JISC61300-3-54 : 2020 光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第3-54部:円筒形フェルールのフェルール穴軸とフェルール軸との角度ずれ測定

JIS C 61300-3-54:2020の規格概要

この規格 C61300-3-54は、円筒形フェルールのフェルール穴軸とフェルールの外径を基準とした軸との角度ずれの測定手順について規定。

JISC61300-3-54 規格全文情報

規格番号
JIS C61300-3-54 
規格名称
光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第3-54部:円筒形フェルールのフェルール穴軸とフェルール軸との角度ずれ測定
制定年月日
2020/09/23
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

IEC 61300-3-54:2019(IDT)
国際規格分類

ICS

33.180.10
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2020-09-23制定日

C 61300-3-54:2020 (IEC 61300-3-54:2019)

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.2 ]

4 測定方法の概要 [ p.2 ]

5 装置 [ p.2 ]

5.1 一般 [ p.2 ]

5.2 ピンゲージ [ p.3 ]

5.3 フェルール保持具 [ p.3 ]

5.4 ビデオカメラ付き顕微鏡 [ p.3 ]

5.5 精密位置決めステージ [ p.3 ]

5.6 ディスプレイ [ p.3 ]

5.7 コンピュータ [ p.3 ]

6 手順 [ p.3 ]

7 個別に規定する事項 [ p.4 ]

附属書A(参考)測定不確かさ [ p.5 ]

[ JIS C61300 : 3 : 54 : 2020.pdf Page : 1 / 11 ]ページ TOPへ

C 61300-3-54:2020 (IEC 61300-3-54:2019)

まえがき

この規格は,産業標準化法第14条第1項の規定に基づき,認定産業標準作成機関である一般財団法人

日本規格協会(JSA)から,産業標準の案を添えて日本産業規格を制定すべきとの申出があり,経済産業

大臣が制定した日本産業規格である。これによって,JIS C 5961:2009は廃止され,その一部を分割して

制定したこの規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実用新案権に関わる確認に

ついて,責任はもたない。

[ JIS C61300 : 3 : 54 : 2020.pdf Page : 2 / 11 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

C 61300-3-54:2020

(IEC 61300-3-54:2019)

光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第3-54部:円筒形フェルールのフェルール穴軸とフェルール軸との角度ずれ測定

Fiber optic interconnecting devices and passive components-Basic test and measurement procedures-Part 3-54: Examinations and measurements-Angular misalignmentbetween ferrule bore axis and ferrule axis for cylindrical ferrules

序文

この規格は,2019年に第1版として発行されたIEC 61300-3-54を基に,技術的内容及び構成を変更する

ことなく作成した日本産業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

1

適用範囲

この規格は,円筒形フェルールのフェルール穴軸とフェルールの外径を基準とした軸(以下,フェルー

ル軸という。)との角度ずれの測定手順について規定する。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 61300-3-54:2019,Fibre optic interconnecting devices and passive components−Basic test and

measurement procedures−Part 3-54: Examinations and measurements−Angular misalignment

between ferrule bore axis and ferrule axis for cylindrical ferrules(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“一致している”こと

を示す。

2

引用規格

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項

を構成している。この引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 7420 限界プレーンゲージ

注記 対応国際規格における引用規格:ISO 1938-1,Geometrical product specifications (GPS)−

Dimensional measuring equipment−Part 1: Plain limit gauges of linear size

[ JIS C61300 : 3 : 54 : 2020.pdf Page : 3 / 11 ]ページ TOPへ

2

C 61300-3-54:2020 (IEC 61300-3-54:2019)

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1

角度ずれ,θ

フェルール軸とフェルール穴軸とがなす角度

注釈1 角度ずれの単位は,度とする。

注釈2 図1を参照。

図1−フェルール軸とフェルール穴軸との角度ずれ

3.2

フェルール穴軸

フェルール穴に対する最大内接円の中心軸

4

測定方法の概要

円筒形フェルールのフェルール軸とフェルール穴軸との角度ずれの測定手順について規定する。

この測定手順は,フェルール軸を中心に回転するときにフェルール穴に挿入したピンゲージ先端のずれ

を測定することによって,角度ずれθを測定する。

5

装置

5.1

一般

図2に示す装置は,5.2〜5.7に規定する項目を構成する。測定不確かさに悪影響を与えない場合は,代

替機器を使用してもよい。測定不確かさバジェットに最も影響を与える項目を,参考として附属書Aに示

す。

[ JIS C61300 : 3 : 54 : 2020.pdf Page : 4 / 11 ]ページ TOPへ

JIS C 61300-3-54:2020の対応国際規格一覧

  • IEC 61300-3-54:2019(IDT)

JIS C 61300-3-54:2020の国際規格分類一覧

  • 33.180.10

JIS C 61300-3-54:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B7420
限界プレーンゲージ