JIST6609-1 : 2005 歯科用ウォーターベースセメント-第1部:粉液型酸-塩基性セメント

JIS T 6609-1:2005の規格概要

この規格 T6609-1は、最終的な合着,修復,裏層(ベース)又は裏装(ライニング)に用いる粉液型酸-塩基性歯科用セメントに対する要求事項及び試験方法について規定。この規格は,手練和用セメント及び機械練和用カプセル入りセメントの両者に適用できる。この規格は,そのセメントの使用用途が合着材,修復材,裏層材又は裏装材のいずれであるかによって,それらの使用目的ごとに要求性能を規定。

JIST6609-1 規格全文情報

規格番号
JIS T6609-1 
規格名称
歯科用ウォーターベースセメント-第1部:粉液型酸-塩基性セメント
制定年月日
2005/03/25
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 9917-1:2003(MOD)
国際規格分類

ICS

11.060.10
主務大臣
厚生労働
JISハンドブック
医療機器IV:2018
改訂:履歴
  • 2005-03-25制定日
  • 2009-10-01確認日
  • 2014-10-25確認日
  • 2019-10-25確認日

T 6609-1:2005

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,日本歯科材料工業協同組合(JDMA)/財団法

人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本産業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標

準調査会の審議を経て,厚生労働大臣が制定した日本産業規格である。

制定に当たっては,日本産業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本産業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 9917-1:2003,Dentistry−Water-based

cements−Part 1:Powder/liquid acid-base cements を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。厚生労働大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS T 6609-1には,次に示す附属書がある。

附属書A(規定)硬化時間試験方法

附属書B(参考)歯科用セメントの化学的組成及び用途

附属書C(規定)被膜厚さ試験方法

附属書D(規定)圧縮強さ試験方法

附属書E(規定)酸溶解性試験方法

附属書F(規定)光学的特性試験方法

附属書G(規定)酸溶解性ひ素及び鉛含有量試験方法

附属書H(規定)X線造影性試験方法

附属書1(参考)JISと対応する国際規格との対比表

JIS T 6609の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS T 6609-1 第1部:粉液型酸-塩基性セメント

JIS T 6609-2 第2部:レジン添加型セメント

[ T6609-1-2005.pdf Page : 1 / 29 ]ページ TOPへ

T 6609-1:2005

目 次

ページ

序文 P.1

1. 適用範囲 P.1

2. 引用規格 P.1

3. 定義 P.1

4. 分類 P.2

4.1 化学的組成による分類 P.2

4.2 用途別分類 P.2

5. 材料 P.2

5.1 一般的性質 P.2

5.2 構成品 P.2

5.3 未硬化セメント P.2

6. 試料の準備 P.2

6.1 試験条件 P.2

6.2 練和方法 P.2

7. 試料の採取 P.3

8. 品質 P.3

8.1 生体適合性 P.3

8.2 硬化時間 P.3

8.3 被膜厚さ P.3

8.4 圧縮強さ P.3

8.5 酸溶解性 P.3

8.6 光学的特性 P.3

8.7 酸溶解性ひ素含有量 P.3

8.8 酸溶解性鉛含有量 P.3

8.9 X線造影性 P.3

9. 包装,表示及び製造業者の提供する情報 P.3

9.1 包装 P.3

9.2 表示 P.3

9.3 説明書 P.4

附属書A(規定)硬化時間試験方法 P.6

附属書B(参考)歯科用セメントの化学的組成及び用途 P.8

附属書C(規定)被膜厚さ試験方法 P.9

附属書D(規定)圧縮強さ試験方法 P.11

附属書E(規定)酸溶解性試験方法 P.14

附属書F(規定)光学的特性試験方法 P.17

[ T6609-1-2005.pdf Page : 2 / 29 ]ページ TOPへ

T 6609-1:2005 目次

(3)

ページ

附属書G(規定)酸溶解性ひ素及び鉛含有量試験方法 P.20

附属書H(規定)X線造影性試験方法 P.21

附属書1(参考)JISと対応する国際規格との対比表 P.23

[ T6609-1-2005.pdf Page : 3 / 29 ]ページ TOPへ

T 6609-1:2005

白 紙

[ T6609-1-2005.pdf Page : 4 / 29 ]ページ TOPへ

JIS T 6609-1:2005の対応国際規格一覧

  • ISO 9917-1:2003(MOD)

JIS T 6609-1:2005の引用国際規格一覧

  • ISO 2590
  • ISO 3665

JIS T 6609-1:2005の国際規格分類一覧

  • 11.060.10

JIS T 6609-1:2005の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
K7557
X線用バッジフィルム
T0993-1
医療機器の生物学的評価-第1部:リスクマネジメントプロセスにおける評価及び試験
T6001
歯科用医療機器の生体適合性の評価(追補1)
T6003
歯科材料の色調安定性試験方法
Z4711
診断用一体形X線発生装置