JISK0115 : 2020 吸光光度分析通則

JIS K 0115:2020の規格概要

この規格 K0115は、分光光度計又は光電光度計を用い,波長範囲として200 nm付近~1 100 nm付近の,物質による光の透過,吸収又は反射を測定し,定量を行う場合の通則について規定。

JISK0115 規格全文情報

規格番号
JIS K0115 
規格名称
吸光光度分析通則
制定年月日
1964/11/01
最新改正日
2020/08/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

71.040.50
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1964-11-01制定日
  • 1968-04-01確認日
  • 1971-03-01確認日
  • 1973-11-01改正日
  • 1978-04-01確認日
  • 1979-03-01改正日
  • 1983-12-01改正日
  • 1989-04-01確認日
  • 1992-02-01改正日
  • 1997-08-20確認日
  • 2002-09-20確認日
  • 2004-03-20改正日
  • 2008-10-01確認日
  • 2013-10-21確認日
  • 2018-10-22確認日
  • 2020-08-20改正日

K 0115:2020

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.1 ]

4 装置 [ p.3 ]

4.1 一般事項 [ p.3 ]

4.2 装置の構成 [ p.3 ]

4.3 装置の性能表示 [ p.7 ]

4.4 附属装置 [ p.8 ]

4.5 付加機能 [ p.11 ]

5 操作方法 [ p.12 ]

5.1 装置の設置条件 [ p.12 ]

5.2 波長目盛及び吸光度目盛の校正 [ p.12 ]

5.3 測定試料の調製 [ p.13 ]

5.4 装置操作条件の設定 [ p.13 ]

5.5 測定準備 [ p.15 ]

6 特定波長における吸収の測定 [ p.16 ]

6.1 複光束方式における測定 [ p.16 ]

6.2 単光束方式における測定 [ p.16 ]

6.3 セルブランク値の測定 [ p.16 ]

7 特定波長範囲における吸収曲線の測定 [ p.17 ]

7.1 複光束方式における測定 [ p.17 ]

7.2 単光束方式における測定 [ p.17 ]

7.3 セルブランク値の測定 [ p.17 ]

8 定量 [ p.17 ]

8.1 一般事項 [ p.17 ]

8.2 前処理 [ p.17 ]

8.3 吸光度及び濃度 [ p.18 ]

8.4 定量法 [ p.18 ]

8.5 定量値の表し方 [ p.20 ]

9 データの質の管理(精度管理) [ p.20 ]

9.1 一般事項 [ p.20 ]

9.2 計量トレーサビリティの確保 [ p.20 ]

9.3 分析値の信頼性の確保 [ p.21 ]

9.4 データの質の管理のための測定 [ p.21 ]

9.5 分析方法の妥当性確認の実施 [ p.21 ]

[ JIS K0115 : 2020.pdf Page : 1 / 31 ]ページ TOPへ

K 0115:2020 目次

ページ

9.6 定期的な装置性能の点検 [ p.21 ]

9.7 作業手順書の作成 [ p.21 ]

10 安全 [ p.21 ]

11 測定結果の記録 [ p.22 ]

12 個別規格で吸光光度分析を分析法として取り入れる際の記載事項 [ p.22 ]

附属書A(参考)不確かさ評価 [ p.23 ]

[ JIS K0115 : 2020.pdf Page : 2 / 31 ]ページ TOPへ

K 0115:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人

日本分析機器工業会(JAIMA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本

産業規格を改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本

産業規格である。これによって,JIS K 0115:2004は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS K0115 : 2020.pdf Page : 3 / 31 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

K 0115:2020

吸光光度分析通則

General rules for molecular absorptiometric analysis

1

適用範囲

この規格は,分光光度計又は光電光度計を用い,波長範囲として200 nm付近〜1 100 nm付近の,物質

による光の透過,吸収又は反射を測定し,定量を行う場合の通則について規定する。ただし,原子吸光光

度計,近赤外分光光度計,赤外分光光度計及びネフェロメーターを用いる方法には適用しない。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS K 0050 化学分析方法通則

JIS K 0211 分析化学用語(基礎部門)

JIS K 0212 分析化学用語(光学部門)

JIS K 0215 分析化学用語(分析機器部門)

JIS R 3505 ガラス製体積計

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS K 0211,JIS K 0212及びJIS K 0215によるほか,次による。

3.1

吸光度(absorbance)

試料を透過した光の強度と透過前の光の強度との比を常用対数で表した数値。

3.2

透過率(transmittance)

光が物質を透過する割合を,透過後の光の強度と透過前の光の強度との比で表したもの。

3.3

透過パーセント(percent transmission)

透過率を百分率で示した値。

3.4

モル吸光係数(molar absorption coefficient)

特定試料の吸光度を,分析種の濃度1 mol/Lで,光路長1 cmのセルを用いた場合に換算した係数。

3.5

正反射(specular reflection,regular reflection)

鏡面のように,光学的反射の法則に従う反射。

[ JIS K0115 : 2020.pdf Page : 4 / 31 ]ページ TOPへ

JIS K 0115:2020の国際規格分類一覧

  • 71.040.50

JIS K 0115:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
K0050
化学分析方法通則
K0211
分析化学用語(基礎部門)
K0212
分析化学用語(光学部門)
K0215
分析化学用語(分析機器部門)
R3505
ガラス製体積計