JIS C 6836:2020 全プラスチックマルチモード光ファイバコード

JIS C 6836:2020 規格概要

この規格 C6836は、屋内で使用する単心及び2心の全プラスチックマルチモード光ファイバ素線上に,樹脂シース(外被)を施した全プラスチックマルチモード光ファイバコードについて規定。

JISC6836 規格全文情報

規格番号
JIS C6836 
規格名称
全プラスチックマルチモード光ファイバコード
規格名称英語訳
All plastic multimode optical fiber cords
制定年月日
1992年9月1日
最新改正日
2020年8月20日
JIS 閲覧
‐ 
対応国際規格

ISO

IEC 60794-2-41:2008(MOD)
国際規格分類

ICS

33.180.10
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
‐ 
改訂:履歴
1992-09-01 制定日, 1997-06-20 確認日, 1999-04-20 改正日, 2004-03-20 確認日, 2008-10-01 確認日, 2013-10-21 確認日, 2018-10-22 確認日, 2020-08-20 改正
ページ
JIS C 6836:2020 PDF [13]
                                                                                   C 6836 : 2020

pdf 目 次

ページ

  •  序文・・・・[1]
  •  1 適用範囲・・・・[1]
  •  2 引用規格・・・・[1]
  •  3 用語及び定義・・・・[2]
  •  4 形名及び種類・・・・[2]
  •  4.1 形名の構成・・・・[2]
  •  4.2 種類・・・・[3]
  •  5 構造・・・・[3]
  •  5.1 一般事項・・・・[3]
  •  5.2 光ファイバ素線・・・・[3]
  •  5.3 シース(バッファ)・・・・[3]
  •  5.4 マーキング・・・・[3]
  •  5.5 構造例・・・・[3]
  •  6 寸法・・・・[4]
  •  7 試験及び要求事項・・・・[4]
  •  7.1 一般事項・・・・[4]
  •  7.2 試験場所の状態・・・・[4]
  •  7.3 寸法・・・・[4]
  •  7.4 外観・・・・[5]
  •  7.5 機械特性・・・・[5]
  •  7.6 耐環境特性・・・・[7]
  •  7.7 伝送特性・・・・[8]
  •  7.8 耐火性能・・・・[8]
  •  8 包装及び1条の標準長さ・・・・[8]
  •  9 製品の呼び方・・・・[9]
  •  10 表示・・・・[9]
  •  附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表・・・・[10]

(pdf 一覧ページ番号 1)

――――― [JIS C 6836 pdf 1] ―――――

           C 6836 : 2020

まえがき

  この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般財団法人
光産業技術振興協会(OITDA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本
産業規格を改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本
産業規格である。これによって,JIS C 6836:1999は改正され,この規格に置き換えられた。
この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。
この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意
を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実
用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

(pdf 一覧ページ番号 2)

――――― [JIS C 6836 pdf 2] ―――――

                                      日本産業規格                            JIS
C 6836 : 2020

全プラスチックマルチモード光ファイバコード

All plastic multimode optical fiber cords

序文

  この規格は,2008年に第1版として発行されたIEC 60794-2-41を基とし,技術的内容を変更して作成し
た日本産業規格である。
なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。
変更の一覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。

1 適用範囲

  この規格は,屋内で使用する単心及び2心の全プラスチックマルチモード光ファイバ素線上に,樹脂シ
ース(外被)を施した全プラスチックマルチモード光ファイバコード(以下,光ファイバコードという。)
について規定する。
注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。
IEC 60794-2-41:2008,Optical fibre cables−Part 2-41: Indoor cables−Product specification for
simplex and duplex buffered A4 fibres(MOD)
なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”
ことを示す。

2 引用規格

  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの
引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。
JIS C 6820 光ファイバ通則
JIS C 6822 光ファイバ構造パラメータ試験方法−寸法特性
注記 対応国際規格 : IEC 60793-1-20,Optical fibres−Part 1-20: Measurement methods and test
procedures−Fibre geometry,IEC 60793-1-21,Optical fibres−Part 1-21: Measurement methods and
test procedures−Coating geometry及びIEC 60793-1-22,Optical fibres−Part 1-22: Measurement
methods and test procedures−Length measurement
JIS C 6823 光ファイバ損失試験方法
注記 対応国際規格 : IEC 60793-1-1,Optical fibres−Part 1-1: Measurement methods and test procedures
−General and guidance,IEC 60793-1-40,Optical fibres−Part 1-40: Measurement methods and test
procedures−Attenuation,IEC 60793-1-46,Optical fibres−Part 1-46: Measurement methods and
test procedures−Monitoring of changes in optical transmittance,IEC 60793-1-47,Optical fibres−

