JIS F 7208:2005 船用H形油こし

JIS F 7208:2005 規格概要

この規格 F7208は、船の燃料油及び潤滑油管系に使用するH形油こしについて規定。

JISF7208 規格全文情報

規格番号
JIS F7208 
規格名称
船用H形油こし
規格名称英語訳
Shipbuilding -- Duplex oil strainers (H type)
制定年月日
1959年1月10日
最新改正日
2015年10月26日
JIS 閲覧
‐ 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

47.020.30
主務大臣
国土交通
JISハンドブック
配管 II(製品) 2021
改訂:履歴
1959-01-10 制定日, 1962-01-01 確認日, 1963-01-01 改正日, 1964-03-01 改正日, 1967-03-01 確認日, 1968-04-01 改正日, 1971-02-01 確認日, 1974-02-01 確認日, 1976-11-01 改正日, 1979-02-01 改正日, 1984-01-01 確認日, 1987-03-01 改正日, 1992-12-14 確認日, 1993-07-14 改正日, 1996-11-08 改正日, 2001-03-05 改正日, 2005-12-01 改正日, 2010-09-30 確認日, 2015-10-26 確認
ページ
JIS F 7208:2005 PDF [18]
                                                                                   F 7208 : 2005

まえがき

  この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,財団法人日本船舶
標準協会(JMSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格(日本産業規格)を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調
査会の審議を経て,国土交通大臣が改正した日本工業規格(日本産業規格)である。
  これによって,JIS F 7208:2001は改正され,この規格に置き換えられる。

(pdf 一覧ページ番号 1)

――――― [JIS F 7208 pdf 1] ―――――

F 7208 : 2005

pdf 目 次

ページ

  •  1. 適用範囲・・・・[1]
  •  2. 引用規格・・・・[1]
  •  3. 種類・・・・[2]
  •  4. 流体の状態と最高使用圧力との関係・・・・[2]
  •  5. 構造,形状及び寸法・・・・[2]
  •  6. 材料・・・・[3]
  •  7. 検査・・・・[3]
  •  8. 製品の呼び方・・・・[3]
  •  9. 表示・・・・[4]
  •  9.1 ふた又は油こし本体・・・・[4]
  •  9.2 油こし本体・・・・[4]

(pdf 一覧ページ番号 2)

――――― [JIS F 7208 pdf 2] ―――――

                                       日本工業規格(日本産業規格)                             JIS
                                                                              F 7208 : 2005

船用H形油こし

Shipbuilding−Duplex oil strainers (H type)

1. 適用範囲

 この規格は,船の燃料油及び潤滑油管系に使用するH形油こし(以下,油こしという。)
について規定する。

2. 引用規格

 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す
る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。
 JIS B 0205-1 一般用メートルねじ−第1部 : 基準山形
    JIS B 0205-2 一般用メートルねじ−第2部 : 全体系
    JIS B 0205-3 一般用メートルねじ−第3部 : ねじ部品用に選択したサイズ
    JIS B 0205-4 一般用メートルねじ−第4部 : 基準寸法
    JIS B 1532    平面座スラスト玉軸受
    JIS B 2239    鋳鉄製管フランジ
    JIS B 2401    Oリング
    JIS C 2502    永久磁石材料
    JIS F 7102    船舶機関部管系用ガスケット及びパッキン使用基準
    JIS F 7200    船用こし器の検査通則
    JIS F 7207    船用油こしの金網の使用基準
    JIS F 7209    船用単式油こし
    JIS F 7387    船用青銅16Kコック
    JIS G 3101    一般構造用圧延鋼材
    JIS G 3141    冷間圧延鋼板及び鋼帯
    JIS G 3311    みがき特殊帯鋼
    JIS G 3454    圧力配管用炭素鋼鋼管
    JIS G 3505    軟鋼線材
    JIS G 3506    硬鋼線材
    JIS G 4051    機械構造用炭素鋼鋼材
    JIS G 4053    機械構造用合金鋼鋼材
    JIS G 4303    ステンレス鋼棒
    JIS G 4305    冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯
    JIS G 4309    ステンレス鋼線
    JIS G 4801    ばね鋼鋼材
    JIS G 5501    ねずみ鋳鉄品

