JIST1201-2 : 2000 オージオメータ-第2部:語音聴覚検査に用いる機器

JIS T 1201-2:2000の規格概要

この規格 T1201-2は、語音了解度の測定などにおいて,標準化された方法で被検者に語音を呈示する手段を与えるために設計されたオージオメータ又はその部分に対する要求事項を規定。

JIST1201-2 規格全文情報

規格番号
JIS T1201-2 
規格名称
オージオメータ-第2部:語音聴覚検査に用いる機器
制定年月日
2000/08/01
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

IEC 60645-2:1993(MOD)
国際規格分類

ICS

17.140.50
主務大臣
経済産業,厚生労働
JISハンドブック
医療機器III:2018
改訂:履歴
  • 2000-08-01制定日
  • 2009-04-25確認日
  • 2014-10-25確認日
  • 2019-10-25確認日

T 1201-2 : 2000

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣及び厚生大臣

が制定した日本産業規格である。

今回の制定では,国際規格との整合を図るために,対応国際規格IEC 60645-2 : 1993の技術的内容を変

更することなく規定したが,規定内容の一部(8.1の出力レベル調整器の基準位置,9.の校正信号の音圧レ

ベル及び振動の力のレベル及び13.2のマスキング音の音圧レベル)については,日本産業規格として変更

して規定した。

JIS T 1201-2には,次に示す附属書がある。

附属書1(参考) 広く用いられている特定の形式のイヤホンに対する自由音場等価出力の補正値

JIS T 1201は次に示す部構成となっている。

第1部:純音オージオメータ

第2部:語音聴覚検査に用いられる機器

[ T1201-2-2000.pdf Page : 1 / 14 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

T 1201-2 : 2000

オージオメータ− 第2部:語音聴覚検査に用いる機器

Audiometers− Part 2:Equipment for speech audiometry

序文 この規格は,1993年に第1版として発行されたIEC 60645-2, Audiometers−Part 2:Equipment for

speech audiometryを翻訳し,技術的内容を変更することなく作成した日本産業規格であるが,規定内容の

一部(8.1の出力レベル調整器の基準位置,9.の校正信号の音圧レベル及び振動の力のレベル及び13.2のマ

スキング音の音圧レベル)については,日本産業規格として変更して作成した。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。

1. 適用範囲 この規格は,例えば,語音了解度の測定などにおいて,標準化された方法で被検者に語音

を呈示する手段を与えるために設計されたオージオメータ又はその部分に対する要求事項を規定する。

オージオメータは,四つのタイプに分類される。タイプAは,広範囲の機能を備えるもの,タイプBは,

基本的な機能に限られているものである。両方のタイプのオージオメータには,イヤホンの自由音場等価

出力レベルによって校正されるものがあり,その場合には,それぞれタイプA-E及びタイプB-Eのように

表示される。

この規格は,個々の被検者に対して明りょう(瞭)度が最大となる周波数応答曲線を決定するための,

周波数応答の調節機能を備えた語音オージオメータについての要求事項は含まない。

この規格の目的は,検査音として語音を用いる聴覚検査において,ある被検者をこの規格による別のオ

ージオメータで検査したときにも,規定の校正方法のもとでは実質的に同じ結果が得られることを保証す

ることである。また,イヤホン及び骨導受話器の発生する出力レベルについて,次の二つの規定,校正及

び試験の方法が示されている。

a) タイプA-E及びタイプB-Eのオージオメータを使用した自由音場等価出力レベル法。

b) タイプA及びタイプBのオージオメータを使用した無補正カプラ出力レベル法。

備考1. 検査結果は,オージオメータ以外の,例えば検査材料,検査室,スピーカなどにも依存する。

2. この規格の対応国際規格を次に示す。

IEC 60645-2, Audiometers−Part 2 : Equipment for speech audiometry

2. 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発効年(又は発行年)を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの

