JISA8704-2 : 2009 道路工事機械-アスファルトプラント-第2部:仕様書様式及び性能試験方法

JIS A 8704-2:2009の規格概要

この規格 A8704-2は、加熱混合物の生産能力が毎時30t以上のバッチ式アスファルトプラントの仕様書の様式及び記入要領並びにその性能試験方法について規定。

JISA8704-2 規格全文情報

規格番号
JIS A8704-2 
規格名称
道路工事機械-アスファルトプラント-第2部:仕様書様式及び性能試験方法
制定年月日
2009/03/20
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

01.040.93,91.220,93.080.10,93.080.20
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
土木II:2019
改訂:履歴
  • 2009-03-20制定日
  • 2013-10-21確認日
  • 2018-10-22確認日

A 8704-2:2009

目 次

ページ

1 適用範囲 P.1

2 引用規格 P.1

3 用語及び定義 P.1

4 仕様書の様式 P.2

5 仕様書の記入要領 P.2

5.1 プラント形式名称 P.2

5.2 製造業者名 P.2

5.3 能力 P.2

5.4 操作方式 P.2

5.5 総動力 P.2

5.6 骨材供給設備 P.2

5.7 石粉供給設備 P.2

5.8 アスファルト供給設備 P.3

5.9 骨材乾燥設備 P.3

5.10 計量装置 P.5

5.11 混合設備 P.6

5.12 運転管理設備 P.6

附属書A(規定)性能試験方法 P.13

[ JIS A8704 : 2 : 2009.pdf Page : 1 / 25 ]ページ TOPへ

A 8704-2:2009

まえがき

この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,社団法人日本建設機械化協会(JCMA)及び財

団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本産業規格を制定すべきとの申出があり,日本工

業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本産業規格である。これによって,JIS A 8704:1994

は廃止され,その一部を分割して制定したこの規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS A 8704の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS A 8704-1 第1部:用語及び仕様項目

JIS A 8704-2 第2部:仕様書様式及び性能試験方法

[ JIS A8704 : 2 : 2009.pdf Page : 2 / 25 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 8704-2:2009

道路工事機械−アスファルトプラント−第2部:仕様書様式及び性能試験方法

Road construction and maintenance equipment−Asphalt mixing plants−Part 2: Standard form of specifications and testing methods

1

適用範囲

この規格は,加熱混合物の生産能力が毎時30 t以上のバッチ式アスファルトプラント(以下,プラント

という。)の仕様書の様式及び記入要領並びにその性能試験方法について規定する。

なお,性能試験方法は,附属書Aに規定する。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 1102 骨材のふるい分け試験方法

JIS A 8704-1 道路工事機械−アスファルトプラント−第1部:用語及び仕様項目

JIS B 7411 一般用ガラス製棒状温度計

JIS Z 8731 環境騒音の表示・測定方法

JIS Z 8801-1 試験用ふるい−第1部:金属製網ふるい

JIS Z 8801-2 試験用ふるい−第2部:金属製板ふるい

JIS Z 8801-3 試験用ふるい−第3部:電成ふるい

JIS Z 8808 排ガス中のダスト濃度の測定方法

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS A 8704-1によるほか,次による。

3.1

標準運転状態

プラント運転時の気温が15 ℃で,試験に使用する骨材の平均の含水比が5 %,加熱骨材の温度が160 ℃

の状態。

3.2

含水比

骨材の含水量と,骨材の乾燥質量との比の百分率。

3.3

有効容量

各装置の標準運転状態で貯蔵できる各材料の最大量。

[ JIS A8704 : 2 : 2009.pdf Page : 3 / 25 ]ページ TOPへ

2

A 8704-2:2009

4

仕様書の様式

仕様書の様式は,次による。

a) 仕様書は,表1の様式による。

b) 仕様書は,プラントの性能及び諸元の概略を示すもので,記入のときには,目的に応じ項目を適切に

選ぶことができる。

また,各設備に,各部の構造,材料,試験方法などの項目を必要に応じて付記する。

c) 添付図書は,プラントを構成する主な設備を記入した表,平面図,側面図,必要に応じて斜視図など

とする。

5

仕様書の記入要領

5.1

プラント形式名称

プラントの呼び方に用い,製造業者名の略号,形式及びミキサ1バッチの容量 (kg) の順序に記入する。

5.2

製造業者名

プラントの製造業者名を記入する。

5.3

能力

プラントの標準運転状態で,附属書Aに規定する標準配合の加熱混合物を時間当たりの製造できる量を

記入する。

5.4

操作方式

手動式,半自動式,全自動式などのプラント制御の操作方式を記入する。

5.5

総動力

プラントの電動機の総動力及び総電熱量を記入する。

5.6

骨材供給設備

骨材供給設備は,コールドホッパ及びコールドフィーダとし,それぞれ次の要領で記入する。

a) コールドホッパ コールドホッパの記入項目は,容量及び基数とし,有効容量別にホッパの基数を記

入する。

b) コールドフィーダ コールドフィーダの記入項目は,形式,能力及び基数並びに動力とし,それぞれ

次の事項を記入する。

1) 形式 冷骨材を供給するフィーダ方式(レシプロ式,エプロン式,ベルトコンベヤ式,振動式など)。

2) 能力及び基数 フィーダで1時間当たりの供給できる冷骨材の量とフィーダの基数。ただし,供給

方式が可変式の場合は,多段式,無段式の別及びそれらの供給量の範囲。

3) 動力 電動機などの総動力。

5.7

石粉供給設備

石粉供給設備は,貯蔵装置,搬送装置及び計量フィーダとし,それぞれ次の要領で記入する。

a) 貯蔵装置 貯蔵装置の記入項目は,形式,貯蔵容量及び基数,フィーダの形式,フィーダの能力並び

に動力とし,それぞれ次の事項を記入する。

1) 形式 石粉を貯蔵する槽の方式(サイロ式,ホッパ式など)。

2) 貯蔵容量及び基数 有効容量別に貯蔵槽の基数。

3) フィーダの形式 貯蔵槽から石粉を供給するフィーダの方式(スクリュ式,ベーン式など)。

4) フィーダの能力 1時間当たりの供給できる石粉の量。ただし,供給方式が可変式の場合は,多段

式,無段式の別及び供給量の範囲。

[ JIS A8704 : 2 : 2009.pdf Page : 4 / 25 ]ページ TOPへ

JIS A 8704-2:2009の国際規格分類一覧

  • 01.040.93
  • 91.220
  • 93.080.10
  • 93.080.20

JIS A 8704-2:2009の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
A1102
骨材のふるい分け試験方法
A8704-1
道路工事機械-アスファルトプラント-第1部:用語及び仕様項目
B7411
-
Z8731
環境騒音の表示・測定方法
Z8801-1
試験用ふるい-第1部:金属製網ふるい
Z8801-2
試験用ふるい-第2部:金属製板ふるい
Z8801-3
試験用ふるい-第3部:電成ふるい
Z8808
排ガス中のダスト濃度の測定方法