――――― [JIS F 7208 pdf 3] ―――――

2
F 7208 : 2005
    JIS G 5502    球状黒鉛鋳鉄品
    JIS H 3100    銅及び銅合金の板及び条
    JIS H 3250    銅及び銅合金棒
    JIS H 3260    銅及び銅合金線
    JIS H 3300    銅及び銅合金継目無管
    JIS H 5120    銅及び銅合金鋳物
    JIS K 7137-1 プラスチック−ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)素材−第1部 : 要求及び分類

3. 種類

 油こしの種類は,形状によってHS形又はHU形とする。また,本体の鋳物材料及びOリング
の材料によってF形,M形及びD形とする。ただし,D形は125A以下に限定し,コック上部・切換部分
の構造によってGP形・OR形及びCL形とする。
  これらの組合せは,表1,表2及び表3による。
                                        表 1 形状の種類
             種類                        形状形式                         適用口径
            HS形    入口・出口が直進方向の形式                           25A200A
            HU形    入口・出口が同一方向(Uターン)の形式                25A125A
                               表 2 本体及びOリング材料の種類
             種類        本体の鋳物材料            Oリングの材料          適用口径
             F形    FC200                     JIS B 2401の1種A           25A200A
            M形     FC200                     JIS B 2401の4種D           25A200A
             D形    FCD400-15                 JIS B 2401の4種D           25A125A
                                表 3 コック上部・切換部分の種類
             種類                    グランド部の構造                     適用口径
            GP形    コック上部ふたのパッキン箱部にグランドパッキン使用   50A200A
            OR形    コック上部ふたのパッキン箱部にOリング使用            25A200A
            CL形    コック上部の切換ハンドルが1本のカムレバー式          50A125A

4. 流体の状態と最高使用圧力との関係

 油こしの流体の状態と最高使用圧力との関係は,表4のとおり
とする。
                             表 4 流体の状態及び最高使用圧力の関係
            流体の種類                     流体温度                      最高使用圧力
                         60 ℃以下   80 ℃以下   100 ℃以下  150 ℃以下
              燃料油       F形                     D形
                                                                           0.4 MPa
              潤滑油             F形               M形         D形
           備考 F形使用の条件でD形又はM形を,M形使用の条件でD形を使用することができる。

5. 構造,形状及び寸法

 油こしの構造,形状及び寸法は,付図1,付図3,付図5,付図7及び付図9
                                    +15
のとおりとし,本体厚さaの許容差は,   %とする。ただし,許容差の計算値が1
                                    −10                                  mm未満の場合は,許
容差は1 mmとする。

――――― [JIS F 7208 pdf 4] ―――――

                                                                                              3
                                                                                   F 7208 : 2005
  また,高メッシュ(200メッシュ以上又は50         下)金網を装備する油こしは,その構造及び取付け
について十分注意する必要がある。

6. 材料

 油こしの材料は,次による。
a) 本体,ふた,コック上部ふた,コック栓及びOリングは,付図2,付図4,付図6,付図8及び付図
    10のとおりとする。
b) その他の材料は,付図2,付図4,付図6,付図8及び付図10によることが望ましい。

7. 検査

 油こしの検査は,JIS F 7200の規定によって,次のa)   e) について行う。
a) 材料検査
b) 外観検査
c) 寸法検査
d) 組立検査
e) 水圧検査 次の試験圧力で行う。
  1) 本体水圧検査 0.6 MPa
  2) コックすり合せ面水漏れ検査 0.44 MPa
                                   6 ml(呼び径)
        ただし,毎分の水漏れ量は,             以下とする。
                                      25 mm

