JISF1034-6 : 2020 舟艇-船体構造-スカントリング-第6部:構造材配置及び詳細設計

JIS F 1034-6:2020の規格概要

この規格 F1034-6は、JIS F 1034-5、ISO 12215-7、ISO 12215-8及びISO 12215-9に規定していない構造設計詳細及び構造要素について規定。

JISF1034-6 規格全文情報

規格番号
JIS F1034-6 
規格名称
舟艇-船体構造-スカントリング-第6部:構造材配置及び詳細設計
制定年月日
2020/09/23
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 12215-6:2008(IDT)
国際規格分類

ICS

47.080
主務大臣
国土交通
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2020-09-23制定日

F 1034-6:2020 (ISO 12215-6:2008)

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.2 ]

4 記? [ p.3 ]

5 一般 [ p.4 ]

6 構造材配置 [ p.5 ]

6.1 補強 [ p.5 ]

6.2 船こく強度 [ p.7 ]

6.3 荷重伝達 [ p.7 ]

6.4 防とう材スパンの決定 [ p.11 ]

6.5 窓仕切り [ p.13 ]

6.6 セールボートのマストに関するサポート [ p.14 ]

7 FRP構造の詳細 [ p.14 ]

7.1 局部補強 [ p.14 ]

7.2 接着 [ p.16 ]

7.3 主要接合部 [ p.21 ]

7.4 積層の変化 [ p.24 ]

7.5 サンドイッチ構造 [ p.24 ]

7.6 ぎ装品の設置 [ p.24 ]

7.7 エンジンベッド及びガーダ [ p.24 ]

7.8 船内ドレン [ p.27 ]

8 金属構造のための構造詳細 [ p.27 ]

8.1 詳細設計 [ p.27 ]

8.2 端部接合 [ p.27 ]

8.3 船体プレート厚さの増し厚 [ p.27 ]

8.4 保護キール [ p.27 ]

8.5 船内ドレン [ p.27 ]

8.6 機械区画 [ p.27 ]

8.7 溶接標準の良い例 [ p.27 ]

8.8 リベット又は接着剤接合の良い例 [ p.28 ]

9 木材積層の良い例 [ p.28 ]

9.1 端部シーリング [ p.28 ]

9.2 合板の向き [ p.28 ]

9.3 局部構造部材 [ p.29 ]

[ JIS F1034 : 6 : 2020.pdf Page : 1 / 50 ]ページ TOPへ

F 1034-6:2020 (ISO 12215-6:2008) 目次

ページ

9.4 代替基準 [ p.29 ]

10 その他の荷重 [ p.29 ]

11 その他の構造要素 [ p.30 ]

11.1 一般 [ p.30 ]

11.2 ラダーの構造及び接合 [ p.30 ]

11.3 キール接合 [ p.30 ]

11.4 リギング荷重の分布 [ p.30 ]

11.5 この規格で扱わない,その他の構造要素 [ p.30 ]

附属書A(規定)設計区分C及び設計区分Dにおける舟艇のための構造材配置 [ p.31 ]

附属書B(参考)接着又はリベット接合におけるせん断応力の決定 [ p.33 ]

附属書C(参考)溶接手順の実例 [ p.38 ]

附属書D(参考)縦強度解析 [ p.43 ]

[ JIS F1034 : 6 : 2020.pdf Page : 2 / 50 ]ページ TOPへ

F 1034-6:2020 (ISO 12215-6:2008)

まえがき

この規格は,産業標準化法第12条第1項の規定に基づき,一般財団法人日本船舶技術研究協会(JSTRA)

から,産業標準原案を添えて日本産業規格を制定すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経

て,国土交通大臣が制定した日本産業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。国土交通大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS F 1034の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS F 1034-1 第1部:材料:熱硬化性樹脂,ガラス繊維強化材,基準積層材

JIS F 1034-2 第2部:材料:サンドイッチ構造用心材及び補強材

JIS F 1034-3 第3部:材料:鋼,アルミニウム合金,木材及びその他の材料

JIS F 1034-4 第4部:製造所及び製造

JIS F 1034-5 第5部:単胴艇の設計圧力,設計応力,材料寸法の決定

JIS F 1034-6 第6部:構造材配置及び詳細設計

[ JIS F1034 : 6 : 2020.pdf Page : 3 / 50 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

F 1034-6:2020

(ISO 12215-6:2008)

舟艇−船体構造−スカントリング−第6部:構造材配置及び詳細設計

Small craft-Hull construction and scantlings-Part 6: Structural arrangements and details

序文

この規格は,2008年に第1版として発行されたISO 12215-6を基に,技術的内容及び構成を変更するこ

となく作成した日本産業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

1

適用範囲

この規格は,JIS F 1034-5,ISO 12215-7,ISO 12215-8及びISO 12215-9に規定していない構造設計詳細

及び構造要素について規定する。また,この規格は,JIS F 0081に基づく船体の長さ24 mまでの,繊維強

化プラスチック(FRP),アルミニウム,鋼合金,木材,その他ボート建造に適した材料によって建造した

単胴艇及び多胴艇に適用する。

この規格は,二つの機能をもつ。第一には,JIS F 1034-5を補足するための追加説明,計算手順及び公

式を規定している。第二には,構造設計詳細及び構造要素を定めるに当たっての良い実践の原則となる多

くの配置例及び構造設計詳細を規定している。代替配置及び詳細設計の評価を行う場合には,この規格の

規定を用いることによって,評価の基準とすることができる。

注記1 この規格によって規定した構造要件は,チャーター用舟艇を含むレクリエーションのための

舟艇を主に想定しているため,レース用舟艇には適さない。

注記2 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 12215-6:2008,Small craft−Hull construction and scantlings−Part 6: Structural arrangements

and details(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“一致している”

ことを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS F 0081 舟艇−主要データ

注記 対応国際規格:ISO 8666,Small craft−Principal data

JIS F 1034-5 舟艇−船体構造−スカントリング−第5部:単胴艇の設計圧力,設計応力,材料寸法の

決定

[ JIS F1034 : 6 : 2020.pdf Page : 4 / 50 ]ページ TOPへ

JIS F 1034-6:2020の対応国際規格一覧

  • ISO 12215-6:2008(IDT)

JIS F 1034-6:2020の引用国際規格一覧

  • ISO 12215-7
  • ISO 12215-8
  • ISO 12215-9

JIS F 1034-6:2020の国際規格分類一覧

  • 47.080

JIS F 1034-6:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
F0081
舟艇-主要データ
F1034-5
舟艇-船体構造-スカントリング-第5部:単胴艇の設計圧力,設計応力,材料寸法の決定
F1040
舟艇-開口要件-窓,ポートライト,ハッチ,デッドライト及びドア-強度と水密性に関する要求基準