JISC60695-1-10 : 2020 火災危険性試験-電気・電子-第1-10部:電気・電子製品の火災危険性評価指針-一般指針

JIS C 60695-1-10:2020の規格概要

この規格 C60695-1-10は、電気・電子製品が関わる火災のリスク及び火災が引き起こす影響を軽減する方法に関する一般的な指針を示す。また、JIS C 60695規格群における他の指針に指標を与える規格としても機能する。

JISC60695-1-10 規格全文情報

規格番号
JIS C60695-1-10 
規格名称
火災危険性試験-電気・電子-第1-10部:電気・電子製品の火災危険性評価指針-一般指針
制定年月日
2011/12/20
最新改正日
2020/09/23
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

IEC 60695-1-10:2016(IDT)
国際規格分類

ICS

29.020
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2011-12-20制定日
  • 2016-10-20確認日
  • 2020-09-23改正日

C 60695-1-10:2020 (IEC 60695-1-10:2016)

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.2 ]

3 用語及び定義 [ p.2 ]

4 電気・電子製品が関わる火災危険性 [ p.4 ]

5 火災危険性試験の基本 [ p.5 ]

5.1 目的 [ p.5 ]

5.2 火災危険性及び火災リスク [ p.5 ]

5.3 火災シナリオ [ p.7 ]

5.4 火災安全工学 [ p.8 ]

5.5 火災の危険性評価 [ p.9 ]

6 火災試験の種類 [ p.9 ]

6.1 一般事項 [ p.9 ]

6.2 火災試験の定量的及び定性的なグループ [ p.9 ]

6.3 火災試験の種類 [ p.10 ]

7 定性的火災試験の適切な使い方 [ p.11 ]

8 要求事項及び試験仕様の作成 [ p.11 ]

9 一般的な発火源 [ p.11 ]

10 火災危険性試験の参照文書 [ p.11 ]

附属書A(参考)発火源の出力 [ p.12 ]

附属書B(参考)試験方法規格及びガイダンス文書 [ p.14 ]

参考文献 [ p.16 ]

[ JIS C60695 : 1 : 10 : 2020.pdf Page : 1 / 19 ]ページ TOPへ

C 60695-1-10:2020 (IEC 60695-1-10:2016)

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第14条第1項の規定に基づき,認定産業標準

作成機関である一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準の案を添えて日本産業規格を改正すべ

きとの申出があり,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。これによって,JIS C 60695-1-10:2011

は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実用新案権に関わる確認に

ついて,責任はもたない。

JIS C 60695(火災危険性試験−電気・電子)の第1部の規格群は,次に示す部で構成する。

JIS C 60695-1-10 第1-10部:電気・電子製品の火災危険性評価指針−一般指針

JIS C 60695-1-30 第1-30部:電気・電子製品の火災危険性評価指針−予備選択試験−一般指針

[ JIS C60695 : 1 : 10 : 2020.pdf Page : 2 / 19 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

C 60695-1-10:2020

(IEC 60695-1-10:2016)

火災危険性試験−電気・電子−第1-10部:電気・電子製品の火災危険性評価指針−一般指針

Fire hazard testing-Part 1-10: Guidance for assessing the fire hazard ofelectrotechnical products-General guidelines