8. 製品の呼び方

 製品の呼び方は,規格の名称又はその略号若しくは規格番号,呼び径及び種類による。
ただし,GP形又はOR形は,製造業者が生産方式を決定するため,注文時には省略してよい。
    例1. 呼び径65のHS形のもので,燃料油の油温60 ℃以下に使用されるもので,パッキン箱部にパ
          ッキン使用のものの場合。
        a) 船用H形油こし HS−65F形−GP形
        b)   FH HS−65F形−GP形(FFHは船用H形油こしの略号,HSは形状,65は呼び径,F形は
            本体及びOリングの材料の種類,GP形はパッキン箱部にパッキン使用を示す。)
        c)   IS F 7208−HS−65F形−GP形
    例2. 呼び径40のHU形のもので,潤滑油の温度100 ℃以下に使用されるもので,パッキン箱部にO
          リング使用のものの場合。
        a) 船用H形油こし HU−40M形−OR形
        b)   FH HU−40M形−OR形(FFHは船用H形油こしの略号,HUはUターン形の形状,40は
            呼び径,M形は本体及びOリングの材料の種類,OR形はパッキン箱部にOリング使用を示
            す。)
        c)   IS F 7208−HU−40M形−OR形
    例3. 呼び径125のHS形のもので,潤滑油の温度150 ℃以下に使用されるもので,コック上部の切
          換ハンドルが1本のカムレバー式のものの場合。
        a) 船用H形油こし HS−125D形−CL形
        b)   FH HS−125D形−CL形(FFHは船用H形油こしの略号,HSは形状,125は呼び径,D形
            は本体及びOリングの材料の種類,CL形はコック上部の切換ハンドルが1本のカムレバー
            式を示す。)

――――― [JIS F 7208 pdf 5] ―――――

4
F 7208 : 2005
        c)   IS F 7208−HS−125D形−CL形

9. 表示

9.1 ふた又は油こし本体

 ふた又は油こし本体の表面に,次の事項を表示しなければならない。
a) 呼び径 例 50
b)   リング及び本体鋳物の種類
c) 製造業者名又はその略号

9.2 油こし本体

 油こし本体の表面に,次の事項を表示しなければならない。
a) 出入口フランジ又は本体表面に流れ方向の矢印
b) 製造年月又はその略号

――――― [JIS F 7208 pdf 6] ―――――

                                                                                              5
                                                                                   F 7208 : 2005
                                                            出入口フランジ座詳細
                                                         空気抜きコック付きのもの
       空気抜きプラグ付きのもの
                        出入口フランジのボルト穴は,本体の中心線振分けとする。
                                                                                     単位 mm
  呼  d  L1   L2     フランジ    参考    本体及びコック    こし筒       据え付足         参考
  び              D     ボルト   全体 L3  H2   H3  D1  a  D2  H5   L4  L5  t   d2  L6 こし計算
  径                             の
                     中心円 ねじの                                                    筒穴質量
                      の径 呼び  高さ                                                 の面 (kg)
                       C    d1   H1                                                   積比
  25 25  115 268 95    75   M10  247 180 82.5  50  70  6  48   98 100 200  10  12 170  15  13.6
  32 40  140 390 115   90   M12  347 240 123   80 110  8  86  148 146 275  13  15 220  25  29.5
  40 40  140 390 120   95   M12  347 240 123   80 110  8  86  148 146 275  13  15 220  16  29.5
 備考1. フランジのボルト中心円の径は,JIS B 2239の呼び圧力5 Kの規定による。
     2. ねじは,JIS B 0205-1-4の規定による。
     3. 空気抜きコック及びプラグは,注文者の指定による。
     4. こし筒穴の径は8 mm,穴のピッチは10 mmとする。
     5. こし網の網目は,注文者の指定による(JIS F 7207参照)。
     6. 磁石の要否は,注文者の指定による。また,形状及び取付方法は他の形式でもよい。
     7. 部品番号(付図2参照)2及び1024の部品は,JIS F 7209の規定と共通である。
     8. こし筒の構造及びこし網の取付方法は,他の形式でもよい。
                       付図 1 HS形で呼び径2540の構造,形状及び寸法

