JISB7547-2 : 2020 圧力計の特性試験方法及び校正方法-第2部:高圧気体用

JIS B 7547-2:2020の規格概要

この規格 B7547-2は、圧力計の校正,試験,検査などにおいて標準器として使用する高圧気体用圧力計の特性試験方法及び校正方法のうち,液体圧力で校正を受けた標準器を用いる方法について規定。

JISB7547-2 規格全文情報

規格番号
JIS B7547-2 
規格名称
圧力計の特性試験方法及び校正方法-第2部:高圧気体用
制定年月日
2020/07/20
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

17.100
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2020-07-20制定日

 

B 7547-2:2020 

 

目 次

ページ

1 適用範囲························································································································· 1

2 引用規格························································································································· 1

3 用語及び定義 ··················································································································· 1

4 設備及び測定器 ················································································································ 2

4.1 設備及び測定器の要件 ···································································································· 2

4.2 設備及び測定器の設置環境 ······························································································ 2

5 特性試験方法 ··················································································································· 2

6 校正方法及び校正の不確かさ評価 ························································································ 2

6.1 一般 ···························································································································· 2

6.2 校正方法の選択 ············································································································· 2

6.3 校正方法の共通要件 ······································································································· 3

6.4 気体圧力による校正方法 ································································································· 3

6.5 液体圧力を気体圧力に変換する校正方法············································································· 5

6.6 液体圧力による校正方法(1種類の液体を用いる場合) ························································ 8

6.7 液体圧力による校正方法(2種類の液体を用いる場合) ························································ 9

附属書A(規定)標準器と被校正器とで異なる圧力媒体を用いる場合の

  ヘッド差補正及びその不確かさ ························································································ 13

 

[ JIS B7547 : 2 : 2020.pdf Page : 1 / 16 ]ページ TOPへ

 

 

 

B 7547-2:2020 

 

まえがき

この規格は,産業標準化法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本計量機器工業連合会(JMIF),

国立研究開発法人産業技術総合研究所(AIST)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原

案を添えて日本産業規格を制定すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

が制定した日本産業規格である。これによって,JIS B 7547:2008は廃止され,その一部を分割して制定し

たこの規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS B 7547の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS B 7547-1 第1部:一般用

JIS B 7547-2 第2部:高圧気体用

 

 

[ JIS B7547 : 2 : 2020.pdf Page : 2 / 16 ]ページ TOPへ

 

 

 

 

日本産業規格          JIS

 

B 7547-2:2020

 

圧力計の特性試験方法及び校正方法−第2部:高圧気体用

Procedures of characterization and calibration for pressure gauges-Part 2: High-pressure gases

 

1

適用範囲

この規格は,圧力計の校正,試験,検査などにおいて標準器として使用する高圧気体用圧力計の特性試

験方法及び校正方法のうち,液体圧力で校正を受けた標準器を用いる方法について規定する。ただし,高

圧気体用圧力計には重錘形圧力天びんを含めない。

注記 この規格における高圧気体とは,一般に7 MPaを超えるような圧力の気体をいう。

 

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 7547-1 圧力計の特性試験方法及び校正方法−第1部:一般用

JIS B 7610 重錘形圧力天びん

JIS Z 8103 計測用語

 

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 7547-1,JIS B 7610及びJIS Z 8103によるほか,次による。

3.1

圧縮機

気体の増圧を目的として設置する装置。増圧器,ブースタ又はコンプレッサともいう。

3.2

液体潤滑型重錘形圧力天びん

シリンダ側面の穴を通じてピストンとシリンダとの隙間につながる液槽に,発生圧力が加わり,ピスト

ンとシリンダとの隙間が液体で満たされる構造をもつ重錘形圧力天びん(図1参照)。

[ JIS B7547 : 2 : 2020.pdf Page : 3 / 16 ]ページ TOPへ

 

 

2

B 7547-2:2020 

 

 

図1−液体潤滑型重錘形圧力天びん

 

3.3

圧力媒体変換装置

内部で2種類の圧力媒体を直接接触させることによって,校正システムで用いる圧力媒体を変換する装

置。互いに容易に混ざり合わない2種類の圧力媒体が装置内部で界面を形成して接する。

3.4

隔膜式圧力媒体変換装置

内部の隔膜を介して校正システムで用いる2種類の圧力媒体を変換する装置。通常は,2種類の液体に

対して用いる。

 

4

設備及び測定器

4.1

設備及び測定器の要件

必要な設備及び測定器は,JIS B 7547-1の4.1.1(配管)〜4.1.10(角度の測定器)によるほか,次による。

4.1.1

圧縮機 圧縮機は,試験又は校正を行う最大圧力以上に加圧ができるものとする。

4.2

設備及び測定器の設置環境

設備及び測定器の設置環境は,JIS B 7547-1の4.2(設備及び測定器の設置環境)による。

 

5

特性試験方法

特性試験方法は,JIS B 7547-1の箇条5(特性試験方法)による。

 

6

校正方法及び校正の不確かさ評価

6.1

一般

液体圧力で校正を受けた標準器による高圧気体用圧力計の校正方法及び校正の不確かさ評価について規

定する。依頼者によって特別な要求がある場合には,その要求を満足する内容で校正を実施する。

6.2

校正方法の選択

校正方法は,利用できる設備,測定器などに応じて,a)〜d) の四つの方法から選択する。四つの方法の

共通要件は,6.3による。それぞれの校正方法を利用する場合の要件は,6.4〜6.7による。

a) 気体圧力による校正方法 標準器及び被校正器の両方で気体を用いて校正を行う。

b) 液体圧力を気体圧力に変換する校正方法 標準器に液体を用い,被校正器に気体を用いて校正を行う。

液体圧力を気体圧力に変換するために圧力媒体変換装置又は差圧計を利用する。

[ JIS B7547 : 2 : 2020.pdf Page : 4 / 16 ]ページ TOPへ

 

 

JIS B 7547-2:2020の国際規格分類一覧

  • 17.100

JIS B 7547-2:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B7547-1
-
B7610
重錘形圧力天びん
Z8103
計測用語