JIST0330-1 : 2012 生体活性バイオセラミックス-第1部:多孔質バイオセラミックスの気孔構造の分析方法

JIS T 0330-1:2012の規格概要

この規格 T0330-1は、りん酸カルシウム系多孔質バイオセラミックスの気孔構造の分析方法について規定。

JIST0330-1 規格全文情報

規格番号
JIS T0330-1 
規格名称
生体活性バイオセラミックス-第1部:多孔質バイオセラミックスの気孔構造の分析方法
制定年月日
2012/10/01
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

81.060.20
主務大臣
経済産業,厚生労働
JISハンドブック
ファインセラミックス:2018
改訂:履歴
  • 2012-10-01制定日
  • 2017-10-25確認日

T 0330-1:2012

(1)

目 次

ページ

1 適用範囲 P.1

2 引用規格 P.1

3 用語及び定義 P.1

4 分析方法の種類 P.3

5 顕微鏡写真による気孔サイズ測定方法 P.3

5.1 装置及び器具 P.3

5.2 試料 P.3

5.3 試験方法 P.4

5.4 試験結果の取扱い P.4

5.5 試験結果の記録 P.4

6 水銀圧入法による気孔径分布測定方法 P.5

6.1 一般 P.5

6.2 測定の原理 P.5

6.3 装置及び器具 P.6

6.4 試料 P.9

6.5 試験方法 P.9

6.6 ブランク試験による補正 P.10

6.7 計算 P.11

6.8 報告 P.12

7 微小焦点X線コンピュータ断層撮影(マイクロCT)による気孔構造分析方法 P.12

7.1 装置及びソフトウエア P.12

7.2 試験片 P.13

7.3 試験方法 P.13

7.4 試験結果の取扱い P.14

7.5 報告 P.14

[ T0330-1-2012.pdf Page : 1 / 17 ]ページ TOPへ

T 0330-1:2012

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣及び経済産業大

臣が制定した日本産業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。厚生労働大臣,経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の

特許出願及び実用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS T 0330の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS T 0330-1 第1部:多孔質バイオセラミックスの気孔構造の分析方法

JIS T 0330-2 第2部:多孔質バイオセラミックスの強度試験方法

JIS T 0330-3 第3部:溶解速度試験方法

JIS T 0330-4 第4部:りん酸カルシウム骨ペーストの物理化学的特性の測定方法

[ T0330-1-2012.pdf Page : 2 / 17 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

T 0330-1:2012

生体活性バイオセラミックス−第1部: 多孔質バイオセラミックスの気孔構造の分析方法

Bioceramics-Part 1: Pore analysis of porous calcium phosphate bioceramics

1

適用範囲

この規格は,りん酸カルシウム系多孔質バイオセラミックスの気孔構造の分析方法について規定する。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 7514 直定規

JIS K 8572 水銀(試薬)

JIS R 1600 ファインセラミックス関連用語

JIS R 1633 ファインセラミックス及びファインセラミックス粉体用の走査電子顕微鏡(SEM)観察

のための試料調製方法

JIS R 1655 ファインセラミックスの水銀圧入法による成形体気孔径分布試験方法

JIS S 6032 プラスチック製定規

JIS Z 8401 数値の丸め方

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS R 1600によるほか,次による。

3.1

多孔質バイオセラミックス

人工骨などに用いられる多孔質のりん酸カルシウム系セラミックス。

3.2

マクロ気孔

気孔直径が10 μm以上の気孔。

3.3

円相当径

現出した気孔断面と等しい面積をもつ円の直径(図1参照)。

3.4

インターセプト長さ

現出した気孔断面を横切る直線によって作られる弦の長さ(図1参照)。

[ T0330-1-2012.pdf Page : 3 / 17 ]ページ TOPへ

2

T 0330-1:2012

図1−円相当径及びインターセプト長さの定義

3.5

水銀圧入

圧力をかけて試料の開気孔内に水銀を浸入させること。

なお,この規格で用いる圧力値は,全て絶対圧力値とする。

3.6

水銀ポロシメータ

水銀圧入法によって気孔径分布を測定する装置。

3.7

微小焦点X線コンピュータ断層撮影装置

微小焦点エックス線(X線)管によって発生するX線を使って試験片をX線検出装置に拡大投影して撮

影するコンピュータ断層撮影装置。マイクロCT装置ともいう。通常,コーンビームのX線を二次元検出

器で測定するシステムが用いられる。

3.8

サンプルステージ

試験片を載せて固定する台。360°のスキャンを行うためにサンプルステージが自動的に回転しながら

連続して撮影を行う。ターンテーブル,ステージ,スキャンテーブルなどともいう。

3.9

SOD(Source-to-object distance)

放射線束の方向に測定した線源と試験片との距離。

[ T0330-1-2012.pdf Page : 4 / 17 ]ページ TOPへ

JIS T 0330-1:2012の国際規格分類一覧

  • 81.060.20

JIS T 0330-1:2012の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B7514
直定規
K8572
水銀(試薬)
R1600
ファインセラミックス関連用語
R1633
ファインセラミックス及びファインセラミックス粉体用の走査電子顕微鏡(SEM)観察のための試料調製方法
R1655
ファインセラミックスの水銀圧入法による成形体気孔径分布試験方法
S6032
プラスチック製定規
Z8401
数値の丸め方