JISC61300-3-28 : 2020 光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第3-28部:過渡損失測定

JIS C 61300-3-28:2020の規格概要

この規格 C61300-3-28は、光ファイバ接続デバイス及び光受動部品の製品寿命中に加わる機械的なストレスによって生じる高速に変化する損失(過渡損失)を測定する方法について規定。

JISC61300-3-28 規格全文情報

規格番号
JIS C61300-3-28 
規格名称
光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第3-28部:過渡損失測定
制定年月日
2009/07/20
最新改正日
2020/09/23
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

IEC 61300-3-28:2012(IDT)
国際規格分類

ICS

33.180.20
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2009-07-20制定日
  • 2014-10-20確認日
  • 2019-10-21確認日
  • 2020-09-23改正日

C 61300-3-28:2020 (IEC 61300-3-28:2012)

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 注意事項 [ p.2 ]

4 装置 [ p.2 ]

4.1 一般事項 [ p.2 ]

4.2 光源(S)及び励振条件 [ p.3 ]

4.3 受光装置(D) [ p.4 ]

4.4 データ収集装置(DAS) [ p.4 ]

4.5 テンポラリジョイント(TJ) [ p.5 ]

4.6 光ファイバ [ p.5 ]

4.7 モードフィルタ(mf) [ p.5 ]

5 手順 [ p.6 ]

5.1 前処理 [ p.6 ]

5.2 外観検査 [ p.6 ]

5.3 測定 [ p.6 ]

6 個別に規定する事項 [ p.8 ]

附属書A(参考)アナログ−デジタル変換器が満たす特性 [ p.9 ]

[ JIS C61300 : 3 : 28 : 2020.pdf Page : 1 / 12 ]ページ TOPへ

C 61300-3-28:2020 (IEC 61300-3-28:2012)

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第14条第1項の規定に基づき,認定産業標準

作成機関である一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準の案を添えて日本産業規格を改正すべ

きとの申出があり,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。これによって,JIS C 61300-3-28:2009

は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実用新案権に関わる確認に

ついて,責任はもたない。

[ JIS C61300 : 3 : 28 : 2020.pdf Page : 2 / 12 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

C 61300-3-28:2020

(IEC 61300-3-28:2012)

光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第3-28部:過渡損失測定

Fiber optic interconnecting devices and passive components-Basic test and measurement procedures-Part 3-28: Examinations andmeasurements-Transient loss

序文

この規格は,2012年に第2版として発行されたIEC 61300-3-28を基に,技術的内容及び構成を変更する

ことなく作成した日本産業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

1

適用範囲

この規格は,光ファイバ接続デバイス及び光受動部品の製品寿命中に加わる機械的なストレスによって

生じる高速に変化する損失(過渡損失)を測定する方法について規定する。

過渡損失の測定によって,光ファイバに加わる高速の機械的なストレスの影響が明らかになる。このよ

うなストレスは,例えば,落下,振動,衝撃,光ファイバの操作など,装置の様々な動作によって生じる。

したがって,通常,この測定は機械的試験にさらす光部品に対して実施する。

この方法は,伝送システムの性能に影響を与える1 ms未満の非常に速い損失変化を測定する測定装置

及び測定手順ではない。光部品の性能標準で規定した試験で生じる機械的なストレスによる過渡損失を検

出できるよう最適化しており,その間隔は一般的に数十ミリ秒よりも長い。

注記1 この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS C 61300-1に規定されている。

注記2 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 61300-3-28:2012,Fibre optic interconnecting devices and passive components−Basic test and

measurement procedures−Part 3-28: Examinations and measurements−Transient loss(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“一致している”こ

とを示す。

2

引用規格

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項

を構成している。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS C 6802 レーザ製品の安全基準

[ JIS C61300 : 3 : 28 : 2020.pdf Page : 3 / 12 ]ページ TOPへ

2

C 61300-3-28:2020 (IEC 61300-3-28:2012)

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60825-1,Safety of laser products−Part 1: Equipment

classification and requirements

JIS C 61300-1 光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第1部:通則

注記1 対応国際規格における引用規格:IEC 61300-1:2011,Fibre optic interconnecting devices and

passive components−Basic test and measurement procedures−Part 1: General and guidance

注記2 対応国際規格では,発行年2011年版を引用しているが,IEC 61300-1の最新版は2016年

であり,これを基礎とするJIS C 61300-1は2019年に発効されている。

JIS C 61300-3-1 光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第3-1部:外観

検査及び機械的検査

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 61300-3-1,Fibre optic interconnecting devices and passive

components−Basic test and measurement procedures−Part 3-1: Examinations and measurements−

Visual examination

IEC 61300-3-35,Fibre optic interconnecting devices and passive components−Basic test and measurement

procedures−Part 3-35: Examinations and measurements−Visual inspection of fibre optic connectors and

fibre-stub transceivers

3

注意事項

光ファイバ中を伝搬する光パワーは,非線形性による散乱を起こす高いレベルの光パワーにしてはなら

ない。

測定装置と供試品とを接続する光ファイバは,光ファイバの曲げによる損失変動及び伝搬モードの変化

が起こらないように,試験中は固定することが望ましい。

レーザ安全に関する推奨事項は,JIS C 6802に従わなければならない。

4

装置

4.1

一般事項

測定装置には,ミリ秒から数秒までの範囲にわたる損失の変化を検出するため,アナログの電気出力を

取り出す高速な受光装置が必要となる。過渡損失の変化時間が0.5 ms未満の場合,測定装置は,想定され

る過渡損失の速さ及び周期に対して2回の測定ができるものでなければならない。

測定系を,図1に示す。

[ JIS C61300 : 3 : 28 : 2020.pdf Page : 4 / 12 ]ページ TOPへ

JIS C 61300-3-28:2020の対応国際規格一覧

  • IEC 61300-3-28:2012(IDT)

JIS C 61300-3-28:2020の引用国際規格一覧

  • IEC 61300-3-35

JIS C 61300-3-28:2020の国際規格分類一覧

  • 33.180.20

JIS C 61300-3-28:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
C61300-1
光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第1部:通則
C61300-3-1
光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第3-1部:外観検査及び機械的検査
C6802
レーザ製品の安全基準(追補1)