JISC6870-2 : 2021 光ファイバケーブル−第2部:屋内ケーブル−品種別通則

JIS C 6870-2:2021の規格概要

この規格 C6870-2は、通信ネットワークに使用される屋内用光ファイバケーブルに対する要求事項について規定。

JISC6870-2 規格全文情報

規格番号
JIS C6870-2 
規格名称
光ファイバケーブル−第2部:屋内ケーブル−品種別通則
制定年月日
2006/11/20
最新改正日
2021/01/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

IEC 60794-2:2017(MOD)
国際規格分類

ICS

33.180.10
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2006-11-20制定日
  • 2011-10-20確認日
  • 2016-10-20確認日
  • 2021-01-20改正日

C 6870-2:2021

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.3 ]

4 光ファイバ [ p.3 ]

4.1 一般事項 [ p.3 ]

4.2 伝送特性要求事項 [ p.3 ]

5 ケーブル構成部材及び構造 [ p.3 ]

5.1 一般事項 [ p.3 ]

5.2 バッファ [ p.4 ]

5.3 補強光ファイバ [ p.4 ]

5.4 ポリマチューブ [ p.4 ]

5.5 テープ形光ファイバ心線(リボン)構造 [ p.4 ]

5.6 溝付きコア [ p.4 ]

5.7 抗張力体及び抗座屈体 [ p.5 ]

5.8 電気導体 [ p.5 ]

5.9 ケーブルエレメントの収容 [ p.5 ]

5.10 引裂きひも(紐) [ p.5 ]

5.11 シース [ p.5 ]

5.12 シースマーキング [ p.5 ]

5.13 識別 [ p.6 ]

5.14 ケーブル構造事例 [ p.6 ]

6 設置条件及び作動条件 [ p.6 ]

7 試験 [ p.6 ]

7.1 一般事項 [ p.6 ]

7.2 ケーブルエレメントの特性 [ p.6 ]

7.3 光ファイバケーブル試験 [ p.6 ]

7.4 燃焼特性 [ p.7 ]

8 包装 [ p.7 ]

9 品質保証 [ p.7 ]

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表 [ p.9 ]

[ JIS C6870 : 2 : 2021.pdf Page : 1 / 11 ]ページ TOPへ

C 6870-2:2021

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第14条第1項の規定に基づき,認定産業標準

作成機関である一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準の案を添えて日本産業規格を改正すべ

きとの申出があり,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。これによって,JIS C 6870-2:2006は

改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実用新案権に関わる確認に

ついて,責任はもたない。

[ JIS C6870 : 2 : 2021.pdf Page : 2 / 11 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

C 6870-2:2021

光ファイバケーブル−第2部:屋内ケーブル−品種別通則

Optical fiber cables-Part 2: Indoor cables-Sectional specification

序文

この規格は,2017年に第4版として発行されたIEC 60794-2を基に,国内市場での実績を考慮し,技術

的内容を変更して作成した日本産業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

技術的差異の一覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。

1

適用範囲

この規格は,通信ネットワークに使用される屋内用光ファイバケーブルに対する要求事項について規定

する。また,類似の型のケーブルを必要とする他の用途にも適用可能である。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60794-2:2017,Optical fibre cables−Part 2: Indoor cables−Sectional specification(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”こと

を示す。

2

引用規格

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項

を構成している。これらの引用規格のうち,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その

後の改正版(追補を含む。)は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。)

を適用する。

JIS C 3005 ゴム・プラスチック絶縁電線試験方法

JIS C 3521 通信ケーブル用難燃シース燃焼性試験方法

JIS C 3660-202 電気・光ファイバケーブル−非金属材料の試験方法−第202部:一般試験−非金属シ

ース厚さの測定

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60811-202,Electric and optical fibre cables−Test methods

for non-metallic materials−Part 202: General tests−Measurement of thickness of non-metallic sheath

JIS C 3660-203 電気・光ファイバケーブル−非金属材料の試験方法−第203部:一般試験−仕上寸法

の測定

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60811-203,Electric and optical fibre cables−Test methods

for non-metallic materials−Part 203: General tests−Measurement of overall dimensions

[ JIS C6870 : 2 : 2021.pdf Page : 3 / 11 ]ページ TOPへ

2

C 6870-2:2021

JIS C 3665-1-1 電気ケーブル及び光ファイバケーブルの燃焼試験−第1-1部:絶縁電線又はケーブル

の一条垂直燃焼試験−装置

JIS C 3665-1-2 電気ケーブル及び光ファイバケーブルの燃焼試験−第1-2部:絶縁電線又はケーブル

の一条垂直燃焼試験−1 kW混合ガス炎による方法

JIS C 3665-1-3 電気ケーブル及び光ファイバケーブルの燃焼試験−第1-3部:絶縁電線又はケーブル

の一条垂直燃焼試験−燃焼落下物(粒子)の測定方法

JIS C 3666-2 電気ケーブルの燃焼時発生ガス測定試験方法−第2部:電気ケーブル材料の燃焼時に

おけるpH及び導電率による発生ガスの酸性度測定

JIS C 6820 光ファイバ通則

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60793-2,Optical fibres−Part 2: Product specifications−

