JIST6001 : 2012 歯科用医療機器の生体適合性の評価

JIS T 6001:2012の規格概要

この規格 T6001は、歯科用医療機器の生物学的影響を評価する試験方法について規定。

JIST6001 規格全文情報

規格番号
JIS T6001 
規格名称
歯科用医療機器の生体適合性の評価
制定年月日
2005/03/25
最新改正日
2016/10/01
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 7405:2008(MOD)
国際規格分類

ICS

11.060.10,11.100
主務大臣
厚生労働
JISハンドブック
医療機器IV:2018
改訂:履歴
  • 2005-03-25制定日
  • 2009-10-01確認日
  • 2012-03-01改正日
  • 2016-10-01改正日

T 6001:2012

目 次

ページ

序文 P.1

1 適用範囲 P.1

2 引用規格 P.1

3 用語及び定義 P.2

4 医療機器のカテゴリ化 P.3

4.1 接触様式によるカテゴリ化 P.3

4.2 接触期間によるカテゴリ化 P.4

5 生物学的評価プロセス P.4

5.1 一般 P.4

5.2 試験の選択及び結果の全体評価 P.4

5.3 試験方法の選択 P.5

5.4 試験の種類 P.5

5.5 生体適合性の再評価 P.6

6 歯科材料のための試験手順 P.6

6.1 試料調製のための推奨事項 P.6

6.2 寒天拡散試験 P.7

6.3 フィルタ拡散試験 P.10

6.4 歯髄・象牙質使用模擬試験 P.13

6.5 覆髄試験 P.17

6.6 根管充塡使用模擬試験 P.19

附属書A(参考)歯科用医療機器の生体適合性の評価を行う上で考慮する試験の種類 P.22

附属書B(参考)象牙質バリア細胞毒性試験 P.23

附属書C(参考)急性毒性試験 P.30

参考文献 P.31

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表 P.33

[ JIS T6001 : 2012.pdf Page : 1 / 36 ]ページ TOPへ

T 6001:2012

まえがき

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,日本歯科材料工業

協同組合(JDMA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本産業規格を改正す

べきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣が改正した日本産業規格である。

これによって,JIS T 6001:2005は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。厚生労働大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS T6001 : 2012.pdf Page : 2 / 36 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

T 6001:2012

歯科用医療機器の生体適合性の評価

Evaluation of biocompatibility of medical devices used in dentistry

序文

この規格は,2008年に第2版として発行されたISO 7405を基とし,引用規格の変更などの技術的内容

を変更して作成した日本産業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。

この規格は,歯科用医療機器(歯科材料を含む。)の生体適合性について規定する。また,この規格は,

JIS T 0993-1及びISO 10993規格群と併せて用いる。また,この規格は,歯科において適用されてきた実

績をもち,歯科用医療機器に固有の特殊性を踏まえた特徴ある試験で,十分にデータが公表されていると

みなされるものについて実施方法の詳細を含む。医療機器としての生体適合性評価のための試験方法は,

JIS T 0993-1及びISO 10993規格群に含まれているので,それらの詳細は,この規格から除外している。

さらに,試験方法を推奨するに当たって,動物の使用を最小限にすることを優先した。他の試験では要

求する評価の結果が得られないという証拠を十分慎重に検討した後に,初めて動物を使う試験の実施を決

定する。試験に要する個体数を最小限にするために,複数の試験(例えば,歯髄・象牙質使用模擬試験及

び覆髄試験)を同じ個体に同時に行うことができる。

なお,医療機器の使用に伴うリスクを評価する試験方法については,詳細には規定していない。

附属書Aは,歯科用医療機器の生体適合性の評価を行う上で考慮する試験の種類を示している。附属書

B及び附属書Cは,歯科用医療機器の生体適合性の評価において,動物の使用を更に少なくするインビト

ロ(in vitro)及びエクスビボ(ex vivo)試験の適用を推奨するためのものである。

1

適用範囲

この規格は,歯科用医療機器の生物学的影響を評価する試験方法について規定する。この規格は,試験

する医療機器の構成要素となっている薬理学的作用をもつ物質の試験も含む。

この規格は,患者の身体に直接的にも間接的にも接触しない材料及び機器の試験には適用しない。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 7405:2008,Dentistry−Evaluation of biocompatibility of medical devices used in dentistry(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。

なお,平成27年2月28日までJIS T 6001:2005は適用することができる。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。)

[ JIS T6001 : 2012.pdf Page : 3 / 36 ]ページ TOPへ

2

T 6001:2012

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS R 6253 耐水研磨紙

JIS T 0993-1 医療機器の生物学的評価−第1部:リスクマネジメントプロセスにおける評価及び試験

注記 対応国際規格:ISO 10993-1:2009,Biological evaluation of medical devices−Part 1: Evaluation

and testing within a risk management process(MOD)

JIS T 14971 医療機器−リスクマネジメントの医療機器への適用

注記 対応国際規格:ISO 14971,Medical devices−Application of risk management to medical devices

(IDT)

ISO 10993-2,Biological evaluation of medical devices−Part 2: Animal welfare requirements

ISO 10993-3,Biological evaluation of medical devices−Part 3: Tests for genotoxicity, carcinogenicity and

reproductive toxicity

ISO 10993-5,Biological evaluation of medical devices−Part 5: Tests for in vitro cytotoxicity

ISO 10993-6,Biological evaluation of medical devices−Part 6: Tests for local effects after implantation

ISO 10993-10,Biological evaluation of medical devices−Part 10: Tests for irritation and skin sensitization

ISO 10993-11,Biological evaluation of medical devices−Part 11: Tests for systemic toxicity

ISO 10993-12:2007,Biological evaluation of medical devices−Part 12: Sample preparation and reference

materials

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1

医療機器(medical device)

あらゆる器具,器械,装置,ソフトウェア,材料又は他の物品であって,単独使用か組合せ使用かを問

わず,製造販売業者が医療目的で人体への使用を意図し,次の目的で使用するもの。

なお,医療機器の適切な適用に必要なソフトウェアを含むものもある。

− 疾病の診断,予防,モニタリング,治療又は緩和

− 傷害又は障害の診断,モニタリング,治療,緩和又は補償

− 解剖学的構造若しくは生理学的プロセスの検査,置換又は修復

− 受胎調節

なお,体内又は体表で,薬理学的,免疫学的又は代謝的作用を主要な手段としてではなく,補助的手段

として用いるものも含む。

3.2

歯科材料(dental material)

歯科診療及び/又はその関連処置で用いるために,特別に配合,製造された材料及び/又は物質若しく

はそれらの組合せ。

3.3

最終製品(final product)

“使用される状態”にある医療機器。

注記 多くの歯科材料は,練和直後の状態で使用するため,練和直後及び硬化後の両方の状態で材料

評価を考慮することが望ましい。

[ JIS T6001 : 2012.pdf Page : 4 / 36 ]ページ TOPへ

JIS T 6001:2012の対応国際規格一覧

  • ISO 7405:2008(MOD)

JIS T 6001:2012の引用国際規格一覧

  • ISO 10993-10
  • ISO 10993-11
  • ISO 10993-12:2007
  • ISO 10993-2
  • ISO 10993-3
  • ISO 10993-5
  • ISO 10993-6

JIS T 6001:2012の国際規格分類一覧

  • 11.060.10
  • 11.100

JIS T 6001:2012の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
R6253
耐水研磨紙
T0993-1
医療機器の生物学的評価-第1部:リスクマネジメントプロセスにおける評価及び試験
T14971
医療機器-リスクマネジメントの医療機器への適用