JISC4612 : 2020 高圧受電用ディジタル形地絡継電装置

JIS C 4612:2020の規格概要

この規格 C4612は、1線地絡電流が30A未満で、主に6.6 kv高圧受電設備の受電点に設置される零相変流器又は零相電圧検出装置と継電器との組合せから成るディジタル形地絡継電装置について規定。

JISC4612 規格全文情報

規格番号
JIS C4612 
規格名称
高圧受電用ディジタル形地絡継電装置
制定年月日
2020/10/20
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

29.120.70
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2020-10-20制定日

C 4612:2020

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.1 ]

4 使用状態 [ p.2 ]

4.1 標準使用状態 [ p.2 ]

4.2 特殊使用状態 [ p.3 ]

4.3 保管状態 [ p.3 ]

5 定格 [ p.3 ]

5.1 制御電源の定格電圧 [ p.3 ]

5.2 定格電流 [ p.3 ]

5.3 定格電圧 [ p.3 ]

5.4 バイナリ入力 [ p.3 ]

5.5 バイナリ出力 [ p.3 ]

5.6 定格周波数 [ p.3 ]

6 機能仕様 [ p.3 ]

6.1 一般事項 [ p.3 ]

6.2 入力及び入力量の演算 [ p.4 ]

6.3 バイナリ入力信号 [ p.4 ]

6.4 機能ロジック [ p.4 ]

6.5 バイナリ出力信号 [ p.5 ]

6.6 整定 [ p.5 ]

7 性能 [ p.5 ]

7.1 動作値 [ p.5 ]

7.2 動作時間 [ p.6 ]

7.3 大電流地絡特性 [ p.6 ]

7.4 慣性特性 [ p.6 ]

7.5 負荷電流の影響 [ p.6 ]

7.6 制御電源電圧の影響 [ p.7 ]

7.7 制御電源開閉 [ p.7 ]

7.8 動作表示器の動作特性 [ p.7 ]

7.9 温度の影響 [ p.7 ]

7.10 耐久性 [ p.7 ]

7.11 過負荷耐量 [ p.7 ]

7.12 温度上昇 [ p.7 ]

7.13 振動 [ p.8 ]

[ JIS C4612 : 2020.pdf Page : 1 / 35 ]ページ TOPへ

C 4612:2020 目次

ページ

7.14 衝撃 [ p.8 ]

7.15 絶縁抵抗 [ p.8 ]

7.16 商用周波耐電圧 [ p.8 ]

7.17 雷インパルス耐電圧 [ p.8 ]

7.18 イミュニティ性能 [ p.8 ]

7.19 定格値負担 [ p.8 ]

7.20 構造 [ p.8 ]

7.21 端子記号 [ p.10 ]

7.22 零相変流器及び/又は零相電圧検出装置の要件 [ p.12 ]

8 試験方法 [ p.13 ]

8.1 一般 [ p.13 ]

8.2 動作値試験 [ p.14 ]

8.3 動作時間 [ p.15 ]

8.4 大電流地絡特性試験 [ p.16 ]

8.5 慣性特性試験 [ p.17 ]

8.6 負荷電流の影響試験 [ p.18 ]

8.7 制御電源電圧の影響試験 [ p.18 ]

8.8 制御電源開閉試験 [ p.18 ]

8.9 動作表示器の動作特性試験 [ p.18 ]

8.10 温度の影響試験 [ p.19 ]

8.11 耐久性試験 [ p.19 ]

8.12 過負荷耐量試験 [ p.20 ]

8.13 温度上昇試験 [ p.21 ]

8.14 振動試験 [ p.21 ]

8.15 衝撃試験 [ p.22 ]

8.16 絶縁抵抗試験 [ p.22 ]

8.17 商用周波耐電圧試験 [ p.22 ]

8.18 雷インパルス耐電圧試験 [ p.23 ]

8.19 イミュニティ性能試験 [ p.26 ]

8.20 定格値負担試験 [ p.30 ]

8.21 構造試験 [ p.31 ]

9 表示 [ p.31 ]

9.1 一般 [ p.31 ]

9.2 継電器 [ p.31 ]

9.3 零相変流器 [ p.31 ]

9.4 零相電圧検出装置 [ p.31 ]

10 注意事項の表示 [ p.32 ]

[ JIS C4612 : 2020.pdf Page : 2 / 35 ]ページ TOPへ

C 4612:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本電機工業会(JEMA)及び

一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を制定すべきとの申出があ

り,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本産業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS C4612 : 2020.pdf Page : 3 / 35 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

C 4612:2020

高圧受電用ディジタル形地絡継電装置

Digital type ground relay set for high voltage power receiving

1

適用範囲

この規格は,1線地絡電流が30 A未満で,主に6.6 kV高圧受電設備の受電点に設置される零相変流器又

は零相電圧検出装置と継電器との組合せから成るディジタル形地絡継電装置(以下,継電装置という。)に

ついて規定する。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS C 3611 高圧機器内配線用電線

JIS C 60068-2-6 環境試験方法−電気・電子−第2-6部:正弦波振動試験方法(試験記号:Fc)

JIS C 60068-2-27 環境試験方法−電気・電子−第2-27部:衝撃試験方法(試験記号:Ea)

JIS C 61000-4-2 電磁両立性−第4-2部:試験及び測定技術−静電気放電イミュニティ試験

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1

零相変流器(zero phase current transformer)

地絡事故時に流れる零相電流を検出するための変流器。

3.2

零相電圧検出装置(zero phase potential device)

電路の対地電圧をコンデンサで分圧し,零相電圧を検出するための装置,又は電路に設けた接地コンデ

ンサに流れる零相電流から零相電圧の等価として用いるための検出装置。

3.3

地絡過電流継電装置(ground overcurrent relay set)

零相変流器及び地絡過電流継電器の組合せから成り,電路の地絡過電流保護を目的とする継電装置。

3.4

地絡過電圧継電装置(ground overvoltage relay set)

零相電圧検出装置及び地絡過電圧継電器の組合せから成り,電路の地絡過電圧保護を目的とする継電装

置。

3.5

地絡方向継電装置(directional ground relay set)

[ JIS C4612 : 2020.pdf Page : 4 / 35 ]ページ TOPへ

JIS C 4612:2020の国際規格分類一覧

  • 29.120.70

JIS C 4612:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
C3611
高圧機器内配線用電線
C60068-2-27
環境試験方法-電気・電子-第2-27部:衝撃試験方法(試験記号:Ea)
C60068-2-6
環境試験方法-電気・電子-第2-6部:正弦波振動試験方法(試験記号:Fc)
C61000-4-2
電磁両立性-第4-2部:試験及び測定技術-静電気放電イミュニティ試験