JISE3010 : 2021 電気転てつ機

JIS E 3010:2021の規格概要

この規格 E3010は、鉄道用分岐器のポイント又は可動クロッシングなどの転換に用いる電気転てつ機について規定。

JISE3010 規格全文情報

規格番号
JIS E3010 
規格名称
電気転てつ機
制定年月日
2021/02/19
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

45.080
主務大臣
国土交通
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2021-02-19制定日

E 3010:2021

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.1 ]

4 種類 [ p.3 ]

5 機能,動作及び方式 [ p.3 ]

5.1 電気転てつ機の機能 [ p.3 ]

5.2 電気転てつ機の動作 [ p.4 ]

5.3 電気転てつ機の方式 [ p.4 ]

6 性能及び構造 [ p.5 ]

6.1 在来線用電気転てつ機の性能及び構造 [ p.5 ]

6.2 新幹線用電気転てつ機の性能及び構造 [ p.5 ]

6.3 側線用電気転てつ機の性能及び構造 [ p.5 ]

附属書A(規定)在来線用電気転てつ機 [ p.6 ]

附属書B(規定)新幹線用電気転てつ機 [ p.15 ]

附属書C(規定)側線用電気転てつ機 [ p.24 ]

[ JIS E3010 : 2021.pdf Page : 1 / 30 ]ページ TOPへ

E 3010:2021

まえがき

この規格は,産業標準化法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本鉄道電気技術協会(JREEA)

及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を制定すべきとの申出

があり,日本産業標準調査会の審議を経て,国土交通大臣が制定した日本産業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。国土交通大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS E3010 : 2021.pdf Page : 2 / 30 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

E 3010:2021

電気転てつ機

Electric point machines

1

適用範囲

この規格は,鉄道用分岐器のポイント又は可動クロッシングなどの転換に用いる電気転てつ機について

規定する。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS E 1311 鉄道−分岐器類用語

JIS E 3013 鉄道信号保安用語

JIS E 3014 鉄道信号保安部品−振動試験方法

JIS E 3017 鉄道信号保安部品−防水試験方法

JIS E 3021 鉄道信号保安部品の絶縁抵抗及び耐電圧試験方法

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS E 1311及びJIS E 3013によるほか,次による。

3.1

動作かん

転換力を直接外部に伝達する機構部分。

3.2

可動レール

ポイント,可動クロッシングなどで,電気転てつ機によって動かされるレール。

3.3

分岐器の鎖錠

列車が所定の方向に通過できるように,分岐器の可動レールを機械的に固定し,保持する機能。

3.4

転換鎖錠システム

分岐器を所定の方向に転換制御し,照査及び鎖錠することで,列車が分岐器上を所定の方向に通過でき

るようにする装置構成。

3.5

動力伝達機器類

転換鎖錠システムを構成する要素のうち,スイッチアジャスタ,エスケープクランクなどの動力を伝え

[ JIS E3010 : 2021.pdf Page : 3 / 30 ]ページ TOPへ

2

E 3010:2021

る受動機器。

3.6

エスケープクランク

転換及び鎖錠を行うクランクで,可動レールを転換するとともに,その位置に保持する構造の機器。原

動クランクと従動クランクとから構成され,従動クランクは転換面と鎖錠(エスケープ)面とをもつ。

3.7

接着照査器

基本レールなどと可動レールとの接着状態が所定の許容範囲内にあるかを照査及び判定するための機器。

3.8

フロントロッド

可動レールの動作を鎖錠かんに伝えるための機器。

3.9

スイッチアジャスタ

転てつ棒と動作かん,エスケープクランクなどとの間を接続して可動レールの転換及び密着力の調整を

行うための機器。

3.10

転換鎖錠器(側線用)

軌間中央に配置し,左右の可動レール先端をリンク機構で接続して,転換機の力によって左右の可動レ

ールの転換及び鎖錠を行うクランクをもつ機器。

3.11

回路制御器(側線用)

基本レールなどと可動レールとの接着状態を確認するため,押棒が所定の量以上押されると検出する機

器。可動レール先端と転てつ棒との間の左右基本レールに取り付け,基本レール腹部に開けた穴から可動

レール側に向けて押棒を出す。

3.12

転換力

動作かんによって可動レールを転換させる力。

3.13

最大転換力

定格電圧で動作かんに加えて転換可能な一定負荷の大きさ

3.14

転換時間

電動モータ回路が構成されてから電気転てつ機が転換を開始し,回路制御器の表示回路接点が構成され

るまでの時間。

3.15

運転電流

ポイントなどの転換中に電動モータ回路に流れる電流で,起動電流を除く最大電流(図1の電流特性図

参照)。

3.16

すべり電流

[ JIS E3010 : 2021.pdf Page : 4 / 30 ]ページ TOPへ

JIS E 3010:2021の国際規格分類一覧

  • 45.080

JIS E 3010:2021の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
E1311
鉄道−分岐器類用語
E3013
鉄道信号保安用語
E3014
鉄道信号保安部品−振動試験方法
E3017
鉄道信号保安部品−防水試験方法
E3021
鉄道信号保安部品の絶縁抵抗及び耐電圧試験方法