JIST61331-2 : 2016 診断用X線に対する防護用具-第2部:透明防護板

JIS T 61331-2:2016の規格概要

この規格 T61331-2は、X線診断及びX線治療において放射線防護に使用する透明防護板(防護ガラス板)について規定。

JIST61331-2 規格全文情報

規格番号
JIS T61331-2 
規格名称
診断用X線に対する防護用具-第2部:透明防護板
制定年月日
2016/05/01
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

IEC 61331-2:2014(MOD)
国際規格分類

ICS

11.040.50,13.340.99
主務大臣
経済産業,厚生労働
JISハンドブック
医用放射線:2018
改訂:履歴
  • 2016-05-01制定日

T 61331-2:2016

(1)

目 次

ページ

序文 P.1

1 適用範囲 P.1

2 引用規格 P.2

3 用語及び定義 P.2

4 透明防護板の幾何学的精度 P.3

4.1 平たん度及び最小厚さ P.3

4.2 縁 P.3

5 材料の光学的品質 P.3

5.1 不均質性 P.3

5.2 透過率 P.3

6 鉛当量 P.3

6.1 鉛当量の決定方法 P.3

6.2 均一性 P.3

6.3 最小厚さと鉛当量 P.3

6.4 情報 P.4

7 表示 P.4

8 附属文書 P.4

9 適合宣言 P.5

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表 P.6

定義した用語の索引 9

[ T61331-2-2016.pdf Page : 1 / 11 ]ページ TOPへ

T 61331-2:2016

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本画像医療システム工業会

(JIRA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本産業規格を制定すべき

との申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣及び経済産業大臣が制定した日本工業

規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。厚生労働大臣,経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の

特許出願及び実用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS T 61331の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS T 61331-1 第1部:材料の減弱特性の決定方法

JIS T 61331-2 第2部:透明防護板

JIS T 61331-3 第3部:防護衣,防護眼鏡及び患者用防護具

[ T61331-2-2016.pdf Page : 2 / 11 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

T 61331-2:2016

診断用X線に対する防護用具− 第2部:透明防護板

Protective devices against diagnostic medical X-radiation- Part 2: Translucent protective plates

序文

この規格は,2014年に第2版として発行されたIEC 61331-2を基とし,我が国の事情などを考慮し,技

術的内容を変更して作成した日本産業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。

この規格では,本文中の太字は,JIS T 0601-1,JIS Z 4005,IEC 60050-393,ISO/IEC Guide 99及びこ

の規格の箇条3で定義した用語である。

1

適用範囲

この規格は,X線診断及びX線治療において放射線防護に使用する透明防護板(防護ガラス板)につい

て規定する。

ただし,次の透明な放射線防護材料を除く。

− 操作者の目を防護するための含鉛眼鏡,又はゴーグル

− 操作者の顔全体を覆う含鉛フェイスシールド

− 患者の眼の防護

− 甲状腺/けい(頸)部防護用具

この第2部は,次の要求事項を扱う。

− 幾何学的精度

− 材料の光学的特性

− 分光透過率

− 放射線減弱特性

− 表示

− この規格への適合宣言

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 61331-2:2014,Protective devices against diagnostic medical X-radiation−Part 2: Translucent

protective plates(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。

[ T61331-2-2016.pdf Page : 3 / 11 ]ページ TOPへ

2

T 61331-2:2016

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。)は適用しない。

JIS T 0601-1:2014 医用電気機器−第1部:基礎安全及び基本性能に関する一般要求事項

注記 対応国際規格:IEC 60601-1:2005,Medical electrical equipment−Part 1: General requirements for

basic safety and essential performance及びAmendment 1:2012(MOD)

JIS T 0601-1-3:2015 医用電気機器−第1-3部:基礎安全及び基本性能に関する一般要求事項−副通

則:診断用X線装置における放射線防護

注記 対応国際規格:IEC 60601-1-3:2008,Medical electrical equipment−Part 1-3: General requirements

for basic safety and essential performance−Collateral Standard: Radiation protection in diagnostic

X-ray equipment 及びAmendment 1:2013(IDT)

JIS T 61331-1:2016 診断用X線に対する防護用具−第1部:材料の減弱特性の決定方法

注記 対応国際規格:IEC 61331-1:2014,Protective devices against diagnostic medical X-radiation−Part

1: Determination of attenuation properties of materials(MOD)

JIS Z 4005:2012 医用放射線機器−定義した用語

注記 対応国際規格:IEC/TR 60788:2004,Medical electrical equipment−Glossary of defined terms

(MOD)

ISO/IEC Guide 99:2007,International vocabulary of metrology−Basic and general concepts and associated

terms (VIM)

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS Z 4005:2012,JIS T 0601-1:2014及びJIS T 0601-1-3:2015に

よるほか,次による。

3.1

防護ガラス板(PROTECTIVE GLASS PLATE)

光学的に透明な防護遮蔽体の製造に使用される,指定された減弱特性をもつ無機ガラスから成る透明防

護板。

注記 無機ガラスから成る透明防護板は,衝撃に対して強化を施したものであっても,減弱特性並び

に光学的及び幾何学的特性には影響しない。

3.2

防護プラスチック板(PROTECTIVE PLASTIC PLATE)

光学的に透明な防護遮蔽体の製造に使用される,指定された減弱特性をもつ透明なプラスチック材料か

ら成る透明防護板。この規格では適用しない。

3.3

透明防護板(TRANSLUCENT PROTECTIVE PLATE)

光学的に透明で透過性のある防護遮蔽体の製造に使用される,指定された減弱特性をもつ透明な材料か

ら成る防護板。この規格で対象とする透明防護板は,防護ガラス板だけであり,防護プラスチック板は含

まない。

3.4

透過率(TRANSMITTANCE)

[ T61331-2-2016.pdf Page : 4 / 11 ]ページ TOPへ

JIS T 61331-2:2016の対応国際規格一覧

  • IEC 61331-2:2014(MOD)

JIS T 61331-2:2016の引用国際規格一覧

  • ISO/IEC Guide 99:2007

JIS T 61331-2:2016の国際規格分類一覧

  • 11.040.50
  • 13.340.99

JIS T 61331-2:2016の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
T0601-1-3:2015
-
T0601-1:2014
-
T61331-1:2016
診断用X線に対する防護用具-第1部:材料の減弱特性の決定方法
Z4005:2012
医用放射線機器-定義した用語