JISG3457 : 2020 配管用アーク溶接炭素鋼鋼管

JIS G 3457:2020の規格概要

この規格 G3457は、

JISG3457 規格全文情報

規格番号
JIS G3457 
規格名称
配管用アーク溶接炭素鋼鋼管
制定年月日
1962/03/01
最新改正日
2020/12/21
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

23.040.10,77.140.10,77.140.75
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1962-03-01制定日
  • 1965-03-01改正日
  • 1968-07-01改正日
  • 1971-10-01確認日
  • 1973-03-01改正日
  • 1976-03-01改正日
  • 1978-12-01改正日
  • 1984-02-01改正日
  • 1988-08-01改正日
  • 1994-06-01確認日
  • 2000-02-20確認日
  • 2005-03-20改正日
  • 2009-10-01確認日
  • 2012-04-20改正日
  • 2016-03-22改正日
  • 2020-10-20確認日
  • 2020-12-21改正日

G 3457:2020

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.1 ]

4 種類の記? [ p.1 ]

5 製造方法 [ p.2 ]

6 化学成分 [ p.2 ]

7 機械的性質 [ p.2 ]

7.1 母材の引張強さ,降伏点又は耐力,及び伸び [ p.2 ]

7.2 溶接部の引張強さ [ p.2 ]

8 水圧試験特性又は非破壊試験特性 [ p.3 ]

9 寸法,単位質量及び寸法許容差 [ p.3 ]

9.1 寸法及び単位質量 [ p.3 ]

9.2 寸法許容差 [ p.4 ]

10 外観 [ p.5 ]

11 試験 [ p.6 ]

11.1 分析試験 [ p.6 ]

11.2 機械試験 [ p.6 ]

11.3 水圧試験又は非破壊試験 [ p.7 ]

12 検査及び再検査 [ p.8 ]

12.1 検査 [ p.8 ]

12.2 再検査 [ p.8 ]

13 表示 [ p.8 ]

14 報告 [ p.8 ]

[ JIS G3457 : 2020.pdf Page : 1 / 10 ]ページ TOPへ

G 3457:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第14条第1項の規定に基づき,認定産業標準

作成機関である一般社団法人日本鉄鋼連盟(JISF)から,産業標準の案を添えて日本産業規格を改正すべ

きとの申出があり,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。これによって,JIS G 3457:2016は改

正され,この規格に置き換えられた。

なお,令和3年12月20日までの間は,産業標準化法第30条第1項等の関係条項の規定に基づくJIS

マーク表示認証において,JIS G 3457:2016を適用してもよい。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実用新案権に関わる確認に

ついて,責任はもたない。

[ JIS G3457 : 2020.pdf Page : 2 / 10 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

G 3457:2020

配管用アーク溶接炭素鋼鋼管

Arc welded carbon steel pipes

1

適用範囲

この規格は,使用圧力の比較的低い蒸気,水,ガス,空気などの配管に用いるアーク溶接炭素鋼鋼管(以

下,管という。)について規定する。

注記 この規格は,通常,外径355.6 mm(呼び径350A又は14B)〜2 032 mm(呼び径2 000A又は80B)

の管に適用されている(9.1参照)。

2

引用規格

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項

を構成している。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS G 0202 鉄鋼用語(試験)

JIS G 0203 鉄鋼用語(製品及び品質)

JIS G 0320 鋼材の溶鋼分析方法

JIS G 0404 鋼材の一般受渡し条件

JIS G 0415 鋼及び鋼製品−検査文書

JIS G 0584 アーク溶接鋼管の超音波探傷検査方法

JIS Z 2241 金属材料引張試験方法

JIS Z 3121 突合せ溶接継手の引張試験方法

JIS Z 8401 数値の丸め方

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS G 0202及びJIS G 0203による。

4

種類の記号

管は,1種類とし,種類の記号は,表1による。

表1−種類の記号

種類の記号

STPY400

[ JIS G3457 : 2020.pdf Page : 3 / 10 ]ページ TOPへ

2

G 3457:2020

5

製造方法

製造方法は,次による。

a) 管は,内外面自動サブマージアーク溶接法によるスパイラルシーム溶接又はストレートシーム溶接に

よって製造する。

b) 管は,溶接のまま,又は溶接した後に冷間拡管成形し,通常,熱処理を行わない。

c) 管端形状は,特に指定のない場合は,プレンエンドとする。注文者がベベルエンドを指定する場合に

は,その形状は受渡当事者間の協定による。ただし,厚さ22 mm以下の管で,特にベベルエンドの形

状の指定のないときには,図1による。

記号説明

t:厚さ(22 mm以下)

図1−ベベルエンドの形状

6

化学成分

管は,11.1によって試験を行い,その溶鋼分析値は,表2による。ただし,必要に応じて,表2に記載

していない合金元素を添加してもよい。

表2−化学成分

単位 %

種類の記号

C

P

S

STPY400

0.25以下

0.040以下

0.040以下

7

機械的性質

7.1

母材の引張強さ,降伏点又は耐力,及び伸び

管,又は管に使用する鋼帯若しくは鋼板は,11.2によって試験を行い,母材(管の溶接部を含まない部

分,又は管に使用する鋼帯若しくは鋼板)の引張強さ,降伏点又は耐力,及び伸びは,表3による。ただ

し,厚さ8 mm未満の管で,5号試験片を用いて引張試験を行う場合の伸びは,表4による。

7.2

溶接部の引張強さ

管の溶接部は,11.2によって試験を行い,その引張強さは,表3による。ただし,拡管成形する管は,

受渡当事者間の協定によって溶接部引張試験を省略してもよい。

[ JIS G3457 : 2020.pdf Page : 4 / 10 ]ページ TOPへ

JIS G 3457:2020の国際規格分類一覧

  • 23.040.10
  • 77.140.10
  • 77.140.75