JISA8910 : 2012 土工機械-転倒時保護構造-台上試験及び性能要求事項

JIS A 8910:2012の規格概要

この規格 A8910は、土工機械の転倒時保護構造(ROPS)の性能要求事項及び代表的な供試品に対する静的負荷による台上試験によってこれらの要求事項への適合性を評価する一連の再現性のある方法について規定。

JISA8910 規格全文情報

規格番号
JIS A8910 
規格名称
土工機械-転倒時保護構造-台上試験及び性能要求事項
制定年月日
1978/06/01
最新改正日
2012/11/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 3471:2008(IDT)
国際規格分類

ICS

53.100
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
土木II:2019
改訂:履歴
  • 1978-06-01制定日
  • 1983-05-01確認日
  • 1984-02-01改正日
  • 1989-03-01確認日
  • 1989-12-01改正日
  • 1995-01-01改正日
  • 2001-04-20改正日
  • 2004-12-20改正日
  • 2009-10-01確認日
  • 2012-11-20改正日
  • 2017-10-20確認日

A 8910:2012 (ISO 3471:2008)

目 次

ページ

序文 P.1

1 適用範囲 P.1

2 引用規格 P.2

3 用語及び定義 P.2

4 記号及び略語 P.5

5 試験方法及び試験設備 P.12

5.1 一般事項 P.12

5.2 計測装置 P.12

5.3 試験設備 P.12

5.4 代表的供試品のベッドプレートへの取付け P.13

6 試験負荷手順 P.17

6.1 一般要求事項 P.17

6.2 側方負荷試験 P.18

6.3 垂直負荷試験 P.19

6.4 前後方向負荷試験 P.20

7 材料 P.21

7.1 ROPSの一般要求事項 P.21

7.2 ROPS構造部材 P.21

7.3 薄板 P.21

7.4 締結用部品(ボルト及びナット) P.21

8 性能 P.22

9 表示 P.23

9.1 一般 P.23

9.2 ラベルの仕様 P.23

9.3 表示の内容 P.23

10 試験結果報告 P.24

附属書A(参考)ROPSの試験報告書 P.25

附属書B(参考)設計変更,実物試験及び改造 P.27

[ JIS A8910 : 2012.pdf Page : 1 / 29 ]ページ TOPへ

A 8910:2012 (ISO 3471:2008)

まえがき

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本

建設機械施工協会(JCMA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業

規格を改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業

規格である。

これによって,JIS A 8910:2004は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS A8910 : 2012.pdf Page : 2 / 29 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 8910:2012

(ISO 3471:2008)

土工機械−転倒時保護構造−台上試験及び性能要求事項

Earth-moving machinery-Roll-over protective structures-Laboratory tests and performance requirements

序文

この規格は,2008年に第4版として発行されたISO 3471を基に,技術的内容及び構成を変更すること

なく作成した日本産業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

1

適用範囲

この規格は,土工機械の転倒時保護構造(以下,ROPSという。)の性能要求事項及び代表的な供試品に

対する静的負荷による台上試験によってこれらの要求事項への適合性を評価する一連の再現性のある方法

について規定する。

この規格は,JIS A 8308に規定する次の自走式土工機械で,運転員が着座して運転する質量700 kg以上

の機械のROPSに適用する。

− ブルドーザ

− ローダ(トラクタショベル)

− バックホウローダ

− ダンパ(重ダンプトラック及び不整地運搬車)

− パイプレーヤ

− 連節式機械(例:自走式スクレーパ,車体屈折式ダンパ)のけん引部分(駆動部)

− グレーダ

− ランドフィルコンパクタ

− ローラ

− トレンチャ

この規格は,教習用座席又は作業装置操作用の追加の座席には適用しない。

注記1 ROPSは,FOPS(落下物保護構造)としての保護機能をもたせてもよい。

注記2 機械が最大傾斜角30°の堅い粘土地盤の斜面上を初速16 km/h以下の速さで走行し,機械の

前後方向軸を中心に地面との接触を失うことなく360°回転するという条件の下で,シート

ベルトを着用した運転員が押し潰されないように理にかなった保護を行うことを期待してい

る。

注記3 この規格は,ROPSの製造業者が特定用途向けに上記の機械又は派生機械にROPSを提供す

るときの判断の指針として使用することができる。

[ JIS A8910 : 2012.pdf Page : 3 / 29 ]ページ TOPへ

2

A 8910:2012 (ISO 3471:2008)

注記4 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 3471:2008,Earth-moving machinery−Roll-over protective structures−Laboratory tests and

performance requirements(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“一致している”

ことを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 8308 土工機械−基本機種−用語

注記 対応国際規格:ISO 6165:2006,Earth-moving machinery−Basic types−Identification and terms

and definitions(MOD)

JIS A 8318 土工機械−座席基準点(SIP)

注記 対応国際規格:ISO 5353:1995,Earth-moving machinery, and tractors and machinery for agriculture

and forestry−Seat index point(IDT)

JIS A 8322 土工機械−寸法,性能及び容量の単位並びに測定の正確さ

注記 対応国際規格:ISO 9248:1992,Earth-moving machinery−Units for dimensions, performance and

capacities, and their measurement accuracies(IDT)

JIS A 8909 土工機械−保護構造の室内評価試験−たわみ限界領域の仕様

注記 対応国際規格:ISO 3164:1995,Earth-moving machinery−Laboratory evaluations of protective

structures−Specifications for deflection-limiting volume(IDT)

JIS B 1051 炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質−第1部:ボルト,ねじ及び植込みボルト

注記 対応国際規格:ISO 898-1:1999,Mechanical properties of fasteners made of carbon steel and alloy

steel−Part 1: Bolts, screws and studs(IDT)

JIS B 1052-2 締結用部品の機械的性質−第2部:保証荷重値規定ナット−並目ねじ

注記 対応国際規格:ISO 898-2:1992,Mechanical properties of fasteners−Part 2: Nuts with specified

proof load values−Coarse thread(IDT)

JIS Z 2242 金属材料のシャルピー衝撃試験方法

注記 対応国際規格:ISO/DIS 148-1:2003,Metallic materials−Charpy pendulum impact test−Part 1:

Test method(MOD)

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1

ベッドプレート(bed plate)

試験目的のために,機械のフレームを取り付ける試験用固定具の十分に堅固な部分。

3.2

境界面,BP(boundary plane)

たわみ限界領域(DLV)の背面,側面及び膝部の垂直投影として定義する面。

注記 境界面は,着力点を決定するために使用する。

[ JIS A8910 : 2012.pdf Page : 4 / 29 ]ページ TOPへ

JIS A 8910:2012の対応国際規格一覧

  • ISO 3471:2008(IDT)

JIS A 8910:2012の国際規格分類一覧

  • 53.100

JIS A 8910:2012の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
A8308
土工機械-基本機種-用語
A8318
土工機械-座席基準点(SIP)
A8322
土工機械-寸法,性能及び容量の単位並びに測定の正確さ
A8909
土工機械-保護構造の室内評価試験-たわみ限界領域の仕様
B1051
炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質-強度区分を規定したボルト,小ねじ及び植込みボルト-並目ねじ及び細目ねじ
B1052-2
炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質-第2部:強度区分を規定したナット-並目ねじ及び細目ねじ
Z2242
金属材料のシャルピー衝撃試験方法