JISC8283-1 : 2019AMENDMENT1 : 2021 家庭用及びこれに類する用途の機器用カプラ−第1部:一般要求事項(追補1)

JIS C 8283-1:2019 AMENDMENT 1:2021の規格概要

この規格 C8283-1は、

JISC8283-1 規格全文情報

規格番号
JIS C8283-1 
規格名称
家庭用及びこれに類する用途の機器用カプラ−第1部:一般要求事項(追補1)
制定年月日
1999/07/20
最新改正日
2021/01/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

29.120.30
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1999-07-20制定日
  • 2003-03-20改正日
  • 2008-04-20改正日
  • 2012-03-21改正日
  • 2016-10-20確認日
  • 2019-03-20改正日
  • 2021-01-20改正日

C 8283-1:2019

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.3 ]

4 一般要求事項 [ p.6 ]

5 試験に関する一般注意事項 [ p.6 ]

6 定格 [ p.7 ]

7 機器用カプラの分類 [ p.7 ]

8 表示 [ p.8 ]

9 寸法及び適合性 [ p.9 ]

10 感電に対する保護 [ p.10 ]

11 接地の装備 [ p.11 ]

12 端子及び終端 [ p.11 ]

13 構造 [ p.11 ]

14 耐湿性 [ p.16 ]

15 絶縁抵抗及び耐電圧 [ p.16 ]

16 コネクタ及び機器用アウトレットの挿入及び引抜きに必要な力 [ p.19 ]

17 コンタクトの動作 [ p.21 ]

18 高温用及び超高温用機器用カプラの耐熱性 [ p.22 ]

19 開閉性能 [ p.22 ]

20 通常操作 [ p.24 ]

21 温度上昇 [ p.24 ]

22 コード及びその接続 [ p.25 ]

23 機械的強度 [ p.31 ]

24 耐熱性及び耐劣化性 [ p.35 ]

25 ねじ,通電部及び接続部 [ p.36 ]

26 空間距離,沿面距離及び固体絶縁 [ p.38 ]

27 絶縁材料の耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性 [ p.41 ]

28 耐腐食性 [ p.42 ]

29 電磁両立性(EMC)要求事項 [ p.42 ]

附属書A(規定)保証トラッキング試験 [ p.43 ]

附属書B(参考)工場で配線する機器用カプラの安全に関係するルーチン試験 [ p.44 ]

附属書C(規定)試験計画 [ p.46 ]

附属書D(参考)典型的な導体断面積の比較 [ p.47 ]

附属書JA(規定)コネクタ及びプラグコネクタのルーチン試験 [ p.48 ]

[ JIS C8283 : 1 : 2019_AMD1 : 2021.pdf Page : 1 / 59 ]ページ TOPへ

C 8283-1:2019 目次

ページ

附属書JB(参考)JISと対応国際規格との対比表 [ p.49 ]

[ JIS C8283 : 1 : 2019_AMD1 : 2021.pdf Page : 2 / 59 ]ページ TOPへ

C 8283-1:2019

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づき,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本

工業規格である。

これによって,JIS C 8283-1:2012は改正され,分割してこの規格とJIS C 8283-3:2019とに置き換えられ

た。また,JIS C 8283-2-2:2008は廃止され,分割してこの規格とJIS C 8283-3:2019とに置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS C 8283の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS C 8283-1 第1部:一般要求事項

JIS C 8283-2-1 第2-1部:ミシン用カプラ

JIS C 8283-2-3 第2-3部:IPX1以上の保護等級をもつ機器用カプラ

JIS C 8283-2-4 第2-4部:機器の質量によってかん(嵌)合するカプラ

JIS C 8283-2-101 第2-101部:電熱機器用カプラ

JIS C 8283-3 第3部:スタンダードシート及びゲージ

[ JIS C8283 : 1 : 2019_AMD1 : 2021.pdf Page : 3 / 59 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

C 8283-1:2019

家庭用及びこれに類する用途の機器用カプラ−第1部:一般要求事項

Appliance couplers for household and similar general purposes-Part 1: General requirements

序文

この規格は,2015年に第3版として発行されたIEC 60320-1を基とし,我が国の配電事情などを考慮し,

技術的内容を変更して作成した日本産業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,附属書JBに示す。また,附属書JAは対応国際規格にはない事項である。

1

適用範囲

この規格は,家庭用及びこれに類する用途で使用する主電源用の電気機器への接続を目的とした,接地

極(コンタクト又はピン)付又は接地極なしの,2極の機器用カプラ(以下,機器用カプラという。)の一

般要求事項について規定する。

この規格は,機器又は装置(以下,機器という。)と一体化した又は機器に組み込んだ機器用インレット

及び機器用アウトレットにも適用できる。

この規格は,定格電圧250 V以下,定格電流16 A以下の交流電源用の機器用カプラに対して適用する。

ただし,定格電圧125 Vの場合には,定格電流20 A以下の機器用カプラにも適用できる。

この規格が対象とする機器用カプラは,通常,周囲温度が40 ℃以下で使用するものとする。ただし,

周囲温度の下限は−5 ℃であって,24時間の平均周囲温度は,35 ℃以下とする。

機器用カプラは,次のように用いてはならない。

− JIS C 8282-1に規定するプラグ及びコンセントシステムの代用

− IEC 61995に規定する照明器具(DCL)又は照明支持カプラ(LSC)を接続するための装置の代用

注記1 直流電源用の機器用カプラは,IEC TC23で別規格として検討中である。

注記2 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60320-1:2015,Appliance couplers for household and similar general purposes−Part 1: General

requirements(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。)

[ JIS C8283 : 1 : 2019_AMD1 : 2021.pdf Page : 4 / 59 ]ページ TOPへ

JIS C 8283-1:2019 AMENDMENT 1:2021の国際規格分類一覧

  • 29.120.30