JISW0105 : 1984 航空用語(油圧及び空気圧系統)

JIS W 0105:1984の規格概要

この規格 W0105は、航空機の油圧及び空気圧の作動系統並びにその構成部品の名称,形式,現象,特性などに用いられる用語とその意味について規定。

JISW0105 規格全文情報

規格番号
W0105 
制定年月日
1963/03/01
最新改正日
1984/12/01
規格名称
航空用語(油圧及び空気圧系統)
主務大臣
経済産業
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

01.040.49,49.080
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1963-03-01制定日
  • 1966-03-01確認日
  • 1969-03-01確認日
  • 1972-03-01確認日
  • 1975-02-01確認日
  • 1978-01-01確認日
  • 1983-06-01確認日
  • 1984-12-01改正日
  • 1990-03-01確認日
  • 1995-02-01確認日
  • 2000-11-20確認日
  • 2005-09-20確認日
  • 2010-10-01確認日
  • 2015-10-20確認日

日本産業規格 JIS

W 0105-1984

航空用語(油圧及び空気圧系統)

Glossary of Terms for Aircraft Hydraulic and Pneumatic Systems

1. 適用範囲 この規格は,航空機の油圧及び空気圧の作動系統並びにその構成部品の名称,形式,現象,

特性などに用いられる主な用語とその意味について規定する。

なお,参考のために対応英語を示す。

関連規格 JIS B 0142 油圧及び空気圧用語

2. 分類 用語は,機器の類別などによって次のように分類する。

(1) 流体,流れ,特性及び現象に関する用語

(2) 系統,管路,部品及び部位に関する用語

(3) 圧力源機器に関する用語

(4) 作動機器に関する用語

(5) バルブの機能,形式及び基本構造に関する用語

(6) バルブの種類に関する用語

(7) その他の機器に関する用語

3. 用語・意味 用語及び意味は,次のとおりとする。

備考1. 括弧の付いている用語は,括弧内を省略してもよい。

2. 二つ以上の用語を並べてある場合は,その順位に従って優先的に使用する。

3. 用語の下に括弧で示したものは,読み方である。

(1) 流体,流れ,特性及び現象に関する用語

番号

用語

意味

対応英語(参考)

101

作動流体

伝導の媒体となる流体。

working fluid

102

作動油

油圧機器又は油圧系統に使用する作動流体。

hydraulic fluid

103

難燃性作動油

火災の危険を最大限に予防できる燃えにくい作動油。

fire-resistant

fluid

104

流れの形

バルブの任意の位置で,各ポート間を接続する流れの経路

の形。

flow pattern

105

自由流れ

制御されない自由に通過する一方向の流れ。

free flow

106

逆自由流れ

バルブの2次側から1次側に流れる場合の自由流れ。

free reverse

flow

107

規制流れ

流量が所定の値に制御された流れ。

備考 この用語は,ポンプの吐出しには用いない。

metered flow

108

制御流れ

制御された流れ(例えば,制御弁の1次側から2次側への

流れ)。

controlled flow

[ JIS W0105 : 1984.pdf Page : 1 / 13 ]ページ TOPへ

2

W 0105-1984

番号

用語

意味

対応英語(参考)

109

すきま流れ

相対運動を容易にしたり熱膨張の差を補償するために必

要とする2個の相対部品間のすきまを通る流体の流れ。

clearance flow

110

インタフロー

バルブの切換えの途中で過渡的に生じるポート間の流れ

で,所定の流れの形に従っていないもの。

interflow

111

漏れ

閉位置にある通路又は正常状態では流れを許容しない場

所を通る比較的少量の流れ。

leakage

112

ドレン

(1) 油圧系統では,機器の通路若しくは管路からリザーバ

やマニホールドに戻る液体,又は液体が戻る現象。

(2) 空気圧系統では,機器や管路内で,流動若しくは沈殿

状態にある水又は油水混合液。

drain

113

設定(値)

調節可能又は校正を要する機器(リリーフ弁,圧力スイッ

チ又は流量制御機構など)で,調節又は校正によって得ら

れる作動特性。

setting,

set point

114

流量

単位時間に移動する流体の量。

flow,

rate of flow

115

校正流量

流量を制御又は制限する機器で,その機器を校正又は調整

したときの設定流量。

calibrated flow

116

定格流量

最大作動流量の呼び値。制御対象にならない流量に用い

る。

rated flow

117

全流量

可変容量形ポンプなどで,制御機構が流量を調節してない

ときに,ポンプが吐き出す流量。

full flow

118

吐出し量

一般に,ポンプが単位時間に吐き出す液体の体積。

delivery,

discharge,

discharge rate

119

押しのけ容積

容積式のポンプ又はモータの1回転当たりに押しのける

幾何学的体積。

displacement

120

絶対圧(力)

