JISB2710-1 : 2020 重ね板ばね-第1部:用語

JIS B 2710-1:2020の規格概要

この規格 B2710-1は、主に自動車,鉄道車両,産業機械に使用する重ね板ばねの製品仕様,設計方法及び試験方法に関する主な用語について規定。一般的なばねに関する用語は,JIS B 0103に規定されている。

JISB2710-1 規格全文情報

規格番号
JIS B2710-1 
規格名称
重ね板ばね-第1部:用語
制定年月日
2008/03/20
最新改正日
2020/08/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

21.160
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2008-03-20制定日
  • 2012-10-22確認日
  • 2017-10-20確認日
  • 2020-08-20改正日

B 2710-1:2020

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.1 ]

[ JIS B2710 : 1 : 2020.pdf Page : 1 / 6 ]ページ TOPへ

B 2710-1:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人

日本ばね工業会(JSMA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産業規

格を改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産業規

格である。これによって,JIS B 2710-1:2008は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS B 2710の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS B 2710-1 第1部:用語

JIS B 2710-2 第2部:設計方法

JIS B 2710-3 第3部:試験方法

JIS B 2710-4 第4部:製品仕様

[ JIS B2710 : 1 : 2020.pdf Page : 2 / 6 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

B 2710-1:2020

重ね板ばね−第1部:用語

Leaf springs-Part 1: Vocabulary

1

適用範囲

この規格は,主に自動車,鉄道車両,産業機械に使用する重ね板ばねの製品仕様,設計方法及び試験方

法に関する主な用語について規定する。一般的なばねに関する用語は,JIS B 0103に規定されている。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用

規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 0103 ばね用語

3

用語及び定義

この規格で規定する用語及び定義は,次による。

なお,参考のために慣用語,対応英語及びばね記号を示す。

注記 用語の番号は,JIS B 0103で4桁の数字を用いて1桁目が“1”から“7”まで体系的に定めら

れており,その番号との重複を避けるため,この規格では1桁目を“8”としている。

番号

用語

定義

参考

慣用語

対応英語

記号

8001

リーフ

重ね板ばねを構成するばね板。通常,長い方から順

に,1番リーフ,2番リーフなどと呼ぶ。

注記 1番リーフは親板ともいう。この場合に,2

番リーフ以降を子板という。

leaf

8002

リーフの引張

リーフが所定の作用力を受けたとき,引張応力が働

く面。

テンション面 tension side

8003

リーフの圧縮

リーフが所定の作用力を受けたとき,圧縮応力が働

く面。

コンプレッシ

ョン面

compression side

8004

中心穴

重ね板ばねにおいて,各リーフの中央部分に設けた

締結用の穴。穴は必ずしも幾何学的中心になくても

よい。また,穴ではなく,各リーフのずれ止めのた

めに突起又はくぼみを設ける場合もあるが,特に誤

解を招くことがない限り,これらも総称して中心穴

と呼ぶことがある。

センタ穴

centre hole

8005

固定側スパン スパンのうち,固定側の力の支持中心から中心穴ま

での距離(図1参照)。

fixed half span

lA

8006

固定側ストレ

ートスパン

1番リーフがまっすぐに伸びた状態における固定側

の力の支持中心から中心穴までの距離(図1参照)。

fixed half straight

span

lST,A

[ JIS B2710 : 1 : 2020.pdf Page : 3 / 6 ]ページ TOPへ

2

B 2710-1:2020

a) 重ね板ばねの場合

b) トレーリングリーフの場合

2F :ばね力

FA :固定側ばね力

FB :シャックル(空気ばね又はスライド)側ばね力

図1−固定側スパンの例

番号

用語

定義

参考

慣用語

対応英語

記号

8007

常用力

通常の使用において,重ね板ばねに常時作用する

力。

nominal working

force

8008

常用曲げ応力 通常の使用において,重ね板ばねに常時作用する曲

げ方向の応力。

nominal working

bending stress

8009

最大作用力

重ね板ばねの使用時に作用し得る最大の力。

maximum

working force

8010

最大作用曲げ

応力

通常の使用において,重ね板ばねに作用し得る最大

の曲げ方向の応力。

maximum

working

bending stress

8011

指定力

重ね板ばねの,主として反り又は高さを規定するた

めに指定する力。

specified force

8012

開先

リーフの端部。

注記 形状によって平開先,三角開先,テーパ開先,

三角テーパ開先などがある。

leaf end

力の支持中心

(空気ばね側)

中心穴の位置

FB

2F

力の支持中心

(固定側)

FA

固定側スパン

水平面

固定側ストレートスパン

力の支持中心

(シャックル側)

中心穴の位置

FB

2F

力の支持中心

(固定側)

FA

ストレートスパン

固定側スパン

スパン

[ JIS B2710 : 1 : 2020.pdf Page : 4 / 6 ]ページ TOPへ

JIS B 2710-1:2020の国際規格分類一覧

  • 21.160

JIS B 2710-1:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B0103
ばね用語