JISL0204-2 : 2020 繊維用語(原料部門)-第2部:化学繊維

JIS L 0204-2:2020の規格概要

この規格 L0204-2は、繊維工業において原料部門の術語として用いる用語のうち、化学繊維の名称を表す用語について規定。

JISL0204-2 規格全文情報

規格番号
JIS L0204-2 
規格名称
繊維用語(原料部門)-第2部:化学繊維
制定年月日
1998/08/20
最新改正日
2020/11/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 2076:2013(MOD)
国際規格分類

ICS

01.040.59,59.060.20
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1998-08-20制定日
  • 2001-08-20改正日
  • 2006-05-20確認日
  • 2010-06-21改正日
  • 2015-10-20確認日
  • 2020-11-20改正日

L 0204-2:2020

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 用語及び定義 [ p.1 ]

附属書JA(参考)その他の化学繊維の名称,化学繊維の分類などを表す用語 [ p.4 ]

附属書JB(参考)JISと対応国際規格との対比表 [ p.5 ]

[ JIS L0204 : 2 : 2020.pdf Page : 1 / 8 ]ページ TOPへ

L 0204-2:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,日本化学繊維

協会(JCFA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を改正す

べきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。

これによって,JIS L 0204-2:2010は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS L 0204の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS L 0204-1 第1部:天然繊維

JIS L 0204-2 第2部:化学繊維

JIS L 0204-3 第3部:天然繊維及び化学繊維を除く原料部門

[ JIS L0204 : 2 : 2020.pdf Page : 2 / 8 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

L 0204-2:2020

繊維用語(原料部門)-第2部:化学繊維

Glossary of terms used in fibre-Part 2: Man-made fibres

序文

この規格は,2013年に第6版として発行されたISO 2076を基に,技術的内容を変更して作成した日本

産業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,附属書JBに示す。また,附属書JAは対応国際規格にはない事項である。

1

適用範囲

この規格は,繊維工業において原料部門の術語として用いる用語のうち,化学繊維の名称を表す用語に

ついて規定する。

注記1 化学繊維とは,繊維質の形で自然界に生成する材料とは全く異なる製造過程で得られる繊維

をいう。

注記2 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 2076:2013,Textiles-Man-made fibres-Generic names(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。

2

用語及び定義

化学繊維の名称を表す主な用語及び定義は,次による。

なお,対応英語を参考として示す。

注記 定義の記述で,“基”,“結合”及び“単位”という用語は,次を意味する。

- “基”という用語は,化学で用いる“基”を意味し,例えば,アセテートのヒドロキシ基

(水酸基)を表す。

- “結合”という用語は,化学結合を表す。

- “単位”という用語は,繰返し単位を表す。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2001

レーヨン

ビスコース法で製造されたセルロース繊維。

rayon,

viscose

2002

ポリノジック

平均重合度が450以上の結晶化度が高いレーヨンの一般名称。

polynosic

2003

モダル

高強度及び湿潤時高弾性率のセルロース繊維。

調湿時の引張強さBC及び湿潤状態で伸び率が5 %となるのに要する

強さBMは,次による。

t

M

t

t

C

5.0

2

3.1

T

B

T

T

B

ここに,Tt:線密度(単位長さ当たりの質量)(dtex)

