JISF8523 : 2021 船用電気式エンジンテレグラフ

JIS F 8523:2021の規格概要

この規格 F8523は、発信機と受信器とを電気的に接続して、主機関の操縦に関する発令又は応答を伝送する電気式エンジンテレグラフについて規定。

JISF8523 規格全文情報

規格番号
JIS F8523 
規格名称
船用電気式エンジンテレグラフ
制定年月日
1954/03/26
最新改正日
2021/01/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

47.020.70
主務大臣
国土交通
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1954-03-26制定日
  • 1957-03-26改正日
  • 1960-03-01確認日
  • 1960-11-01改正日
  • 1963-11-01確認日
  • 1966-11-01確認日
  • 1968-02-20改正日
  • 1971-02-01確認日
  • 1973-02-01改正日
  • 1976-02-01確認日
  • 1977-08-01改正日
  • 1979-08-01改正日
  • 1984-11-15確認日
  • 1990-07-05確認日
  • 1993-07-14改正日
  • 1999-03-24改正日
  • 2006-08-10確認日
  • 2012-02-24確認日
  • 2016-10-25確認日
  • 2021-01-20改正日

F 8523:2021

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.1 ]

4 種類 [ p.2 ]

4.1 シンクロ式テレグラフ [ p.2 ]

4.2 ランプ式テレグラフ [ p.2 ]

5 性能 [ p.3 ]

5.1 一般 [ p.3 ]

5.2 指示精度 [ p.3 ]

5.3 制動性 [ p.3 ]

5.4 電源変動 [ p.3 ]

5.5 外被の保護性能 [ p.3 ]

5.6 絶縁抵抗 [ p.3 ]

5.7 耐電圧 [ p.3 ]

5.8 耐環境性 [ p.4 ]

6 構成 [ p.4 ]

7 構造及び形状 [ p.4 ]

7.1 一般 [ p.4 ]

7.2 各形式の構造 [ p.5 ]

7.3 発信装置及び受信装置 [ p.5 ]

7.4 信号処理装置 [ p.6 ]

7.5 音響信号器 [ p.6 ]

7.6 照明装置及びランプ式テレグラフの信号表示 [ p.6 ]

7.7 計器照明灯光度加減器 [ p.6 ]

7.8 文字板 [ p.6 ]

7.9 指針 [ p.6 ]

7.10 附属装置 [ p.6 ]

8 試験 [ p.7 ]

8.1 一般要求事項 [ p.7 ]

8.2 試験項目及び順序 [ p.7 ]

9 製品の呼び方 [ p.7 ]

10 表示 [ p.8 ]

10.1 一般 [ p.8 ]

10.2 コンパス安全距離 [ p.8 ]

[ JIS F8523 : 2021.pdf Page : 1 / 23 ]ページ TOPへ

F 8523:2021

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般財団法人

日本船舶技術研究協会(JSTRA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を改正すべきとの申出があり,

日本産業標準調査会の審議を経て,国土交通大臣が改正した日本産業規格である。これによって,JIS F

8523:1999は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。国土交通大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS F8523 : 2021.pdf Page : 2 / 23 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

F 8523:2021

船用電気式エンジンテレグラフ

Shipbuilding-Electric engine telegraphs

序文

この規格は,1954年に制定され,その後9回の改正を経て今日に至っている。前回の改正は1999年に

行われたが,その後の船舶環境に対応するために改正した。

なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。

1

適用範囲

この規格は,発信器と受信器とを電気的に接続して,主機関の操縦に関する発令又は応答を伝送する電

気式エンジンテレグラフについて規定する。

注記 シンクロ式テレグラフ及びランプ式テレグラフ共に共通する事項は,以下,テレグラフという。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS F 0812 船舶の航海と無線通信機器及びシステム−一般要求事項−試験方法及び試験結果要件

JIS F 8007 船用電気機器−外被の保護等級及び検査通則

JIS F 8062 船用電気設備 第201部 システム設計−一般

JIS F 8076 船用電気設備−第504部:個別規定−制御及び計装

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1

エンジンテレグラフ

操だ(舵)室と機関室との間で主機の発進・停止,速度区分などを命令連絡する通信装置。発信器と受

信器とからなり,共に同一表示の文字板を用いる。

3.2

シンクロ式テレグラフ

シンクロ電機を用い,発信器と受信器とを電気的に接続して,主機関の操縦に関する発令又は応答を伝

送する電気式エンジンテレグラフ。

3.3

ランプ式テレグラフ

ハンドル,ダイヤル,押ボタン,切換スイッチなどを用い,発信器と受信器とを電気的に接続して,主

[ JIS F8523 : 2021.pdf Page : 3 / 23 ]ページ TOPへ

2

F 8523:2021

機関の操縦に関する発令又は応答を伝達し,その表示を白熱電球,発光ダイオードなどの点灯によって通

信を行う電気式エンジンテレグラフ。

3.4

指示精度

発信指示と受信指示との差角の割合。

3.5

制動性

発信指示と受信指示との差角をシンクロ電機の回転子において90°となるようにし,発信ハンドルを固

定して,急に電流を流したとき指示角度が一致するまでにかかる時間。

4

種類

4.1

シンクロ式テレグラフ

形式及び文字板の大きさによって,表1のとおり区分する。

表1−シンクロ式テレグラフの種類

形式

外被の

保護等級

文字板の大きさ

名称

記号

床上形

丸形

単式両面

PRB

IP22

300形

複式両面

PRD

表面形

単式片面

SRS

IP44

300形,400形

埋込形

FRS

IP5X

160形,250形

卓上形

扇形

単式両面

TSB

250形,300形

短冊形

単式片面

TAS

250形,300形,350形

TASE

300形

天井形

丸形

単式三面

CRT

IP22

150形

扇形

CST

200形

応答発信装置を含まないものは,各形式記号の次に,Nを付ける。

表1以外の外被の保護等級が必要とされる場合は,JIS F 8062の表5[保護等級に

対する最低要求(JIS F 8007による)]の規定による。

注記1 記号第1位のPは床上形,Sは表面形,Fは埋込形,Tは卓上形,Cは天井形

を示し,第2位のRは丸形,Sは扇形,Aは短冊形を示し,第3位のSは単

式片面,Bは単式両面,Dは複式両面,Tは単式三面を示し,第4位のEは

主機関の操縦機構とインターロックするものを示す。

注記2 文字板の大きさの数字は,それぞれ文字板可視部の概略寸法(mm)を示す。

注記3 文字板の大きさの“形”は省略してもよい。

4.2

ランプ式テレグラフ

形式及び文字板の大きさ,通信方式,操作方式及び表示方式によって,表2のとおり区分する。

[ JIS F8523 : 2021.pdf Page : 4 / 23 ]ページ TOPへ

JIS F 8523:2021の国際規格分類一覧

  • 47.020.70

JIS F 8523:2021の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
F0812
船舶の航海と無線通信機器及びシステム−一般要求事項−試験方法及び試験結果要件
F8007
船用電気機器−外被の保護等級及び検査通則
F8062
船用電気設備 第201部 システム設計−一般
F8076
船用電気設備−第504部:個別規定−制御及び計装(追補1)