――――― [JIS C 6836 pdf 3] ―――――

           2
C 6836 : 2020
Part 1-47: Measurement methods and test procedures−Macrobending loss及びIEC/TR 62221,
Optical fibres−Measurement methods−Microbending sensitivity
JIS C 6825 光ファイバ構造パラメータ試験方法−光学的特性
JIS C 6837 全プラスチックマルチモード光ファイバ素線
注記 対応国際規格 : IEC 60793-2-40,Optical fibres−Part 2-40: Product specifications−Sectional
specification for category A4 multimode fibres
JIS C 6870-1-2 光ファイバケーブル−第1-2部 : 光ファイバケーブル特性試験方法−総則及び定義
注記 対応国際規格 : IEC 60794-1-2,Optical fibre cables−Part 1-2: Generic specification−Basic optical
cable test procedures−General guidance
JIS C 6870-1-21 光ファイバケーブル−第1-21部 : 光ファイバケーブル特性試験方法−機械特性試験
方法
JIS C 6870-2 光ファイバケーブル−第2部 : 屋内ケーブル−品種別通則
注記 対応国際規格 : IEC 60794-2,Optical fibre cables−Part 2: Indoor cables−Sectional specification
JIS C 60068-1 環境試験方法−電気·電子−第1部 : 通則及び指針
IEC 60189-1,Low-frequency cables and wires with PVC insulation and PVC sheath−Part 1: General test and
measuring methods
IEC 60793-1-50,Optical fibres−Part 1-50: Measurement methods and test procedures−Damp heat (steady
state) ests
IEC 60793-1-51,Optical fibres−Part 1-51: Measurement methods and test procedures−Dry heat (steady state)
tests
IEC 60793-1-52,Optical fibres−Part 1-52: Measurement methods and test procedures−Change of
temperature tests

3 用語及び定義

  この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS C 6820による。

4 形名及び種類

4.1 形名の構成

  光ファイバコードの形名の構成は,JIS C 6820の箇条4(形名)の規定に基づき,次によって配列する。
光ファイ 光ファイ 2次被覆 光ファイ 光ファイ 光ファイバ 光ファイ その他必
バコード - バ心線の の材質を バ素線の - バの材質 の屈折率分 バの寸法 - 要な事項
-
を表す記 数を表す 表す記号 数を表す を表す記 布又は種類 を表す記 を表す記
号 記号 記号 号 を表す記号 号 号
例 OFC2.2 - E 2 - P SI - 980/1000 - A1
a) FC□.□の□.□は光ファイバコードの外径(長径)寸法(mm)であり,小数点以下1桁までの2数
字で表す。
b) 光ファイバ心線の数は,1(単)心の場合は記載しない。
c) 2次被覆(シース)の材質を表す記号は,E : ポリエチレン,V : 塩化ビニル,又はZ : その他のもの
とする。
d) 光ファイバ素線の数は,1(単)心の場合は記載しない。

――――― [JIS C 6836 pdf 4] ―――――

                                                                                             3
C 6836 : 2020
e) 光ファイバの材質を表す記号は,Pとし,全プラスチックを表す。
f) 光ファイバの屈折率分布又は種類を表す記号は,次のいずれかとする。
− SI : マルチモードステップインデックス形
− GI : マルチモードグレーデッドインデックス形
g) 光ファイバの寸法を表す記号は,コア径/クラッド径で表し,単位はマイクロメートル(μm)とする。
h) その他必要な事項を表す記号はA1,A2又はBとし,JIS C 6837の4.1(形名の構成)による。

4.2 種類

  光ファイバコードの種類は,外径寸法,シースの材質,素線の数,寸法及び伝送特性によって分類する。
光ファイバコードの種類及び形名の例を表1に示す。
表1−種類及び形名の例
種類 形名
OFC1.5-E-PSI-485/500
1(単)心全プラスチックマルチモード光ファイバコード
OFC2.2-E-PSI-735/750
OFC2.2-V-PSI-980/1000-A1
2心全プラスチックマルチモード光ファイバコード OFC3.0-E2-PSI-485/500
OFC2.2-E2-PSI-735/750
OFC2.2-V2-PSI-980/1000-B

5 構造

5.1 一般事項

  JIS C 6870-2に規定された箇条3(光ファイバケーブル構成部材及び構造)を満たすとともに,次の事項
に適合しなければならない。
光ファイバコードは,通常,最低15年間の使用年数を想定して設計及び製造しなければならない。その
結果,布設された光ファイバコードの使用波長における伝送損失は,受渡当事者間で協定した値を超えて
はならない。光ファイバコードの材料は,通常の使用中に健康上の被害を発生させてはならない。
受渡当事者間の合意がない限り,出荷単長の光ファイバコードの中に光ファイバ素線の接合があっては
ならない。

5.2 光ファイバ素線

  光ファイバ素線は,JIS C 6837に規定されたものとする。

5.3 シース(バッファ)

  シースは,一層又は多層の不活性材料からなるものとする。
タイト形のシースで購入者の要求がある場合には,光ファイバ素線及びシースは,15 mm25 mmの長
さにわたって一度の動作で容易に除去できなければない。
セミタイト形の場合には,光ファイバ素線及びシースは,0.2 m2.0 mの長さにわたって容易に除去で
きなければならない。

5.4 マーキング

  要求がある場合には,光ファイバコードは,受渡当事者間で協定した方法でマーキングを施さなければ
ならない。

5.5 構造例

  光ファイバコードの構造例を,図1に示す。

――――― [JIS C 6836 pdf 5] ―――――

次のページ PDF 6

JIS C 6836:2020の引用国際規格 ISO 一覧

  • IEC 60794-2-41:2008(MOD)

JIS C 6836:2020の国際規格 ICS 分類一覧

JIS C 6836:2020の関連規格と引用規格一覧

JIS ハンドブックから規格の検索、規格番号や名称が調べて探すことができます。
JIS ハンドブック 一覧 規格 種類別