JISC61300-2-4 : 2020 光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第2-4部:光ファイバクランプ強度試験-軸方向引張り

JIS C 61300-2-4:2020の規格概要

この規格 C61300-2-4は、光伝送用部品及びクロージャの使用中に起こり得る、光ファイバクランプ部における、クランプ強度の軸方向引張りに対する耐久性の試験方法について規定。光部品に取り付ける光ファイバは、光ファイバ素線、光ファイバ心線、光ファイバコード及び光ファイバケーブル含む。

JISC61300-2-4 規格全文情報

規格番号
JIS C61300-2-4 
規格名称
光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第2-4部:光ファイバクランプ強度試験-軸方向引張り
制定年月日
2015/03/20
最新改正日
2020/10/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

IEC 61300-2-4:2019(IDT),IEC 61300-2-4:2019/AMENDMENT 1:2020(IDT)
国際規格分類

ICS

33.180.20
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2015-03-20制定日
  • 2019-10-21確認日
  • 2020-10-20改正日

C 61300-2-4:2020 (IEC 61300-2-4:2019+AMD1:2020)

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.2 ]

4 試験の概要 [ p.2 ]

5 装置 [ p.3 ]

5.1 マンドレル [ p.3 ]

5.2 取付具 [ p.4 ]

5.3 引張力発生器 [ p.4 ]

5.4 力指示計 [ p.4 ]

5.5 代替の装置 [ p.4 ]

5.6 タイマ [ p.4 ]

5.7 測定装置 [ p.4 ]

6 試験手順 [ p.4 ]

6.1 供試品の準備 [ p.4 ]

6.2 前処理 [ p.4 ]

6.3 供試品の固定及び装置取付け後の外観検査 [ p.4 ]

6.4 初期検査及び初期測定 [ p.5 ]

6.5 引張力印加及び測定 [ p.5 ]

6.6 引張力の解除 [ p.5 ]

6.7 後処理 [ p.5 ]

6.8 最終検査及び最終測定 [ p.5 ]

6.9 最終外観検査 [ p.6 ]

7 試験の厳しさの程度 [ p.6 ]

8 個別に規定する事項 [ p.10 ]

[ JIS C61300 : 2 : 4 : 2020.pdf Page : 1 / 12 ]ページ TOPへ

C 61300-2-4:2020 (IEC 61300-2-4:2019+AMD1:2020)

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般財団法人

光産業技術振興協会(OITDA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本

産業規格を改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本

産業規格である。これによって,JIS C 61300-2-4:2015は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS C61300 : 2 : 4 : 2020.pdf Page : 2 / 12 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

C 61300-2-4:2020

(IEC 61300-2-4:2019+AMD1:2020)

光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第2-4部:光ファイバクランプ強度試験−軸方向引張り

Fiber optic interconnecting devices and passive components-Basic test and measurement procedures-Part 2-4: Tests-Fiber or cable retention

序文

この規格は,2019年に第2版として発行されたIEC 61300-2-4及び2020年に発行されたAmendment 1

を基に,技術的内容及び構成を変更することなく作成した日本産業規格である。ただし,追補(amendment)

については,編集し,一体とした。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

1

適用範囲

この規格は,光伝送用部品及びクロージャ(以下,光部品という。)の使用中に起こり得る,光ファイバ

クランプ部における,クランプ強度の軸方向引張りに対する耐久性の試験方法について規定する。光部品

に取り付ける光ファイバは,光ファイバ素線,光ファイバ心線,光ファイバコード及び光ファイバケーブ

ル(以下,光ファイバという。)を含む。

注記1 対応国際規格では,光ファイバ及び光ファイバケーブルの耐久性と記載しているが,光ファイ

バ素線,光ファイバ心線,光ファイバコード及び光ファイバケーブルを対象とするため,これ

ら全てを記載した。

注記2 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 61300-2-4:2019,Fibre optic interconnecting devices and passive components−Basic test and

measurement procedures−Part 2-4: Tests−Fibre or cable retention + Amendment 1:2020(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“一致している”こ

とを示す。

2

引用規格

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項

を構成している。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS C 61300-1 光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第1部:通則

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 61300-1,Fibre optic interconnecting devices and passive

[ JIS C61300 : 2 : 4 : 2020.pdf Page : 3 / 12 ]ページ TOPへ

2

C 61300-2-4:2020 (IEC 61300-2-4:2019+AMD1:2020)

components−Basic test and measurement procedures−Part 1: General and guidance

JIS C 61300-3-1 光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第3-1部:外観

検査及び機械的検査

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 61300-3-1,Fibre optic interconnecting devices and passive

components−Basic test and measurement procedures−Part 3-1: Examinations and measurements−

Visual examination

JIS C 61300-3-3 光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第3-3部:挿入

損失及び反射減衰量変化のモニタ方法

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 61300-3-3,Fibre optic interconnecting devices and passive

components−Basic test and measurement procedures−Part 3-3: Examinations and measurements−

Active monitoring of changes in attenuation and return loss

JIS C 61300-3-4 光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第3-4部:損失

測定

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 61300-3-4,Fibre optic interconnecting devices and passive

components−Basic test and measurement procedures−Part 3-4: Examinations and measurements−

Attenuation

JIS C 61300-3-6 光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第3-6部:反射

減衰量測定

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 61300-3-6,Fibre optic interconnecting devices and passive

components−Basic test and measurement procedures−Part 3-6: Examinations and measurements−

Return loss

JIS C 61300-3-28 光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第3-28部:過

渡損失測定

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 61300-3-28,Fibre optic interconnecting devices and passive

components−Basic test and measurement procedures−Part 3-28: Examinations and measurements−

Transient loss

IEC 61300-2-38,Fibre optic interconnecting devices and passive components−Basic test and measurement

procedures−Part 2-38: Tests−Sealing for pressurized fibre optic closures

3

用語及び定義

この規格には,定義する用語はない。

4

試験の概要

図1に示すように,供試品を取付具に緩みがないようにしっかりと固定し,光ファイバに引張力を加え

る。この試験で発生する故障モードの例として,次の事項が挙げられる。

a) 光ファイバ被覆の損傷

b) 光ファイバの破断又は損傷

c) 光ファイバクランプ部の故障

d) 光ファイバの抜け

e) 光部品の光接続部又はエンクロージャ封止部の損失の増加

[ JIS C61300 : 2 : 4 : 2020.pdf Page : 4 / 12 ]ページ TOPへ

JIS C 61300-2-4:2020の対応国際規格一覧

  • IEC 61300-2-4:2019(IDT)
  • IEC 61300-2-4:2019/AMENDMENT 1:2020(IDT)

JIS C 61300-2-4:2020の引用国際規格一覧

  • IEC 61300-2-38

JIS C 61300-2-4:2020の国際規格分類一覧

  • 33.180.20

JIS C 61300-2-4:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
C61300-1
光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第1部:通則
C61300-3-1
光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第3-1部:外観検査及び機械的検査
C61300-3-28
光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第3-28部:過渡損失測定
C61300-3-3
光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第3-3部:挿入損失及び反射減衰量変化のモニタ方法
C61300-3-4
光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第3-4部:損失測定
C61300-3-6
光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第3-6部:反射減衰量測定