規格の規定を構成するものであって,その後の改訂版・追補には適用しない。発効年(又は発行年)を付

記していない引用規格は,その最新版を適用する。

[ T1201-2-2000.pdf Page : 2 / 14 ]ページ TOPへ

2

T 1201-2 : 2000

JIS C 1505 精密騒音計

備考 IEC 60651 : 1979, Sound level metersのType 1についての引用事項は,JIS C 1505の該当事項

と同等である。

JIS T 1201-1 オージオメータ−第1部:純音オージオメータ

備考 IEC 60645-1 : 1992, Audiometers−Part 1:Pure-tone audiometersが,JIS T 1201-1の本体と一致

している。

また,IEC 60303 : 1970, IEC provisional reference coupler for the calibration of earphones used in

audiometryの規定がJIS T 1201-1の附属書4と一致している。

IEC 60318 : 1970, An IEC artificial ear, of the wide band type, for the calibration of earphones used

in audiometryの規定がJIS T 1201-1の附属書5と一致している。

IEC 60373 : 1990, Mechanical coupler for measurements on bone vibratorsの規定がJIS T 1201-1

の附属書6と一致している。

IEC 60268-7 : 1996, Sound system equipment−Part 7:Headphones and earphones

IEC 60268-17 : 1990, Sound system equipment−Part 17:Standard volume indicators

IEC 61260 : 1995, Electroacoustics−Octave-band and fractional-octave band filters

参考 上記IEC規格番号は,1997年1月1日から実施されたIEC規格新番号体系によるものである。

これより前に発行された規格については,規格票に記載された規格番号に60000を加えた番号

に切り替えている。これは,番号だけの切替えであり,内容は同一である。

ISO 266 : 1975, Acoustics−Prefered frequencies for measurements

3. 定義 この規格で用いる主な用語の定義は,JIS T 1201-1の3.(定義)によるほか次による。

3.1

語音聴覚検査用の機器(語音オージオメータ) [equipment for speech audiometry (speech

audiometer)] 語音検査材料を使用した聴覚検査のための機器。

3.2

語音信号 (speech signal) 人の音声又は合成音声によって作られた検査信号。

3.3

語音聴力レベル (hearing level for speech) 特定の語音信号と特定の信号呈示方法において,語音レ

ベルから適切な基準語音了解域値レベルを引いた値。

3.4

語音レベル (speech level) 適切なカプラ,人工耳又は音場において,特定の周波数補正回路及び時

間の重み特性によって測定された語音信号及び音圧レベル又は振動の力のレベル。

備考1. 例えば,C特性の周波数補正回路を用い,語音信号をその接続時間にわたり積分することに

よって決定される等価音圧レベル又は振動の力のレベルとして,語音レベルを表示してもよ

い。個々の検査語音が無音区間をもって分離している検査リストの場合には,積分はこの無

音区間を含むべきではない。個々の検査語音がキャリアフレーズをもつ検査リストの場合に

は,積分は検査語音だけを含むべきである。

2. 分離した個々の検査語音からなる検査リストの場合には,等価音圧レベルは,C特性の周波

数補正回路と時間の重み特性のI(JIS C 1505の解説を参照)を用いた最大測定音圧レベルの

平均から5dBを引いて数値化してもよい。

3.5

語音了解域値レベル (speech recognition threshold level) 特定の聴取者について,特定の語音信号

及び特定の信号呈示方式による語音了解度が50%となる最小の語音レベル。

備考 語音了解域値は,語音聴取域値と呼ばれてきた。

参考 語音了解域値レベルは,語音聴力レベルに換算して使用されることが多い。

[ T1201-2-2000.pdf Page : 3 / 14 ]ページ TOPへ

3

T 1201-2 : 2000

3.6

基準語音了解域値レベル (reference speech recognition threshold level) 特定の語音信号と特定の信

号呈示方式において,18歳〜25歳の十分な数の耳科学的に正常な男女の被験者を対象集団とし,検査材料

がその集団に適している場合の語音了解域値レベルの中央値。

3.7

イヤホンのカプラ感度及びカプラ感度レベル (coupler sensitivity, coupler sensitivity level of an

ear-phone)