――――― [JIS F 7208 pdf 7] ―――――

6
F 7208 : 2005
                                                        空気抜きコック付きのもの
                      空気抜きプラグ付きのもの
部品番号     部品名称              材料          部品番号     部品名称             材料
   1 本体              JIS G 5501のFC200 (1)    17    ふた押さえボルト  JIS G 3101のSS400
   2 ふた              JIS G 5502のFCD400-15 (2)18    空気抜きプラグ
   3 コック栓                                   19    空気抜きコック    JIS F 7387の規定による。
   4 コック押さえ                               20    ドレン抜きプラグ  JIS G 3101のSS400
   5 コックハンドル    JIS G 5502のFCD450       21    ガスケット        JIS F 7102の規定による。
   6 植込みボルト      JIS G 3101のSS400        22    ガスケット
   7 Uナット           JIS G 3101のSS400        23    空気抜き管        JIS H 3300のC1100T-O
   8 回り止め板        JIS G 3141のSPCC         24    Oリング           JIS B 2401の1種A又は
   9 スラストリング    JIS K 7137-1のPTFE       25    Oリング           4種D
   10   こし筒            JIS G 3141のSPCC         26    Oリング
   11   こし網            JIS H 3260のC2700W又は   27    軸用C形止め輪     JIS G 3311のS60CM
                          JIS G 4309のSUS304       28    植込みボルト      JIS G 3101のSS400
   12   こし筒はめ輪      JIS G 3141のSPCC         29    六角ナット
   13   底板                                       30    磁石              JIS C 2502の規定による。
   14   こし筒押さえ板                             31    十字穴付きなべ小ねじ JIS G 3101のSS400
   15   取っ手兼こし筒押さえ JIS G 4801のSUP3
   16   ふた押さえ        JIS G 4051のS25C又は
                          JIS G 5502のFCD400-15
 注(1)   形及びM形の場合
   (2)   形の場合
 備考 部品名称で太字のものの材料は,6. a) に規定する材料を示す。
                        付図 2 HS形で呼び径2540の部品名称及び材料

――――― [JIS F 7208 pdf 8] ―――――

                                                                                              7
                                                                                   F 7208 : 2005
                                                  コック上部ふたのパッキン箱部に
                                                  Oリング使用(OR形)のもの
                                                                  コック上部の切換ハンドルが1本の
                                                                     カムレバー式(CL形)のもの
                                                                   出入口フランジのボルト穴は,
                                                                   本体の中心線振分けとする。
                                                                                     単位 mm
  呼  d   L1 L2              フランジ             参考               本体及びコック
  び               D      ボルト穴   ねじの  t1  全体の  L3  H2    H3 H4 D1     a   l1  l2  l6
  径                   中心円の径 数 呼びd1       高さ
                           C                    H1 HL
  50 50 180 415 130       105     4   M12   17 516 430 260 219     66 322 120   8 170 150 200
  65 65 215 514 155       130     4   M12   18 660 530 324 272.5   85 405 150   9 200 180 250
  80 80 245 600 180       145     4   M16   20 685 600 380 312    102 470 175  10 250 210 250
 100 100 285 718 200      165     8   M16   20 816 710 456 371    126 565 210  12 300 250 250
 125 125 330 852 235      200     8   M16   20 952 820 544 430.5 157 670 250   14 350 300 250
  呼   こし筒         ねじの呼び                    据え付足                       参考
  び  D2 H5     d2     d4       d5      A   A1  B   B1   L5   L6  t2   d3   こし筒穴の 計算質量
  径                                                                          面積比    (kg)
  50 95 225 M20 M20×1.5 M20×1.5      40   15  40   15 150  302 15    15       15       46.1
  65 120 290 M22 M24×2      M20×1.5  48   18  48   18 185  375 18    19       15       82.2
  80 140 337 M24 M24×2      M20×1.5  55   20  55   20 215  440 20    19       14    131
 100 165 409 M30 M24×2      M20×1.5  65   25  65   25 255  524 22    23       13    201
 125 195 485 M30 M24×2      M24×2    70   25  70   25 305  620 24    23       12    320
 備考1. フランジの寸法は,JIS B 2239の呼び圧力5 Kの規定による。
     2. ねじは,JIS B 0205-1-4の規定による。
     3. 空気抜きコック及びプラグは,注文者の指定による。
     4. こし筒はそれぞれ穴の径8又は12 mm,穴のピッチ10又は15 mmとする。
     5. こし網の網目は,注文者の指定による(JIS F 7207参照)。
     6. 磁石の要否は,注文者の指定による。また,形状及び取付方法は他の形式としてよい。
     7. こし筒の構造及びこし網の取付方法は,他の形式でもよい。
     8. コック上部の構造は,図で示した形状を組み合わせてもよい。
                       付図 3 HS形で呼び径50125の構造,形状及び寸法