General

JIS C 6822 光ファイバ構造パラメータ試験方法−寸法特性

JIS C 6823 光ファイバ損失試験方法

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60793-1-40,Optical fibres−Part 1-40: Attenuation

measurement methods

JIS C 6825 光ファイバ構造パラメータ試験方法−光学的特性

JIS C 6832:2019 石英系マルチモード光ファイバ素線

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60793-2-10:2015,Optical fibres−Part 2-10: Product

specifications−Sectional specification for category A1 multimode fibres

JIS C 6833 多成分系マルチモード光ファイバ素線

JIS C 6835 石英系シングルモード光ファイバ素線

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60793-2-50,Optical fibres−Part 2-50: Product

specifications−Sectional specification for class B single-mode fibres

JIS C 6838 テープ形光ファイバ心線

JIS C 6870-1-21 光ファイバケーブル−第1-21部:光ファイバケーブル特性試験方法−機械特性試験

方法

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60794-1-21,Optical fibre cables−Part 1-21: Generic

specification−Basic optical cable test procedures−Mechanical tests methods

JIS C 6870-1-22 光ファイバケーブル−第1-22部:光ファイバケーブル特性試験方法−環境特性試験

方法

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60794-1-22,Optical fibre cables−Part 1-22: Generic

specification−Basic optical cable test procedures−Environmental test methods

JIS C 6870-1-23 光ファイバケーブル−第1-23部:光ファイバケーブル特性試験方法−ケーブルエレ

メント特性試験方法

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60794-1-23,Optical fibre cables−Part 1-23: Generic

specification−Basic optical cable test procedures−Cable element test methods

JIS C 6870-1-24 光ファイバケーブル−第1-24部:光ファイバケーブル特性試験方法−電気特性試験

方法

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60794-1-24,Optical fibre cables−Part 1-24: Generic

specification−Basic optical cable test procedures−Electric test methods

JIS C 6870-2(規格群) 光ファイバケーブル−第2部

注記 対応国際規格における引用規格:IEC 60794-2 (all parts),Optical fibre cables−Part 2

JIS C 60695-6-31 環境試験方法−電気・電子−耐火性試験−煙による光の不透過度の測定−小規模静

[ JIS C6870 : 2 : 2021.pdf Page : 4 / 11 ]ページ TOPへ

JIS C 6870-2:2021の対応国際規格一覧

  • IEC 60794-2:2017(MOD)

JIS C 6870-2:2021の引用国際規格一覧

  • IEC 60189-1
  • IEC 60332-3-24
  • IEC 60754-1
  • IEC 60794-1-1:2015
  • IEC 61034-1
  • IEC 61034-2
  • IEC TR 61931

JIS C 6870-2:2021の国際規格分類一覧

  • 33.180.10

JIS C 6870-2:2021の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
C3005
ゴム・プラスチック絶縁電線試験方法
C3521
通信ケーブル用難燃シース燃焼性試験方法
C3660-202
電気・光ファイバケーブル−非金属材料の試験方法−第202部:一般試験−非金属シース厚さの測定
C3660-203
電気・光ファイバケーブル−非金属材料の試験方法−第203部:一般試験−仕上寸法の測定
C3665-1-1
電気ケーブル及び光ファイバケーブルの燃焼試験−第1−1部:絶縁電線又はケーブルの一条垂直燃焼試験−装置
C3665-1-2
電気ケーブル及び光ファイバケーブルの燃焼試験−第1−2部:絶縁電線又はケーブルの一条垂直燃焼試験−1kW混合ガス炎による方法
C3665-1-3
電気ケーブル及び光ファイバケーブルの燃焼試験−第1−3部:絶縁電線又はケーブルの一条垂直燃焼試験−燃焼落下物(粒子)の測定方法
C3666-2
電気ケーブルの燃焼時発生ガス測定試験方法−第2部:電気ケーブル材料の燃焼時におけるpH及び導電率による発生ガスの酸性度測定
C60695-6-31
環境試験方法−電気・電子−耐火性試験−煙による光の不透過度の測定−小規模静的試験方法−材料
C6820
光ファイバ通則
C6822
光ファイバ構造パラメータ試験方法−寸法特性
C6823
光ファイバ損失試験方法
C6825
光ファイバ構造パラメータ試験方法−光学的特性
C6832:2019
石英系マルチモード光ファイバ素線
C6833
多成分系マルチモード光ファイバ素線
C6835
石英系シングルモード光ファイバ素線
C6838
テープ形光ファイバ心線(追補1)
C6870-1-21
光ファイバケーブル−第1−21部:光ファイバケーブル特性試験方法−機械特性試験方法
C6870-1-22
光ファイバケーブル−第1−22部:光ファイバケーブル特性試験方法−環境特性試験方法
C6870-1-23
光ファイバケーブル−第1−23部:光ファイバケーブル特性試験方法−ケーブルエレメント特性試験方法
C6870-1-24
光ファイバケーブル−第1−24部:光ファイバケーブル特性試験方法−電気特性試験方法
C6870-2
光ファイバケーブル−第2部:屋内ケーブル−品種別通則