JISB0955-2 : 2021 工作機械−環境評価−第2部:工作機械及びその構成要素に供給されるエネルギーの測定方法

JIS B 0955-2:2021の規格概要

この規格 B0955-2は、特定の条件下で工作機械に供給されるエネルギーについて再現性のあるデータを得るための測定方法について規定。

JISB0955-2 規格全文情報

規格番号
JIS B0955-2 
規格名称
工作機械−環境評価−第2部:工作機械及びその構成要素に供給されるエネルギーの測定方法
制定年月日
2021/02/22
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 14955-2:2018(IDT)
国際規格分類

ICS

25.080.01
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2021-02-22制定日

B 0955-2:2021 (ISO 14955-2:2018)

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.2 ]

3 用語及び定義 [ p.2 ]

4 評価対象システム及び工作機械の状態の記述 [ p.4 ]

4.1 一般 [ p.4 ]

4.2 据付環境条件 [ p.4 ]

4.3 運転状態 [ p.5 ]

4.4 工作機械の作動 [ p.5 ]

5 試験のシナリオ [ p.5 ]

5.1 一般 [ p.5 ]

5.2 機械に基づく試験のシナリオ [ p.6 ]

5.3 実加工に基づく試験のシナリオ [ p.10 ]

6 評価対象システムの定義 [ p.10 ]

7 測定の準備及び手順 [ p.13 ]

7.1 測定点の選択 [ p.13 ]

7.2 電力測定及び供給されたエネルギーの計算 [ p.13 ]

7.3 同時測定 [ p.14 ]

7.4 準同時測定 [ p.14 ]

7.5 測定器 [ p.14 ]

7.6 測定単位 [ p.15 ]

7.7 測定期間 [ p.15 ]

7.8 測定値の変換 [ p.15 ]

7.9 電気エネルギー相当量 [ p.16 ]

8 測定の不確かさ [ p.18 ]

9 結果の報告 [ p.18 ]

9.1 それぞれの測定結果の報告 [ p.18 ]

9.2 測定値の割当て及び説明 [ p.19 ]

9.3 測定報告書 [ p.19 ]

附属書A(参考)電気エネルギー相当量 [ p.20 ]

附属書B(参考)電気以外の供給エネルギーの測定 [ p.23 ]

附属書C(参考)測定例 [ p.31 ]

附属書D(参考)供給されたエネルギー及びそのエネルギー効率の計算式 [ p.36 ]

附属書E(参考)電力測定のセットアップの例 [ p.38 ]

参考文献 [ p.48 ]

[ JIS B0955 : 2 : 2021.pdf Page : 1 / 51 ]ページ TOPへ

B 0955-2:2021 (ISO 14955-2:2018)

まえがき

この規格は,産業標準化法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本工作機械工業会

(JMTBA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を制定すべ

きとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本産業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS B0955 : 2 : 2021.pdf Page : 2 / 51 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

B 0955-2:2021

(ISO 14955-2:2018)

工作機械−環境評価−第2部:工作機械及びその構成要素に供給されるエネルギーの測定方法

Machine tools-Environmental evaluation of machine tools-Part 2: Methods for measuring energy supplied to machine tools and machine tool components