――――― [JIS F 7208 pdf 9] ―――――

8
F 7208 : 2005
     呼び径125のもの
 呼び径80125のもの
                               呼び径100及び125のもの
                                       コック上部ふたの
                                       パッキン箱部に          コック上部の切換ハンドルが1本の
                                       Oリング使用(OR形)          カムレバー式(CL形)のもの
                                       のもの
                        付図 4 HS形で呼び径50125の部品名称及び材料

――――― [JIS F 7208 pdf 10] ―――――

                                                                                              9
                                                                                   F 7208 : 2005
部品       部品名称               材料          部品       部品名称               材料
番号                                            番号
  1 本体               JIS G 5501のFC200 (1)   36  十字穴付き皿小ねじ JIS G 3101のSS400
  2 ふた               JIS G 5502のFCD400-15 (2)
                                                 37  十字穴付きなべ小ねじ
  3 コック上部ふた                             38  回り止め小ねじ
  4 コック下部ふた                             39  ばね座金           JIS G 3506のSWRH62B
  5 コック栓           JIS H 5120のCAC406又は  40  止め板             JIS H 3100のS2801P
                         JIS G 5502のFCD400-15
  6 コック棒           JIS G 3101のSS400       41  割ピン             JIS G 3505のSWRM12
  7 コック切換ハンドル JIS G 4051のS25C        42  割ピン
  8 コック引上げハンドル                       43  位置決めピン       JIS G 3101のSS400
  9 ふた押さえ         JIS G 4051のS25C又は    44  空気抜きコック     JIS F 7387の規定による。
                         JIS G 5502のFCD400-15
 10   ふた用取っ手       JIS G 3101のSS400       45  空気抜管           JIS G 3454のSTPG370又は
                                                                        JIS H 3300のC1100T-O
 11   揚程ねじ           JIS G 4051のS25C        46  Oリング            JIS B 2401の1種A又は
 12   ねじはめ輪         JIS H 5120のCAC406      47  Oリング            4種D
 13   パッキン押さえ     JIS G 5501のFC200       48  パッキン           JIS F 7102の規定による。
 14   こし筒はめ輪       JIS G 3101のSS400       49  ガスケット
 15   こし筒                                     50  ガスケット
 16   こし筒底板                                 51  ガスケット
 17   磁石取付棒支え板                           52  六角ナット         JIS G 3101のSS400
 18   取っ手兼こし筒押さえ JIS G 4801のSUP3      53  植込みボルト
 19   こし網             JIS H 3260のC2700W又は  54  六角ナット
                         JIS G 4309のSUS304
 20   こし網押さえ       JIS G 3101のSS400       55  丸リベット         JIS G 3505のSWRM12
 21   支柱                                       56  磁石               JIS C 2502の規定による。
 22   磁石取付棒         JIS H 3250のC3771BD     57  磁石取付金物       JIS H 5120のCAC406
 23   切換表示板         JIS H 3100のC2600P      58  六角ナット         JIS G 3101のSS400
 24   プラグ             JIS G 3101のSS400       59  十字穴付き小ねじ   JIS H 3260のC2700W
 25   ふた押さえボルト                           60  Oリング押さえ      JIS H 5120のCAC406
 26   カラー                                     61  Oリング            JIS B 2401の1種A又は
                                                                        4種D
 27   植込みボルト                               62  切換表示板         JIS G 4309のSUS304
 28   植込みボルト                               63  ダブルナット       JIS G 3101のSS400
 29   植込みボルト                               64  平座金
 30   六角ナット                                 65  コック切換ハンドル JIS G 5502のFCD450
 31   六角ナット                                 66  ピン               JIS G 4303のSUS304
 32   六角ナット                                 67  スプリング         JIS G 4305のSUS304
 33   六角ナット                                 68  ベアリング         JIS B 1532の規定による。
 34   六角ナット                                 69  ストッパー         JIS G 4305のSUS304
 35   六角ボルト                                 70  六角穴付き止めねじ JIS G 4053のSCM435
注(1)   形及びM形の場合
  (2)   形の場合
備考 部品名称で太字のものの材料は,6. a) に規定する材料を示す。
                    付図 4 HS形で呼び径50125の部品名称及び材料(続き)