完全真空を基準にして表した圧力の大きさ。

absolute pressure

121

ゲージ圧(力)

周囲の大気圧を基準にして表した圧力の大きさ。

gage pressure

122

定格圧力

最大作動圧力又は入口圧力の呼び値。

rated pressure

123

保証圧力

生産試験として,構成部品が損傷せずに耐えなければなら

ない圧力。通常,定格圧力に関係する。

proof pressure

124

破裂圧力

構成部品又は系統が破壊せずに耐えなければならない試

験圧力。

burst pressure

125

最低作動圧力

機器の作動を保証できる最低の圧力(パイロット操作弁に

おけるように,作動に要する最低の圧力)。

minimum

operat-ing

pressure

126

全流量最高圧力

ポンプが任意の定回転で運転している場合,可変吐出し量

制御が働き始める前(カットオフ開始直前)の吐出し圧力。

maximum full

flow pressure

127

クラッキング圧(力) 逆止め弁,リリーフ弁などで,入口側圧力が上昇し,バル

ブが開き始めて,ある一定の流れが認められるときの圧

力。

cracking pressure

128

レシート圧(力)

逆止め弁,リリーフ弁などで,入口側圧力が降下し,バル

ブが閉じ始めて,バルブの漏れ量がある規定の量まで減少

したときの圧力。

reseat pressure

129

吸込み圧力

ポンプなどの入口で,吸込み作用によって生じる流体の圧

力。

suction pressure

130

増圧圧力

増圧器によって増圧された,1次側圧力より高い圧力。

intensified

pressure

131

減圧圧力

1次側圧力より低い,減圧された圧力。

reduced pressure

132

背圧

系統の戻り側又は圧力作動面の背後に作用する圧力。

back pressure

[ JIS W0105 : 1984.pdf Page : 2 / 13 ]ページ TOPへ

3

W 0105-1984

番号

用語

意味

対応英語(参考)

133

圧力降下

流れに基づく流体圧の減少。

備考 流体制御機器に適用する場合,圧力降下は任意

の流量において機器のポート間で測定する。た

だし,ポートに装着した継手による損失は含ま

ない。

pressure drop

134

圧力変動

機器や系統内において,圧力が変化すること。

pressure

fluctuation

135

圧力の脈動

定常な作動条件で発生するほぼ周期的な圧力変動。過渡的

な圧力変動は除く。

pressure

pulsation

136

サージ

系統内の流体圧力の過渡的な(通常ごく短時間の)上昇。 surge

137

サージ圧(力)

過渡的に上昇した圧力の最大値。

surge pressure

138

カットオフ

ポンプ出口側圧力が設定圧力に近づいたとき,可変吐出し

量制御が働いて流量を減少させること。

cut-off

139

フルカットオフ

ポンプのカットオフ状態で流量が零になること。

full cut-off

140

カットイン

アンローダ弁などで,圧力源側に負荷を与えること。

備考 この場合の圧力を,カットイン圧力という。

cut-in,

reloading

141

カットアウト

アンローダ弁などで,圧力源側を無負荷にすること。

備考 この場合の圧力を,カットアウト圧力という。

cut-out,

unloading

142

キャビテーション

流動している液体の圧力が局部的に低下して,蒸気や含有

気体を含む泡が発生する現象。

cavitation

143

チャタリング

リリーフ弁,減圧弁などで,弁座をたたいて比較的高い音

を発する一種の自励振動現象。

chattering,

chatter

144

ジャンピング

流量調整弁で,流体が流れ始める場合などに,流量が過渡

的に設定値を超える現象。

jumping

145

流体固着現象

スプール弁などで,内部流れの不等性などによって,軸に

対する圧力分布の平衡を欠き,このため,スプールがバル

ブ本体(又はスリーブ)に強く押し付けられて固着し,そ

の作動が不能になる現象。

hydraulic lock

146

圧力平衡

流体の圧力によって,力の釣合いをとること。

pressure balance

147

ディザー

スプール弁などで,摩擦や流体固着現象などの影響を減少

させて,その特性を改善するために与える比較的高い周波

数の微細振動。

dither

(2) 系統,管路,部品及び部位に関する用語

番号

用語

意味

対応英語(参考)