3.7.1

カプラ感度 (coupler sensitivity) 与えられた周波数において,音響カプラ又は人工耳内でイヤホ

ンが発生する音圧をイヤホンの端子に加えられた電圧で除した値。

3.7.2

カプラ感度レベル (coupler sensitivity level) カプラ感度を基準の感度1Pa/Vで除した値の常用対

数の20倍。

備考 骨導受話器のカプラ感度及びカプラ感度レベルは,これらに対応する方法で定義される。

3.8

イヤホンの自由音場感度及び自由音場感度レベル (free-field sensitivity, free-field sensitivity level of

an earphone)

3.8.1

自由音場感度 (free-field sensitivity) 与えられた周波数において,少なくとも10名の耳科学的に

正常な被験者が,正面から入射する平面進行音波(入射角0

)とイヤホンから発生する音とを聞き比べた

場合に,両者を同じ大きさと平均的に判定するようにイヤホンの端子に加えられた同じ周波数の電圧でそ

の平面進行音波の音圧を除した値。このとき,この二つの音は同一の片耳で聴く。

備考 試験方法は,IEC 60268-7に規定されている。音の大きさの比較は,両耳を用いて行ってもよ

いが,得られた感度は単一のイヤホンに対する値である。

3.8.2

自由音場感度レベル (free-field sensitivity level) 自由音場感度を基準の感度1Pa/Vで割った値の

常用対数の20倍。

備考 骨導受話器の自由音場感度及び自由音場感度レベルは,これらに対応する方法で定義される。

3.9

自由音場等価イヤホン出力レベル (free-field equivalent earphone output level) 語音オージオメー

タにおいて,イヤホンが発生する音圧レベルを,これと等価な自由音場音圧レベルに換算した値。与えら

れた周波数において,このレベルは,音響カプラ又は人工耳に対してイヤホンが発生する音圧レベルに,

用いられたイヤホンの形式の,その周波数における自由音場感度レベルとカプラ感度レベルの差に相当す

る補正値を加えることによって得られる。

備考 自由音場等価出力レベルに換算した語音オージオメータの校正によって,異なった種類の変換

器,すなわち,イヤホン,骨導受話器又はスピーカを用いた聴覚検査結果を,互いに直接比較

することが可能となる。

3.10 自由音場等価骨導出力レベル (free-field equivalent bone vibrator output level) 語音オージオメー

タにおいて,骨導受話器が発生する振動の力のレベルを,これと等価な自由音場音圧レベルに換算した値。

与えられた周波数において,このレベルは,メカニカルカプラ上に圧定した骨導受話器が発生する振動の

力のレベルに,用いられた骨導受話器の形式のその周波数における自由音場感度レベルとカプラ感度レベ

ルの差に相当する補正値を加えることによって得られる。

備考 3.9の備考を参照。

3.11 語音に対する実効マスキングレベル (effective masking level for speech) 特定のマスキング音のレ

ベル表示方法であって,正常な人の語音了解域値レベルがそのマスキング音の存在下で,ある語音聴力レ

ベルまで上昇するときに,その上昇した語音聴力レベルと等しい数値でもって表したマスキング音のレベ

ル。正常な人とは,その人の聴覚が域値とマスキング効果についての基準に一致する人である(JIS T 1201-1

の附属書1及び附属書3)。

[ T1201-2-2000.pdf Page : 4 / 14 ]ページ TOPへ

JIS T 1201-2:2000の対応国際規格一覧

  • IEC 60645-2:1993(MOD)

JIS T 1201-2:2000の引用国際規格一覧

  • IEC 60268-17:1990
  • IEC 60268-7:1996
  • IEC 61260:1995
  • ISO 266:1975

JIS T 1201-2:2000の国際規格分類一覧

  • 17.140.50

JIS T 1201-2:2000の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
C1505
-
T1201-1
聴覚検査機器-第1部:純音聴力検査及び語音聴覚検査に用いる機器