JIS K 7148-1:2022 プラスチック―エポキシ樹脂―硬化度の求め方―第1部:示差走査熱量測定(DSC)による測定方法

JISK7148-1:2022の概要

JIS K 7148-1:2022の規格概要

閲覧 情報

示差走査熱量計(DSC)によって架橋中に発生する反応熱を測定し,エポキシ樹脂の硬化度を求める方法について規定。

JISK7148-1:2022 規格全文情報

規格番号
JIS K 7148-1:2022
規格名称
プラスチック―エポキシ樹脂―硬化度の求め方―第1部:示差走査熱量測定(DSC)による測定方法
規格名称英語訳
Plastics -- Epoxy resins -- Part 1:Determination of degree of crosslinking of crosslinked epoxy resins by differential scanning calorimetry (DSC)
規格の状態
有効
公示の種類
改正
公示の種類に関する説明(改正)
  1. 主務大臣が当該JISを年月の経過に伴って改めることが必要と認めたとき、改正されます。
  2. 規格番号の西暦年(コロン(:)の後ろの年)は、改正された年になります。
  3. JISの制定、確認又は改正の日から5年を経過する日までに、それがなお適正であるか見直しが行われ、主務大臣が確認、改正又は廃止を行います。
制定年月日
2015年11月20日
最新改正日:確認日
2022年05月20日(改正)
主務大臣
  1. 経済産業
  2. JISは、産業標準化法に基づき、主務大臣が必要と認め制定する国家規格です。
改訂:履歴
2015-11-20 制定日, 2020-10-20 確認日, 2022-05-20 改正日
JIS 閲覧情報
K7148-1, JIS K 7148-1
引用JIS規格
-
対応国際規格
ISO 14322:2018(IDT)
同等性に関する説明 (IDT)
IDT: identical(一致)
  1. 以下の場合、地域又は国家規格は国際規格と一致している。
  2. a) 地域又は国家規格が、技術的内容、構成及び文言において一致している。又は、
  3. b) 地域又は国家規格が、ISO/IEC GUIDE 21-1:2005の4.2節に規定した最小限の編集上の変更はあるが、技術的内容において一致している。「逆も同様の原理」があてはまる。
引用国際規格
ISO 11357-1,ISO 11409
国際規格分類

ICS

83.080.10
正誤票・訂正票
-
JISハンドブック
-
ページ
JIS K 7148-1:2022 PDF [10ページ]

JISK7148-1:2022 改訂 履歴 一覧

JISK7148-1:2022 関連規格と引用規格一覧

JISK7148-1:2022 対応 国際規格 一覧

JISK7148-1:2022 引用 国際規格 一覧

JISK7148-1:2022 国際規格 ICS 分類一覧

JIS ハンドブックから規格の検索、規格番号や名称が調べて探すことができます。
JIS ハンドブック 一覧 規格 種類別