JISB8751-1 : 2020 ファインバブル技術-オゾンファインバブル水発生システムの性能試験方法-第1部:メチレンブルー脱色法

JIS B 8751-1:2020の規格概要

この規格 B8751-1は、工業排水,工業用水などの分野で着色された水を脱色する場合に使用するオゾンファインバブル水発生システムの脱色性の試験方法について規定。

JISB8751-1 規格全文情報

規格番号
JIS B8751-1 
規格名称
ファインバブル技術-オゾンファインバブル水発生システムの性能試験方法-第1部:メチレンブルー脱色法
制定年月日
2020/06/22
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

13.060.25,13.060.30,71.100.99
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2020-06-22制定日

 

B 8751-1:2020 

 

目 次

ページ

1 適用範囲························································································································· 1

2 引用規格························································································································· 1

3 用語及び定義 ··················································································································· 1

4 脱色性試験 ······················································································································ 2

4.1 一般 ···························································································································· 2

4.2 試験環境条件 ················································································································ 2

4.3 試験装置の構成 ············································································································· 2

4.4 原料ガス供給部 ············································································································· 3

4.5 オゾン発生部 ················································································································ 3

4.6 オゾン反応部 ················································································································ 3

4.7 排オゾン処理部 ············································································································· 5

4.8 試験の手順 ··················································································································· 5

5 脱色効果試験の表し方 ······································································································· 5

5.1 評価の対象 ··················································································································· 5

5.2 評価手順 ······················································································································ 6

5.3 不確かさ ······················································································································ 6

6 試験報告書 ······················································································································ 6

附属書A(参考)インライン式吸光度測定器の例 ······································································· 8

附属書B(参考)マイクロバブルのサイズ,個数濃度の区分及びファインバブルの属性表現 ··············· 9

 

 

[ JIS B8751 : 1 : 2020.pdf Page : 1 / 13 ]ページ TOPへ

 

 

 

B 8751-1:2020 

 

まえがき

この規格は,産業標準化法に基づき,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本

産業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

 

 

[ JIS B8751 : 1 : 2020.pdf Page : 2 / 13 ]ページ TOPへ

 

 

 

 

日本産業規格          JIS

 

B 8751-1:2020

 

ファインバブル技術−オゾンファインバブル水発生システムの性能試験方法−第1部:メチレンブルー脱色法

Fine bubble technology-Test method of performance using ozone finebubble water generating system-Part 1: Methylene blue decolourization method

 

1

適用範囲

この規格は,工業排水,工業用水などの分野で着色された水を脱色する場合に使用するオゾンファイン

バブル1)水発生システムの脱色性の試験方法について規定する。

なお,この規格は,オゾンの健康及び環境に及ぼす影響は規定していない。

注1) “ファインバブル”及び“ウルトラファインバブル”は,商標登録されている。以下,登録商

標の記号は,省略する。

 

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 8741-1 ファインバブル技術−ファインバブルの使用及び測定に関する一般原則−第1部:用語

JIS B 9946 排水・用水用オゾン処理装置−仕様項目及びオゾン濃度測定方法

JIS K 0557 用水・排水の試験に用いる水

JIS K 8897 メチレンブルー(試薬)

JIS Z 8000-7 量及び単位−第7部:光

JIS Z 8404-2 測定の不確かさ−第2部:測定の不確かさの評価における繰返し測定及び枝分かれ実験

の利用の指針

 

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 8741-1によるほか,次による。

3.1

ファインバブル

バブルのうち,マイクロバブル及びウルトラファインバブルに該当する,100 μm未満のバブル。

注記 マイクロバブルとは,バブルの直径が1 μm以上, 100 μm未満のバブルで,ウルトラファインバ

ブルとは,バブルの直径が1 μm未満のバブルをいう。

 

[ JIS B8751 : 1 : 2020.pdf Page : 3 / 13 ]ページ TOPへ

 

 

2

B 8751-1:2020 

 

3.2

ファインバブル水

空気ファインバブルを含有する水。

3.3

オゾンファインバブル水

オゾンファインバブルを含有する水。

3.4

吸光度

JIS Z 8000-7で定義される測光量で,試験用着色水の透過前後の光量の比の自然対数。

3.5

吸光度の半減期

吸光度の変化量が初期吸光度の50 %になるまでに要する時間。

3.6

吸光度の変化量

オゾンファインバブル水を用いて試験用に脱色した場合,透過光の吸光度を測定器で計測して得た吸光

度から,次の計算式で算出した変化量。

a=b−c

ここに,

a: 吸光度の変化量

 

b: 試験用着色水の吸光度

 

c: 脱色処理後の吸光度

3.7

ファインバブルのサイズ及び個数濃度

水及び空気に対してファインバブル水発生装置を用いて得られるファインバブルの大きさ及び個数の濃

度。

 

4

脱色性試験

4.1

一般

一定量のオゾンをファインバブル水発生システムを通して着色した水の槽に送り,その吸光度を光学的

に測定し,吸光度の半減期を求める。吸光度は,光度測定器を用いて測定する。光度測定器は色度計,分

光光度計又は吸光度測定器とし,吸光度測定器の場合はインライン式の吸光度測定器を用いることが望ま

しい。附属書Aにインライン式吸光度測定器の例を示す。

4.2

試験環境条件

試験室の温度は23±2 ℃とし,湿度は(50±10)%とする。

なお,試験環境に微粒子などが混入しないように配慮することが望ましい。

4.3

試験装置の構成

試験装置は,原料ガス供給部,オゾン発生部,オゾン反応部及び排オゾン処理部で構成する。試験装置

の基本構成例を図1に示す。

 

[ JIS B8751 : 1 : 2020.pdf Page : 4 / 13 ]ページ TOPへ

 

 

JIS B 8751-1:2020の国際規格分類一覧

  • 13.060.25
  • 13.060.30
  • 71.100.99

JIS B 8751-1:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B8741-1
ファインバブル技術-ファインバブルの使用及び測定に関する一般原則-第1部:用語
B9946
排水・用水用オゾン処理装置-仕様項目及びオゾン濃度測定方法
K0557
用水・排水の試験に用いる水
K8897
メチレンブルー(試薬)
Z8000-7
量及び単位-第7部:光
Z8404-2
測定の不確かさ-第2部:測定の不確かさの評価における繰返し測定及び枝分かれ実験の利用の指針