――――― [JIS F 7208 pdf 11] ―――――

10
F 7208 : 2005
                       出入口フランジのボルト穴は,本体の中心線振分けとする。
                                                                                     単位 mm
 呼び径  d   L1   L2              フランジ            参考            本体及びコック
                       D      ボルト穴   ボルトの t1 全体   L3  H2  H3   H4   D1   a   l1   l2
                           中心円の径 数 ねじの呼    の高
                               C           び d1     さH1
   150  150 410 1 046 265     230     8    M16    22 1 299 680 516 201    818 300 16 370 320
   200  200 490 1 250 320     280     8    M20    24 1 520 820 645 245 1 020 360 18 430 380
 呼び径   こし筒     ねじの呼び                 据え付足                         参考
         D2   H5         d2       A    B    B1    L5   P     t2  ボルト  こし筒穴の  計算質量
                                                                  穴d3     面積比     (kg)
   150   260  580      M36       125   67   22   365   80   25     33       12        565
   200   270  730      M42       160   85   30   430   100  30     27       10         1 183
 備考1. フランジの寸法は,JIS B 2239の呼び圧力5 Kの規定による。
     2. ねじは,JIS B 0205-1-4の規定による。
     3. 空気抜きコック及びプラグは,注文者の指定による。
     4. こし筒はそれぞれ穴の径8又は12 mm,穴のピッチ10又は15 mmとする。
     5. こし網の網目は,注文者の指定による(JIS F 7207参照)。
     6. 磁石の要否は,注文者の指定による。また,形状及び取付方法は他の形式でもよい。
     7. こし筒の構造及びこし網の取付方法は,他の形式でもよい。
     8. フィーリング用座の要否は注文者の指定による。
                     付図 5 HS形で呼び径150及び200の構造,形状及び寸法

――――― [JIS F 7208 pdf 12] ―――――

                                                                                                                                                                                                                    11
                                                                                                                                                                                                          F 7208 : 2005
                                                                                                         部品       部品名称                 材料             部品       部品名称                  材料
                                                                                                         番号                                                 番号
                                                                                                          1    本体                JIS G 5501のFC200           31  六角ナット           JIS G 3101のSS400
                                                                                                          2    ふた                                            32  六角ナット
                                                                                                          3    コック上部ふた                                  33  六角ナット
                                                                                                          4    コック下部ふた                                  34  六角ナット
                                                                                                          5    コック栓            JIS H 5120のCAC406又は      35  六角ナット
                                                       コック上部ふたの                                                            JIS G 5502のFCD400-15
                                                       パッキン箱部にO
                                                                                                          6    コック棒            JIS G 3101のSS400           36  六角ナット
                                                       リング使用(OR形)
                                                       のもの                                             7    コック切換ハンドル  JIS G 4051のS25C            37  六角ボルト
                                                                                                          8    コック引上げハンドル                            38  十字穴付き皿小ねじ
                                                                                                          9    ふた押さえ          JIS G 4051のS25C又は        39  十字穴付きなべ小ねじ
                                                                                                                                   JIS G 5502のFCD400-15
                                                                                                          10   ふた用取っ手        JIS G 3101のSS400           40  回り止め小ねじ
                                                                                                          11   揚程ねじ            JIS G 4051のS25C            41  ばね座金             JIS G 3506のSWRH62B
                                                                                                          12   ねじはめ輪          JIS H 5120のCAC406          42  割ピン               JIS G 3505のSWRM12
                                                                                                          13   パッキン押さえ      JIS G 5501のFC200           43  割ピン
                                                                                                          14   こし筒はめ輪        JIS G 3101のSS400           44  位置決めピン         JIS G 3101のSS400
                                                                                                          15   こし筒                                          45  丸リベット           JIS G 3505のSWRM12
                                                                                                          16   こし筒底板                                      46  空気抜コック         JIS F 7387の規定による
                                                                                                          17   磁石取付棒支え板                                47  空気抜管             JIS G 3454のSTPG370又は
                                                                                                                                                                                        JIS H 3300のC1100T-O
                                                                                                          18   取っ手兼こし筒押さえ JIS G 4801のSUP3           48  Oリング              JIS B 2401の1種A又は4種D
                                                                                                          19   こし網              JIS H 3260のC2700W又は      49  Oリング
                                                                                                                                   JIS G 4309のSUS304
                                                                                                          20   こし網押さえ        JIS G 3101のSS400           50  パッキン             JIS F 7102の規定による
                                                                                                          21   磁石取付棒                                      51  ガスケット
                                                                                                          22   切換表示板          JIS H 3100のC2600P          52  ガスケット
                                                                                                          23   プラグ              JIS G 3101のSS400           53  ガスケット
                                                                                                          24   ふた押さえボルト                                54  磁石                 JIS C 2502の規定による
                                                                                                          25   カラー                                          55  磁石取付金物         JIS H 3250のC3771BD
                                                                                                          26   植込みボルト                                    56  磁石押さえ           JIS H 5120のCAC406
                                                                                                          27   植込みボルト                                    57  位置決めピン         JIS G 3101のSS400
                                                                                                          28   植込みボルト                                    58  十字穴付きなべ小ねじ JIS H 3260のC2700W
                                                                                                          29   六角ボルト                                      59  Oリング押さえ        JIS H 5120のCAC406
                                                                                                          30   六角ナット                                      60  Oリング              JIS B 2401の1種A又は4種D
                                                                                                         備考 部品名称で太字のものの材料は,6. a) に規定する材料を示す。
                                                                                 付図 6 HS形で呼び径150及び200の部品名称及び材料

