JISF7505 : 2021 船用球状黒鉛鋳鉄(ダクタイル鋳鉄)弁

JIS F 7505:2021の規格概要

この規格 F7505は、船の蒸気管、空気管、燃料油管、潤滑油管、清水管などに使用する球状黒鉛鋳鉄(ダクタイル鋳鉄)弁について規定。

JISF7505 規格全文情報

規格番号
JIS F7505 
規格名称
船用球状黒鉛鋳鉄(ダクタイル鋳鉄)弁
制定年月日
2006/08/10
最新改正日
2021/01/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

23.060.01,47.020.30
主務大臣
国土交通
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2006-08-10制定日
  • 2012-02-24確認日
  • 2016-10-25確認日
  • 2021-01-20改正日

F 7505:2021

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 種類 [ p.2 ]

4 流体の状態と最高使用圧力との関係 [ p.2 ]

5 構造,形状及び寸法 [ p.2 ]

6 材料 [ p.2 ]

7 検査 [ p.2 ]

8 製品の呼び方,略号及び略号の表示方法 [ p.3 ]

8.1 製品の呼び方及び略号 [ p.3 ]

8.2 略号の表示方法 [ p.4 ]

8.3 略号構成の例 [ p.4 ]

9 表示 [ p.5 ]

[ JIS F7505 : 2021.pdf Page : 1 / 11 ]ページ TOPへ

F 7505:2021

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般財団法人

日本船舶技術研究協会(JSTRA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を改正すべきとの申出があり,

日本産業標準調査会の審議を経て,国土交通大臣が改正した日本産業規格である。これによって,JIS F

7505:2006は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。国土交通大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS F7505 : 2021.pdf Page : 2 / 11 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

F 7505:2021

船用球状黒鉛鋳鉄(ダクタイル鋳鉄)弁

Shipbuilding-Spheroidal graphite iron (ductile iron) valves

1

適用範囲

この規格は,船の蒸気管,空気管,燃料油管,潤滑油管,清水管などに使用する球状黒鉛鋳鉄(ダクタ

イル鋳鉄)弁(以下,ダクタイル鋳鉄弁という。)について規定する。

注記 この規格で用いる圧力は,ゲージ圧である。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 0205-1 一般用メートルねじ−第1部:基準山形

JIS B 0205-2 一般用メートルねじ−第2部:全体系

JIS B 0205-3 一般用メートルねじ−第3部:ねじ部品用に選択したサイズ

JIS B 0205-4 一般用メートルねじ−第4部:基準寸法

JIS B 0216-1 メートル台形ねじ−第1部:基準山形及び最大実体山形

JIS B 0216-2 メートル台形ねじ−第2部:全体系

JIS B 0216-3 メートル台形ねじ−第3部:基準寸法

JIS B 2239 鋳鉄製管フランジ

JIS F 7102 船舶機関部管系用ガスケット及びパッキン使用基準

JIS F 7400 船用弁及びコックの検査通則

JIS G 3101 一般構造用圧延鋼材

JIS G 4303 ステンレス鋼棒

JIS G 4305 冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS G 4404 合金工具鋼鋼材

JIS G 5121 ステンレス鋼鋳鋼品

JIS G 5501 ねずみ鋳鉄品

JIS G 5502 球状黒鉛鋳鉄品

JIS H 3100 銅及び銅合金の板及び条

JIS H 3250 銅及び銅合金の棒

JIS H 3260 銅及び銅合金の線

JIS H 5120 銅及び銅合金鋳物

JIS H 5121 銅合金連続鋳造鋳物

[ JIS F7505 : 2021.pdf Page : 3 / 11 ]ページ TOPへ

2

F 7505:2021

3

種類

ダクタイル鋳鉄弁の種類,呼び圧力及び呼び径は,表1による。

表1−種類

弁の種類

種類の記号

呼び圧力

呼び径

玉形弁

FGD

5K,10K,16K 50,65,80,100

アングル弁

FLD

ねじ締め逆止め玉形弁

FGDN

ねじ締め逆止めアングル弁

FLDN

4

流体の状態と最高使用圧力との関係

ダクタイル鋳鉄弁の流体の状態と最高使用圧力との関係は,表2による。ただし,表中のB系列及びS

系列は,箇条6 a) による。

表2−流体の状態と最高使用圧力との関係

単位 MPa

流体の状態

最高使用圧力

呼び圧力

5K

10K

16K

B系列

S系列

B系列

S系列

B系列

S系列

220 ℃以下の蒸気

0.5

1.0

1.6

205 ℃以下の蒸気

0.5

1.0

1.6

空気,ガス,油及び脈動水

120 ℃以下の静流水

0.7

1.4

2.2

5

構造,形状及び寸法

ダクタイル鋳鉄弁の構造,形状及び寸法は図1及び図2のとおりとし,弁箱の厚さaの許容差は(10

15

+)%

とする。ただし,許容差の計算値が1 mm未満の場合には,1 mmまで許容する。

なお,フランジの外径は,機械仕上げ又は黒皮のいずれでもよい。

6

材料

ダクタイル鋳鉄弁の材料は,次のa) 及びb) による。

a) 弁箱,蓋及び要部(弁体,弁座及び弁棒)は,図3による。

なお,要部の材料に銅合金系材料を使用するものをB系列とし,ステンレス鋼系材料を使用したも

のをS系列という。

b) その他の材料は,図3によることが望ましい。

7

検査

ダクタイル鋳鉄弁の検査は,JIS F 7400によって,次のa)〜e) について行う。

a) 材料検査

b) 外観検査

c) 寸法検査

[ JIS F7505 : 2021.pdf Page : 4 / 11 ]ページ TOPへ

JIS F 7505:2021の国際規格分類一覧

  • 23.060.01
  • 47.020.30

JIS F 7505:2021の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B0205-1
一般用メートルねじ−第1部:基準山形
B0205-2
一般用メートルねじ−第2部:全体系
B0205-3
一般用メートルねじ−第3部:ねじ部品用に選択したサイズ
B0205-4
一般用メートルねじ−第4部:基準寸法
B0216-1
メートル台形ねじ−第1部:基準山形及び最大実体山形
B0216-2
メートル台形ねじ−第2部:全体系
B0216-3
メートル台形ねじ−第3部:基準寸法
B2239
鋳鉄製管フランジ
F7102
船舶機関部管系用ガスケット及びパッキン使用基準
F7400
船用弁及びコックの検査通則
G3101
一般構造用圧延鋼材(追補1)
G4303
ステンレス鋼棒
G4305
冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯(追補1)
G4404
合金工具鋼鋼材
G5121
ステンレス鋼鋳鋼品
G5501
ねずみ鋳鉄品
G5502
球状黒鉛鋳鉄品(追補1)
H3100
銅及び銅合金の板及び条
H3250
銅及び銅合金の棒
H3260
銅及び銅合金の線
H5120
銅及び銅合金鋳物
H5121
銅合金連続鋳造鋳物