modal

[ JIS L0204 : 2 : 2020.pdf Page : 3 / 8 ]ページ TOPへ

2

L 0204-2:2020

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2004

リヨセル

有機溶剤紡糸法によって得られるセルロース繊維。有機溶剤とは,

有機化合物と水との混合溶液をいい,溶剤紡糸法とは,セルロース

を誘導体を経ずに直接溶解させて紡糸する方法をいう。

lyocell

2005

キュプラ

銅アンモニア法で製造されたセルロース繊維。

cupro

2101

アセテート

モル比で水酸基の74 %以上92 %未満が酢酸化されている酢酸セル

ロース繊維。この場合,エステル化度は,2.22以上2.76未満とする。

acetate

2102

トリアセテート

モル比で水酸基の92 %以上が酢酸化されている酢酸セルロース繊

維。この場合,エステル化度は,2.76以上3.00以下とする。

triacetate

2103

プロテイン繊維

化学反応によって再生させ,安定化させた天然たんぱく質成分から

成る繊維。

protein fiber

2104

プロミックス

たんぱく質を質量比で30 %以上,60 %未満含み,その他の単位とし

て主にビニルアルコール単位を含む長鎖状合成高分子から成る繊

維。

promix

2201

ビニラール

アセタール化の水準の異なるポリビニルアルコールの長鎖状合成高

分子から成る繊維。

vinylal

2202

ビニロン

ビニルアルコール単位を質量比で65 %以上含む長鎖状合成高分子

から成る繊維。

vinylon

2203

エチレンビニルア

ルコール繊維

モル比で50 %以下のエチレン単位,ビニルアルコール単位などを含

む長鎖状合成高分子から成る繊維。

ethylene vinyl

alcohol fiber

2204

ポリ塩化ビニル

塩化ビニル単位を主成分として形成された長鎖状合成高分子から成

る繊維。

polyvinyl chloride,

chlorofiber

2205

ビニリデン

塩化ビニリデン単位を主成分として形成された長鎖状合成高分子か

ら成る繊維。

polyvinylidene

chloride,

chlorofiber

2206

アクリル

アクリロニトリルの繰返し単位が質量比で85 %以上含む長鎖状合

成高分子から成る繊維。

acrylic

2207

モダクリル

アクリロニトリルの繰返し単位が質量比で35 %以上,85 %未満含む

長鎖状合成高分子から成る繊維。

modacrylic

2208

アクリレート

単量体がアクリレート基(酸型,金属塩型又はエステル類)を質量

比で25 %以上含み,並びにアクリロニトリルの繰返し単位が質量比

で10 %未満,及び架橋中の窒素含有量が質量比で15 %以下を含む

架橋された長鎖状合成高分子から成る繊維。

polyacrylate

2209

ナイロン

繰り返しているアミド結合の85 %以上が脂肪族又は環状脂肪族単

位と結合している長鎖状合成高分子から成る繊維。

nylon,

polyamide

2210

アラミド

2個のベンゼン環に直接結合しているアミド又はイミド結合が質量

比で85 %以上で,イミド結合がある場合は,その数がアミド結合の

数を超えない長鎖状合成高分子から成る繊維。

aramid

2211

ポリエステル

テレフタル酸と2価アルコールとのエステル単位を質量比で85 %以

上含む長鎖状合成高分子から成る繊維。

polyester

2212

ポリエチレンテレ

フタレート

テレフタル酸とエチレングリコールとのエステル単位を質量比で

85 %以上含む長鎖状合成高分子から成る繊維。略称としてPETが用

いられる。

polyethylene

terephthalate

2213

ポリトリメチレン

テレフタレート

テレフタル酸と1,3プロパンジオールとのエステル単位を質量比で

85 %以上含む長鎖状合成高分子から成る繊維。略称としてPTTが用

いられる。

polytrimethylene

terephthalate

2214

ポリブチレンテレ

フタレート

テレフタル酸と1,4ブタンジオールとのエステル単位を質量比で

85 %以上含む長鎖状合成高分子から成る繊維。略称としてPBTが用

いられる。

polybutylene

terephthalate

2215

ポリアリレート繊

単量体が全て芳香族化合物で,その結合部分がモル比で85 %以上を

エステル結合とする長鎖状合成高分子から成る繊維。

polyarylate fiber

[ JIS L0204 : 2 : 2020.pdf Page : 4 / 8 ]ページ TOPへ

JIS L 0204-2:2020の対応国際規格一覧

  • ISO 2076:2013(MOD)

JIS L 0204-2:2020の国際規格分類一覧

  • 01.040.59
  • 59.060.20