序文

この規格は,2016年に第2版として発行されたIEC 60695-1-10を基に,技術的内容及び構成を変更する

ことなく作成した日本産業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

1

適用範囲

この規格は,電気・電子製品が関わる火災のリスク及び火災が引き起こす影響を軽減する方法に関する

一般的な指針を示す。また,この規格は,JIS C 60695規格群における他の指針に指標を与える規格として

も機能する。

この規格は,電気・電子製品そのものの火災安全を扱っており,火災リスクを軽減するために電気・電

子製品の外部に別途設置する耐火区画境界,火災検知器及び鎮火システムの使用に関する指針は提供して

いない。

この規格は,火災リスクと火災がもたらす潜在的影響との相関性について示し,電気・電子製品の火災

危険性評価における,定性的及び定量的な火災試験の適用方法に関する指針を与える。ただし,この規格

は,火災リスクの詳細な計算方法は含まない。

この規格は,火災危険性及び火災リスクの評価における火災シナリオによるアプローチの重要性を指摘

し,開発された火災試験方法が技術的に確かなものであるかを評価する指針を与えることも意図している。

この規格は,種々の定性的又は定量的な火災試験の特性について示し,定性的な火災試験を維持し,開

発するために必要な事項について示す。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60695-1-10:2016,Fire hazard testing−Part 1-10: Guidance for assessing the fire hazard of

electrotechnical products−General guidelines(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“一致している”こと

を示す。

[ JIS C60695 : 1 : 10 : 2020.pdf Page : 3 / 19 ]ページ TOPへ

2

C 60695-1-10:2020 (IEC 60695-1-10:2016)

2

引用規格

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項

を構成している。これらの引用規格のうち,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その

後の改正版(追補を含む。)は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。)

を適用する。

JIS C 60079-0 爆発性雰囲気−第0部:電気機器−一般要件

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60079-0,Explosive atmospheres−Part 0: Equipment−

General requirements

JIS C 60695-1-30 耐火性試験−電気・電子−第1-30部:電気・電子製品の火災危険性評価指針−予

備選択試験−一般指針

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60695-1-30,Fire hazard testing−Part 1-30: Guidance for

assessing the fire hazard of electrotechnical products−Preselection testing process−General

guidelines

JIS C 60695-4:2010 耐火性試験−電気・電子−第4部−電気・電子製品のための耐火性試験用語

注記1 対応国際規格における引用規格:IEC 60695-4:2012,Fire hazard testing−Part 4: Terminology

concerning fire tests for electrotechnical products

注記2 対応国際規格で引用している2012年版に対応するJISに改正されていないが,この規格で

の引用事項は,2005年版をJISとしたJIS C 60695-4:2010の規定事項と同等である。

注記3 JIS C 60695-4:2010の附属書JAは,ISO 13943:2008を参照している。

IEC 60695-1-11,Fire hazard testing−Part 1-11: Guidance for assessing the fire hazard of electrotechnical

products−Fire hazard assessment

IEC 60695-1-12,Fire hazard testing−Part 1-12: Guidance for assessing the fire hazard of electrotechnical

products−Fire safety engineering

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次によるほか,JIS C 60695-4:2010による。

3.1

火,火災(fire)

<一般>煙及び/又は炎及び/又は赤熱を伴う,熱及び放出物の発散に特徴づけられる燃焼の過程

注釈1 英語では,fireという用語は,三つの概念を表すのに用いられ,他の二つは,火(3.2)及び火

災(3.3)であり,意味が異なる特定のタイプの自立燃焼に関するものである。

[出典:JIS C 60695-4:2010の3.19 a)]

3.2

火(fire)

<制御>有効な効果が得られるように意図的に設定され,時間及び場所を制限及び制御された,自己継

続する制御された燃焼

(出典:JIS C 60695-4:2010の附属書JAの4.97)

3.3

火災(fire)

[ JIS C60695 : 1 : 10 : 2020.pdf Page : 4 / 19 ]ページ TOPへ

JIS C 60695-1-10:2020の対応国際規格一覧

  • IEC 60695-1-10:2016(IDT)

JIS C 60695-1-10:2020の引用国際規格一覧

  • IEC 60695-1-11
  • IEC 60695-1-12

JIS C 60695-1-10:2020の国際規格分類一覧

  • 29.020

JIS C 60695-1-10:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
C60079-0
爆発性雰囲気-第0部:電気機器-一般要件
C60695-1-30
耐火性試験-電気・電子-第1-30部:電気・電子製品の火災危険性評価指針-予備選択試験-一般指針
C60695-4:2010
耐火性試験-電気・電子-第4部-電気・電子製品のための耐火性試験用語