201

クローズドセンタ系

油圧系統で,使用されないときに系統の流れが閉ざされて

いる形式のもの。

備考 クローズドセンタ系統には,可変容量形ポンプ

によって連続して圧力が供給されるものもあ

り,また,アンローダ弁,電動ポンプ,ポンプ

バイパス装置などによって断続して圧力が供

給されるものもある。

closed centre

system

202

オープンセンタ系統

油圧系統で,使用されないときでも,作動流体が制御機器

を通ってリザーバに戻る回路が成立している形式のもの。

備考 オープンセンタ系統には,通常定容量形ポンプ

を用いる。

open centre

system

203

サーボ系

出力感応機構からのフィードバックによって機力制御又

は補力制御を行う制御系で,制御位置が入力制御信号の関

数であるような方式のもの。

servo system

[ JIS W0105 : 1984.pdf Page : 3 / 13 ]ページ TOPへ

4

W 0105-1984

番号

用語

意味

対応英語(参考)

204

メータイン方式

アクチュエータの入口側管路内の流れを制御することに

よって作動速度を調節する制御方式。

meter-in system

205

メータアウト方式

アクチュエータの出口側管路内の流れを制御することに

よって作動速度を調節する制御方式。

meter-out system

206

ブリードオフ方式

アクチュエータの入口側管路に設けたバイパス管路の流

れを制御することによって作動速度を調節する制御方式。

bleed-off system

207

管路

(かんろ)

作動流体を導く役目をする管やホース又はその系統。

line

208

主管路

供給管路,圧力管路及び戻り管路を含む主となる管路。

備考 パイロット管路,ドレン管路,ブリード管路,

ベント管路などの補助管路を含まない。

main line

209

バイパス(管路)

必要に応じて作動流体の全量又は一部を分岐する通路又

は管路。

by-path,

by-pass line

210

供給管路

リザーバからポンプまでのように,供給流体を導く管路。 suppy line

211

圧力管路

圧力源から制御機器やその他の機器まで圧力流体を導く

管路。

pressure line

212

戻り管路

リザーバに戻る作動流体を導く管路。

return line

213

パイロット管路

パイロット操作のための作動流体を導く管路。

pilot line

214

ドレン管路

漏れ油をリザーバ又は戻り回路に導く管路,又は系統から

液体を排除するために随時外部に開放する管路。

drain line

215

ブリード管路

油圧回路から閉じ込められた空気を排除するように,系統

又は機器から異物を除去するためだけに,随時外部に開放

する管路。

bleed line

216

ベント管路

大気に常時開放されている管路。

vent line

217

通路

構成部品内部を突き抜けるか又はその内部にある機械仕

上又は鋳抜きの流体を導く連絡路。

passage

218

ポート

液体を運ぶ通路,管路,継手又は着脱式プラグを接続する

ための構造を一体としてもっている構成部品の開口部。

port

219

絞り

流れの断面積を減少して,管路又は通路内に抵抗をもたせ

て圧力降下を発生させる機構。

備考 チョーク絞りとオリフィス絞りとがある。

restriction

220

チョーク(絞り)

長さが断面寸法に比べて比較的長い絞り。

備考 チョーク絞りで発生する圧力降下は,流体粘度

の影響を大きく受ける。

choke

221

オリフィス(絞り)

長さが断面寸法に比べて比較的短い絞り。

備考 オリフィス絞りで発生する圧力降下は,流体粘

度の影響をあまり受けない。

orifice

222

スリーブ

中空の円筒形構成部品で,ピストン,スプールなどを案内

するハウジングの内張り。

sleeve

223

スライド

滑り面に接触して移動し,流路の開閉などを行う構成部

品。

slide

224

スプール

円筒形滑り面に内接し,軸方向に移動して流路の開閉を行

うくし(串)形の構成部品。

spool

225

バレル

作動筒,アキュムレータなどの構成要素で,その内部をピ

ストン又は漏れ止めされたセパレータが動く円筒形部品。

barrel

226

ピストン

シリンダ又はバレル内を往復運動しながら,流体圧力と力

との授受を行うための,直径に比べて長さの短い円筒形部

品。

piston

[ JIS W0105 : 1984.pdf Page : 4 / 13 ]ページ TOPへ

JIS W 0105:1984の国際規格分類一覧

  • 01.040.49
  • 49.080