序文

この規格は,2018年に第1版として発行されたISO 14955-2を基に,技術的内容及び構成を変更するこ

となく作成した日本産業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

環境影響は,全ての製品に共通の課題であり,天然資源が減少してきている中で,工作機械の環境パフ

ォーマンス基準を定義し,その基準の使用について規定することは重要である。

工作機械は,産業界ですぐに使える完成品又は半完成品の製造に使用される複雑なシステムである。そ

れらの環境影響は,端材,潤滑剤,補助剤などのその他の物質の流れ,電気エネルギーの熱への変換,周

囲への熱の放散,又は流体による熱交換,及び場合によっては,圧縮空気などの他の資源の使用を含んで

いる。関連する考慮事項に基づき,ISO 14955規格群は,使用段階で工作機械に供給されるエネルギーに

関係する環境影響に焦点を当てている。

工作機械の性能評価は,設備投資の重要なデータとして,用途によって影響を受ける経済価値,技術仕

様及び運転条件に関して多面的である。同じ工作機械でも加工する部品及び運転条件によって供給される

エネルギーは全く異なるものになる。したがって,工作機械の環境評価は,これらの側面と切り離して考

えることはできない。

JIS B 0955-1は,工作機械の環境評価を考慮した設計手法について規定しており,工作機械に供給され

るエネルギーを測定する理由についても記載している。

ISO 14955-3,ISO 14955-4及びISO 14955-5は,ISO 14955-1及びISO 14955-2の適用について記載して

いる。

1

適用範囲

この規格は,特定の条件下で工作機械に供給されるエネルギーについて再現性のあるデータを得るため

の測定方法について規定する。さらに,JIS B 0955-1:2020に記載されているとおり,構成要素へのエネル

ギー供給を一般化した工作機械の機能に割り当てるために,構成要素に供給されるエネルギーを定量化す

る方法についても規定する。

[ JIS B0955 : 2 : 2021.pdf Page : 3 / 51 ]ページ TOPへ

2

B 0955-2:2021 (ISO 14955-2:2018)

この規格は,工作機械に供給されるエネルギーの測定方法を提供することによって,JIS B 0955-1:2020

に基づく省エネルギー設計を支援している。工作機械の機能に供給されるエネルギーを割り当てるために

は,工作機械の構成要素レベルでの測定が必要である。この測定は,再現性があり,かつ,記録し,文書

化された条件以外の条件に依存してはならない。

測定結果は,特にエネルギー面における設計の改善を文書化すること,及び/又は所定の工作機械によ

る所定の部品の製造に含まれるエネルギーの評価を可能にすることを意図している。いかなる比較も同一

の条件を必要とし,仕様及び測定によって同様の結果が得られることを保証する。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 14955-2:2018,Machine tools−Environmental evaluation of machine tools−Part 2:Methods for

measuring energy supplied to machine tools and machine tool components(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“一致している”こと

を示す。

2

引用規格

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項

を構成している。これらの引用規格のうち,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その

後の改正版(追補を含む。)は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。)

を適用する。

JIS B 0955-1:2020 工作機械−環境評価−第1部:エネルギー効率の高い工作機械の設計方法

注記 対応国際規格における引用規格:ISO 14955-1:2017,Machine tools−Environmental evaluation

of machine tools−Part 1: Design methodology for energy-efficient machine tools

JIS B 8341 容積形圧縮機−試験及び検査方法

注記 対応国際規格における引用規格: ISO 1217,Displacement compressors−Acceptance tests

JIS B 8393 空気圧−標準参考空気

注記 対応国際規格における引用規格:ISO 8778,Pneumatic fluid power−Standard reference

atmosphere

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次によるほか,JIS B 0955-1:2020による。

3.1

平均電力(average electrical power)

ある一定期間内の有効電力の平均値

注釈1 正弦波,非正弦波,平衡又は不平衡の条件下での電力量の測定に関する定義は,参考文献[13]に

記載されている。

3.2

電気エネルギー(electrical energy)

ある一定期間内に積算された有効電力

3.3

電気エネルギー相当量(electrical energy equivalent)

[ JIS B0955 : 2 : 2021.pdf Page : 4 / 51 ]ページ TOPへ

JIS B 0955-2:2021の対応国際規格一覧

  • ISO 14955-2:2018(IDT)

JIS B 0955-2:2021の国際規格分類一覧

  • 25.080.01

JIS B 0955-2:2021の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B0955-1:2020
工作機械−環境評価−第1部:エネルギー効率の高い工作機械の設計手法
B8341
容積形圧縮機−試験及び検査方法
B8393
空気圧−標準参考空気