JISZ2242 : 2018AMENDMENT1 : 2020 金属材料のシャルピー衝撃試験方法(追補1)

JIS Z 2242:2018 AMENDMENT 1:2020の規格概要

この規格 Z2242は、

JISZ2242 規格全文情報

規格番号
JIS Z2242 
規格名称
金属材料のシャルピー衝撃試験方法(追補1)
制定年月日
1952/03/08
最新改正日
2020/12/21
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

77.040.10
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1952-03-08制定日
  • 1955-02-12確認日
  • 1956-01-19改正日
  • 1959-01-19確認日
  • 1961-12-16確認日
  • 1968-03-01改正日
  • 1971-01-01確認日
  • 1974-04-01確認日
  • 1977-08-01改正日
  • 1980-01-01改正日
  • 1985-09-01確認日
  • 1990-01-01確認日
  • 1993-06-01改正日
  • 1998-12-20改正日
  • 2005-03-20改正日
  • 2009-10-01確認日
  • 2014-10-20確認日
  • 2018-08-20改正日
  • 2020-12-21改正日

Z 2242:2018

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.1 ]

4 記号,単位及び名称 [ p.3 ]

5 原理 [ p.4 ]

6 試験片 [ p.5 ]

6.1 一般 [ p.5 ]

6.2 ノッチ形状 [ p.5 ]

6.3 試験片の寸法許容差 [ p.5 ]

6.4 試験片の製作 [ p.7 ]

6.5 試験片の印字 [ p.7 ]

7 試験装置 [ p.7 ]

7.1 一般 [ p.7 ]

7.2 据付け及び検証 [ p.7 ]

7.3 衝撃刃 [ p.7 ]

8 試験手順 [ p.7 ]

8.1 一般 [ p.7 ]

8.2 摩擦測定 [ p.7 ]

8.3 試験温度 [ p.8 ]

8.4 試験片の移動 [ p.9 ]

8.5 試験機の能力超過 [ p.9 ]

8.6 不完全破断 [ p.9 ]

8.7 試験片の詰まり [ p.9 ]

8.8 破断後の検査 [ p.10 ]

9 試験報告書 [ p.10 ]

9.1 必須項目 [ p.10 ]

9.2 協定による項目 [ p.10 ]

附属書A(参考)センタリングトング [ p.11 ]

附属書B(規定)横膨出の求め方 [ p.12 ]

附属書C(規定)破面率の求め方 [ p.16 ]

附属書D(規定)遷移曲線,破面遷移温度及びエネルギー遷移温度の求め方 [ p.20 ]

附属書E(参考)吸収エネルギー値Kの測定の不確かさ [ p.22 ]

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表 [ p.29 ]

[ JIS Z2242 : 2018_AMD1 : 2020.pdf Page : 1 / 35 ]ページ TOPへ

Z 2242:2018

まえがき

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本

鉄鋼連盟(JISF)から,工業標準原案を具して日本産業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準

調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。

これによって,JIS Z 2242:2005は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS Z2242 : 2018_AMD1 : 2020.pdf Page : 2 / 35 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

Z 2242:2018

金属材料のシャルピー衝撃試験方法

Method for Charpy pendulum impact test of metallic materials

序文

この規格は,2016年に第3版として発行されたISO 148-1を基とし,材料規格からの引用に対応するた

め,技術的内容を変更して作成した日本産業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。

1

適用範囲

この規格は,金属材料に衝撃を与えて,吸収されるエネルギーを測定するシャルピー(Vノッチ及びU

ノッチ)衝撃 試験1)方法について規定する。この規格には,JIS B 7755で規定する金属用シャルピー振子

式衝撃試験−計装化装置は,含まない。

ASTM E23を基にした附属書B及び附属書Cは,ASTM International,100 Barr Harbor Drive, P.O. Box C700,

West Conshohocken, PA 19428-2959, USAの許可を得て用いている。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 148-1:2016,Metallic materials−Charpy pendulum impact test−Part 1: Test method(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。

注1) ISO 148-1では,“Charpy pendulum impact test”と記載しているが,この規格では,“シャルピー

衝撃試験”として記載している。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 7722 金属材料のシャルピー衝撃試験−試験機の検証

注記 対応国際規格:ISO 148-2,Metallic materials−Charpy pendulum impact test−Part 2: Verification

of testing machines(IDT)

JIS G 0202 鉄鋼用語(試験)

JIS Z 8401 数値の丸め方

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次によるほかJIS G 0202による。

[ JIS Z2242 : 2018_AMD1 : 2020.pdf Page : 3 / 35 ]ページ TOPへ

2

Z 2242:2018

3.1

エネルギーに関する用語

3.1.1

初期位置エネルギー,Kp(initial potential energy)

衝撃試験を行うための振子式ハンマーの振り下ろし前の位置エネルギーで直接検証によって求められる

エネルギー。

3.1.2

吸収エネルギー,K(absorbed energy)

振子式衝撃試験機で試験片を破断するのに要するエネルギーで摩擦損失の補正後のエネルギー。

注記 ノッチ形状を表すためV又はUの文字を付記する。すなわち,KV又はKUとする。衝撃刃の

半径を表すために2又は8を添え字する。例えば,KV2で示す(表1参照)。

3.1.3

公称初期位置エネルギー(nominal initial potential energy),公称エネルギー,KN(nominal energy)

シャルピー振子式衝撃試験機の製造業者によって定められたその試験機で試験可能な位置エネルギー。

3.2

試験片に関する用語

3.2.1

幅,W(width)

ノッチ面とその反対面との間隔。

注記1 図1参照。

図1−振子式衝撃試験機の載せ台及び受け台の配置

[ JIS Z2242 : 2018_AMD1 : 2020.pdf Page : 4 / 35 ]ページ TOPへ

JIS Z 2242:2018 AMENDMENT 1:2020の国際規格分類一覧

  • 77.040.10