台板をもつものとする。

[ JIS A8651 : 1995.pdf Page : 1 / 7 ]ページ TOPへ

2

A 8651-1995

図1 各部の名称

4. 強度及び構造等

4.1

強度 強度は,表1のとおりとする。

[ JIS A8651 : 1995.pdf Page : 2 / 7 ]ページ TOPへ

3

A 8651-1995

表1 強度

項目

強度

試験方法

両端ナイフエッジ

押しによる圧縮強

度試験

全個数の最小値 [N {kgf}] の数値が次の式によっ

て計算を行って得た数値[その数値が39 227 {4

000} を超えるときは,39 227 {4 000}]以上である

こと。

65

806

.9

)

15

.0

146

(

10

82

.1

2

6

l

l

P

2

6

)

15

.0

146

(

10

82

.1

l

l

P

全個数の平均値 [N {kgf}] の数値が次の式によっ

て計算を行って得た数値[その数値が44 130 {4

500} を超えるときは,44 130 {4 500}]以上である

こと。

65

806

.9

)

15

.0

146

(

10

82

.1

1.1

2

6

l

l

P

2

6

)

15

.0

146

(

10

82

.1

1.1

l

l

P

ここに,P及びP´:強度N {kgf}

l:最大使用長 (cm) の数値に14を

加えた数値

6.2

両端平押しによる

圧縮強度試験

平均値 44 130N {4 500kgf} 以上

最小値 39 227N {4 000kgf} 以上

6.3

4.2

構造及び寸法 構造及び寸法は,次によるものとする。

(1) パイプサポートの最大使用長は,表2による。

表2 最大使用長

単位mm

種類

最大使用長

1種

3 850以上 4 000未満

2種

3 350以上 3 500以下

3種

2 950以上 3 100以下

4種

2 550以上 2 700以下

5種

2 200以下

(2) パイプサポートに使用する腰管又は差込み管の寸法及び寸法許容差は,表3による。

表3 腰管又は差込み管の寸法及び寸法許容差

単位mm

区分

寸法

寸法許容差

外径

厚さ

外径

厚さ

腰管

60.5

2.3

±0.3

±0.3

63.5(1)

2.0

±0.3

+0.3

0

差込み管

48.6

2.5

±0.25

±0.3

注(1) 腰管の外径63.5のものは,当分の間認める。

(3) パイプサポートの腰管部の長さは,パイプサポートの最大使用長の50%(その値が1 600mmを超える

場合にあっては1 600mm)以上であること。

(4) パイプサポートを最大使用長に伸ばしたときの差込み管と腰管部(腰管,台板及び調節ねじから成る

部分をいう。以下同じ。)とが重なる部分の長さが,280mm(最大使用長が2 500mm未満のものにあ

っては,150mm)以上であること。

[ JIS A8651 : 1995.pdf Page : 3 / 7 ]ページ TOPへ

4

A 8651-1995

(5) パイプサポートの調節ねじは,次による。

(a) めねじ部の長さは,30mm以上とする。

(b) おねじを切ってある部分の長さは,150mm以上とする。

(6) 差込み管は,支持ピンを挿入するための穴をもつこと。

(7) 支持ピンの直径は,11.0mm以上とする。

(8) 受け板及び台板は,次による。

(a) 厚さは,5.4mm以上とする。

(b) 大きさは,図2に示す寸法であって,かつ,図に示す位置に直径12mm以上のボルトあなを4個及

び直径4mm以上のくぎあなを2個以上もつこと。

図2 受け板及び台板

(c) 受け板には,中央部に直径42mm以上45mm未満の補助サポートのほぞあなをもつこと。

(d) 台板には,中央部に水抜きあなをもつこと。

(9) パイプサポートは,腰管部を固定して最大使用長に伸ばした場合,受け板の上端部の中心の全振幅の

最大値が,最大使用長の551以下であること。

また,ここでいう“全振幅”とは,腰管部と差込み管との間の振れの程度を表す指標で,図3に示

す幅をいう。

図3 最大使用長及び全振幅

4.3

材料 パイプサポートの各部に使用する材料は,表4の規定に適合するもの又はこれと同等以上の

機械的性質をもつものとする。

表4 材料

構成部分

材質

腰管

JIS G 3444に規定するSTK400

差込み管

JIS G 3444に規定するSTK500

調節ねじ おねじ JIS G 3452に規定するSGP

めねじ JIS G 5501に規定するFC200

支持ピン

JIS G 4051に規定するS35C

受け板及び合板

JIS G 3101に規定するSS330

[ JIS A8651 : 1995.pdf Page : 4 / 7 ]ページ TOPへ

JIS A 8651:1995の国際規格分類一覧

  • 91.220

JIS A 8651:1995の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B0031
製品の幾何特性仕様(GPS)-表面性状の図示方法
G3101
一般構造用圧延鋼材(追補1)
G3444
一般構造用炭素鋼鋼管(追補1)
G3452
配管用炭素鋼鋼管
G4051
機械構造用炭素鋼鋼材(追補1)
G5501
ねずみ鋳鉄品