JIS B 8850:2020 ベルトラッシング

JIS B 8850:2020 規格概要

この規格 B8850は、道路で走行する車両及び鉄道車両による陸上輸送並びに船舶輸送において,荷を固定するために使用するベルトラッシングについて規定。

JISB8850 規格全文情報

規格番号
JIS B8850 
規格名称
ベルトラッシング
規格名称英語訳
Web lashings made from man-made fibers
制定年月日
2015年2月20日
最新改正日
2020年8月20日
JIS 閲覧
‐ 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

53.020.30
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
‐ 
改訂:履歴
2015-02-20 制定日, 2020-08-20 改正
ページ
JIS B 8850:2020 PDF [23]
                                                                                   B 8850 : 2020

pdf 目 次

ページ

  •  序文・・・・[1]
  •  1 適用範囲・・・・[1]
  •  2 引用規格・・・・[1]
  •  3 用語及び定義・・・・[1]
  •  4 種類・記号及び最大使用力・・・・[5]
  •  4.1 種類・・・・[5]
  •  4.2 種類の記号・・・・[6]
  •  4.3 最大使用力・・・・[7]
  •  5 性能・・・・[8]
  •  5.1 プルーフロード・・・・[8]
  •  5.2 破断荷重・・・・[8]
  •  5.3 ベルトの伸び率及びベルトの破断荷重・・・・[8]
  •  5.4 軽荷重保持・・・・[8]
  •  5.5 負荷解除機能・・・・[8]
  •  6 構造及び寸法・・・・[9]
  •  6.1 縫製部の構造・・・・[9]
  •  6.2 寸法・・・・[9]
  •  7 外観・・・・[9]
  •  8 材料・・・・[9]
  •  9 試験方法・・・・[9]
  •  9.1 試験場所の標準状態・・・・[9]
  •  9.2 プルーフロード試験・・・・[9]
  •  9.3 引張試験・・・・[11]
  •  9.4 ベルトの伸び率及びベルトの破断荷重試験・・・・[11]
  •  9.5 軽荷重保持試験・・・・[12]
  •  9.6 負荷解除機能試験・・・・[12]
  •  10 検査・・・・[12]
  •  10.1 検査の種類・・・・[12]
  •  10.2 形式検査・・・・[12]
  •  10.3 受渡検査・・・・[13]
  •  11 製品の呼び方・・・・[13]
  •  12 表示・・・・[13]
  •  13 取扱説明書・・・・[15]
  •  附属書A(規定)端末金具ワンピース付きベルトラッシング・・・・[16]
  •  附属書B(規定)ベルトラッシングの使用上の注意・・・・[18]

(pdf 一覧ページ番号 1)

――――― [JIS B 8850 pdf 1] ―――――

           B 8850 : 2020

pdf 目次

ページ

  •  附属書C(規定)ベルトラッシングの点検基準・・・・[19]

(pdf 一覧ページ番号 2)

――――― [JIS B 8850 pdf 2] ―――――

                                                                                  B 8850 : 2020

まえがき

  この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人
日本産業機械工業会(JSIM)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産
業規格を改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産
業規格である。これによって,JIS B 8850:2015は改正され,この規格に置き換えられた。
なお,令和3年8月19日までの間は,産業標準化法第30条第1項等の関係条項の規定に基づくJISマ
ーク表示認証において,JIS B 8850:2015を適用してもよい。
この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。
この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意
を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実
用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

(pdf 一覧ページ番号 3)

――――― [JIS B 8850 pdf 3] ―――――

                                      日本産業規格                            JIS
B 8850 : 2020

ベルトラッシング

Web lashings made from man-made fibers

序文

  この規格は,ベルトラッシングの種類,性能,試験方法などを規定することによって,ベルトラッシン
グの製造業者及び販売業者による製品の標準化の促進及び品質基準遵守の徹底,並びに使用者による製品
の選定及び使用上の安全性の向上を目的として2015年に制定された。その後の適用において判明した規格
の改善点に対応するために改正した。
なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。

1 適用範囲

  この規格は,道路を走行する車両及び鉄道車両による陸上輸送並びに船舶輸送において,荷を固定する
ために使用するベルトラッシングについて規定する。

2 引用規格

  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの
引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。
JIS B 0148 巻上機−用語
JIS B 7516 金属製直尺
JIS L 0105 繊維製品の物理試験方法通則
JIS L 0204-2 繊維用語(原料部門)−第2部 : 化学繊維
JIS Z 2320-1 非破壊試験−磁粉探傷試験−第1部 : 一般通則
JIS Z 2343-1 非破壊試験−浸透探傷試験−第1部 : 一般通則 : 浸透探傷試験方法及び浸透指示模様の
分類
JIS Z 2343-5 非破壊試験−浸透探傷試験−第5部 : 50 ℃を超える温度での浸透探傷試験
JIS Z 2343-6 非破壊試験−浸透探傷試験−第6部 : 10 ℃より低い温度での浸透探傷試験

3 用語及び定義

  この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0148,JIS L 0105及びJIS L 0204-2によるほか,次による。
3.1
ベルトラッシング
合成繊維製のベルト,ベルトを締めるためのバックル及び/又は端末金具で構成される,荷を固定する
ための締め具(図1図3及び図A.1参照)。

――――― [JIS B 8850 pdf 4] ―――――

           2
B 8850 : 2020
3.2
両端アイ形
ベルトラッシングの両端にアイがあるもの(図1参照)。
図1−両端アイ形ベルトラッシングの例
3.3
端末金具付き形
ベルトラッシングの両端又は片端のアイに端末金具を取り付けたもの(図2参照)。
図2−端末金具付き形ベルトラッシングの例
3.4
エンドレス形
ベルトラッシングがエンドレス状のもの(図3参照)。

――――― [JIS B 8850 pdf 5] ―――――

次のページ PDF 6

JIS B 8850:2020の国際規格 ICS 分類一覧

JIS B 8850:2020の関連規格と引用規格一覧

JIS ハンドブックから規格の検索、規格番号や名称が調べて探すことができます。
JIS ハンドブック 一覧 規格 種類別