JISG3117 : 2017AMENDMENT1 : 2020 鉄筋コンクリート用再生棒鋼(追補1)

JIS G 3117:2017 AMENDMENT 1:2020の規格概要

この規格 G3117は、

JISG3117 規格全文情報

規格番号
JIS G3117 
規格名称
鉄筋コンクリート用再生棒鋼(追補1)
制定年月日
1969/09/01
最新改正日
2020/12/21
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

77.140.15
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1969-09-01制定日
  • 1972-09-01確認日
  • 1975-11-01改正日
  • 1978-10-01確認日
  • 1984-07-01改正日
  • 1987-03-01改正日
  • 1992-10-01確認日
  • 1998-03-20確認日
  • 2004-03-20確認日
  • 2008-10-01確認日
  • 2013-10-21確認日
  • 2017-10-20改正日
  • 2020-12-21改正日

G 3117:2017

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 種類及び記号 [ p.1 ]

4 製造方法 [ p.1 ]

5 化学成分 [ p.2 ]

6 材料の炭素当量 [ p.2 ]

7 機械的性質 [ p.3 ]

8 形状,寸法,質量及び許容差 [ p.3 ]

8.1 再生丸鋼の形状,寸法,質量及び許容差 [ p.3 ]

8.2 再生異形棒鋼の形状,寸法,質量及び許容差 [ p.4 ]

9 外観 [ p.5 ]

10 試験 [ p.5 ]

10.1 分析試験 [ p.5 ]

10.2 機械試験 [ p.5 ]

10.3 形状,寸法及び質量の測定 [ p.6 ]

11 検査 [ p.7 ]

11.1 検査 [ p.7 ]

11.2 再検査 [ p.7 ]

12 表示 [ p.7 ]

13 報告 [ p.8 ]

[ JIS G3117 : 2017_AMD1 : 2020.pdf Page : 1 / 12 ]ページ TOPへ

G 3117:2017

まえがき

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本

鉄鋼連盟(JISF)から,工業標準原案を具して日本産業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準

調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。

これによって,JIS G 3117:1987は改正され,この規格に置き換えられた。

なお,平成30年10月19日までの間は,工業標準化法第19条第1項等の関係条項の規定に基づくJIS

マーク表示認証において,JIS G 3117:1987によることができる。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS G3117 : 2017_AMD1 : 2020.pdf Page : 2 / 12 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

G 3117:2017

鉄筋コンクリート用再生棒鋼

Rerolled steel bars for concrete reinforcement

1

適用範囲

この規格は,熱間圧延によって製造する,コンクリートの補強に使用する再生棒鋼1) について規定する。

再生棒鋼には,再生丸鋼及び再生異形棒鋼がある。

注1) コイル状のものを含む。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS G 0321 鋼材の製品分析方法及びその許容変動値

JIS G 0404 鋼材の一般受渡し条件

JIS G 0415 鋼及び鋼製品−検査文書

JIS G 1253 鉄及び鋼−スパーク放電発光分光分析方法

JIS G 3191 熱間圧延棒鋼及びバーインコイルの形状,寸法,質量及びその許容差

JIS Z 2241 金属材料引張試験方法

JIS Z 2248 金属材料曲げ試験方法

JIS Z 8401 数値の丸め方

3

種類及び記号

再生丸鋼の種類は1種類,再生異形棒鋼の種類は2種類とし,それらの記号は表1による。

表1−種類の記号

区分

種類の記号

再生丸鋼

SRR235

再生異形棒鋼

SDR295

SDR345

4

製造方法

製造方法は,次による。

a) 再生棒鋼は,鋼板を製造する工程及び製品を採取する際に発生する端材,並びに鋼板の注文質量に対

して余剰となる鋼板を圧延材料(以下,材料という。)とする。

b) 再生棒鋼は,熱間圧延によって製造する。通常,材料を適切な寸法に切断した後に加熱圧延する。

[ JIS G3117 : 2017_AMD1 : 2020.pdf Page : 3 / 12 ]ページ TOPへ

2

G 3117:2017

5

化学成分

再生棒鋼に用いる個々の材料は,10.1によって試験を行い,その分析値は,表2による。

表2−化学成分

単位 %

C

Si

Mn

P

S

Cu

Cr

Mo

Ni

V

Nb

Al

0.27以下 0.55以下 1.90以下 0.030以下 0.020以下 0.10以下 0.50以下 0.35以下 0.30以下 0.10以下a) 0.07以下b) 0.01以上

注a) 再生丸鋼の場合は,0.04未満とする。

b) 再生丸鋼の場合は,0.02未満とする。

6

材料の炭素当量

材料の炭素当量は,種類の記号,径又は呼び名[8.2.2 a)参照],及び合金元素グループによって区分し,

表3〜表5による。炭素当量の値は,10.1による分析値を用い,次の計算式によって算出する。

14

V

4

Mo

5

Cr

40

Ni

24

Si

6

Mn

C

eq

C

ここに,

Ceq: 炭素当量(%)

表3−再生丸鋼SRR235の材料の炭素当量

単位 %

区分

種類の

記号

合金元素グループ

炭素当量

V

Nb

再生丸鋼

SRR235

9 mm

0.04未満

0.02未満

0.25以上 0.35以下

13 mm

16 mm

表4−再生異形棒鋼SDR295の材料の炭素当量

単位 %

区分

種類の

記号

呼び名

合金元素グループ

炭素当量

V

Nb

再生異形

棒鋼

SDR295

D10

0.04未満

0.02未満

0.32以上 0.42以下

0.02以上

0.30以上 0.40以下

0.04以上

0.02未満

0.30以上 0.41以下

0.02以上

0.28以上 0.38以下

D13

0.04未満

0.02未満

0.33以上 0.45以下

0.02以上

0.32以上 0.42以下

0.04以上

0.02未満

0.32以上 0.43以下

0.02以上

0.30以上 0.40以下

[ JIS G3117 : 2017_AMD1 : 2020.pdf Page : 4 / 12 ]ページ TOPへ

JIS G 3117:2017 AMENDMENT 1:2020の国際規格分類一覧

  • 77.140.15