――――― [JIS F 7208 pdf 13] ―――――

12
F 7208 : 2005
                                                          出入口フランジ座 詳細
                                                             空気抜き
          空気抜きプラグ付きのもの                          コック付きのもの
                       出入口フランジのボルト穴は,本体の中心線振分けとする。
                                                                                      単位 mm
  呼  d   L1  L2      フランジ     参考   本体及びコック   こし筒     据え付足    L6    参考
  び              D ボルト ボルト 全体 L3 H2 H3 D1 a D2 H5 L4 L5           t d2      こし 計算
  径                 中心円 のねじ の                                                筒穴 質量
                      の径  の呼び高さ                                               の面 (kg)
                       C     d1    H1                                                積比
  25 25 57.5 268  95    75   M10   247 180 52.5   80 70 6 48   98 100 200 10 12 170 15     13.6
  32 40 70    390 115   90   M12   347 240 78   125 110 8 86 148 146 275 13 15 220 25      29.5
  40 40 70    390 120   95   M12   347 240 78   125 110 8 86 148 146 275 13 15 220 16      29.5
 備考1. フランジのボルト中心円の径は,JIS B 2239の呼び圧力5 Kの規定による。
     2. ねじは,JIS B 0205-1-4の規定による。
     3. 空気抜きコック及びプラグは,注文者の指定による。
     4. こし筒穴の径は8 mm,穴のピッチは10 mmとする。
     5. こし網の網目は,注文者の指定による(JIS F 7207参照)。
     6. 磁石の要否は,注文者の指定による。また,形状及び取付方法は他の形式としてよい。
     7. 部品番号(付図8参照)2,及び1024の部品は,JIS F 7209の規定と共通である。
     8. こし筒の構造及びこし網の取付方法は,他の形式でもよい。
                       付図 7 HU形で呼び径2540の構造,形状及び寸法

――――― [JIS F 7208 pdf 14] ―――――

                                                                                             13
                                                                                   F 7208 : 2005
                                                           空気抜き
                      空気抜きプラグ付きのもの             コック付きのもの
 部品      部品名称               材料           部品      部品名称              材料
 番号                                            番号
   1 本体               JIS G 5501のFC200 (1)    17  ふた押さえボルト   JIS G 3101のSS400
   2 ふた               JIS G 5502のFCD400-15 (2)18  空気抜きプラグ
   3 コック栓                                    19  空気抜きコック     JIS F 7387の規定による。
   4 コック押さえ                                20  ドレン抜きプラグ   JIS G 3101のSS400
   5 コックハンドル     JIS G 5502のFCD450       21  ガスケット         JIS F 7102の規定による。
   6 植込みボルト       JIS G 3101のSS400        22  ガスケット
   7 Uナット            JIS G 3101のSS400        23  空気抜き管         JIS H 3300のC1100T-O
   8 回り止め板         JIS G 3141のSPCC         24  Oリング            JIS B 2401の1種A又は
   9 スラストリング     JIS K 7137-1のPTFE       25  Oリング            4種D
  10  こし筒             JIS G 3141のSPCC         26  Oリング
  11  こし網             JIS H 3260のC2700W又は   27  軸用C形止め輪      JIS G 3311のS60CM
                         JIS G 4309のSUS304       28  植込みボルト       JIS G 3101のSS400
  12  こし筒はめ輪       JIS G 3141のSPCC         29  六角ナット
  13  底板                                        30  磁石               JIS C 2502の規定による。
  14  こし筒押さえ板                              31  十字穴付きなべ小ねじ JIS G 3101のSS400
  15  取っ手兼こし筒押さえ JIS G 4801のSUP3
  16  ふた押さえ         JIS G 4051のS25C又は
                         JIS G 5502のFCD400-15
 注(1)   形及びM形の場合
   (2)   形の場合
 備考 部品名称で太字のものの材料は,6. a) に規定する材料を示す。
                        付図 8 HU形で呼び径2540の部品名称及び材料

――――― [JIS F 7208 pdf 15] ―――――

次のページ PDF 16

JIS F 7208:2005の国際規格 ICS 分類一覧

JIS F 7208:2005の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
JISB0205-1:2001
一般用メートルねじ―第1部:基準山形
JISB0205-2:2001
一般用メートルねじ―第2部:全体系
JISB0205-3:2001
一般用メートルねじ―第3部:ねじ部品用に選択したサイズ
JISB0205-4:2001
一般用メートルねじ―第4部:基準寸法
JISB1532:2012
転がり軸受―平面座スラスト玉軸受
JISB2239:2013
鋳鉄製管フランジ
JISB2401:2005
Oリング
JISC2502:2019
永久磁石材料
JISF7102:2006
船舶機関部管系用ガスケット及びパッキン使用基準
JISF7200:2015
船用こし器の検査通則
JISF7207:1993
船用油こしの金網の使用基準
JISF7209:2001
船用単式油こし
JISF7387:2010
船用青銅16Kコック
JISG3101:2015
一般構造用圧延鋼材
JISG3101:2020
一般構造用圧延鋼材
JISG3141:2017
冷間圧延鋼板及び鋼帯
JISG3311:2016
みがき特殊帯鋼
JISG3454:2017
圧力配管用炭素鋼鋼管
JISG3505:2017
軟鋼線材
JISG3506:2017
硬鋼線材
JISG4051:2016
機械構造用炭素鋼鋼材
JISG4053:2016
機械構造用合金鋼鋼材
JISG4303:2012
ステンレス鋼棒
JISG4303:2021
ステンレス鋼棒
JISG4305:2012
冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯
JISG4305:2021
冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯
JISG4309:2013
ステンレス鋼線
JISG4801:2011
ばね鋼鋼材
JISG4801:2021
ばね鋼鋼材
JISG5501:1995
ねずみ鋳鉄品
JISG5502:2001
球状黒鉛鋳鉄品
JISH3100:2018
銅及び銅合金の板及び条
JISH3250:2015
銅及び銅合金の棒
JISH3250:2021
銅及び銅合金の棒
JISH3260:2018
銅及び銅合金の線
JISH3300:2018
銅及び銅合金の継目無管
JISH5120:2016
銅及び銅合金鋳物
JISK7137-1:2001
プラスチック―ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)素材―第1部:要求及び分類

JIS ハンドブックから規格の検索、規格番号や名称が調べて探すことができます。
JIS ハンドブック 一覧 規格 種類別