JIS Z 8734:2021 音響―音圧法による騒音源の音響パワーレベル及び音響エネルギーレベルの測定―残響室における精密測定方法

           58
Z 8734 : 2021
                                                    0.5
                                 c
                                00
                                            ps,0                ps      (273 t)
                        10log10     10log10            10log10    5log10       C1 (JB.10)
                                 c          ps  0            ps,0         0
                      ここに,        ps :  測定時の静圧(kPa)
                                      ps,0 :  基準静圧(101.325 kPa)
                                        t :  測定時の気温(℃)
                                       θ0=314 K
JB.4.3 補正項C2
  この規格では,ある気象条件で測定した音響パワーレベルを基準気象条件における値に換算して表示す
ることを規定している。ここで,参考文献[30]によれば,モノポール音源の場合には,音響パワーP,空気
の密度ρ及び音速cの間に, P    / c の関係がある。この関係と,空気の状態方程式及び音速の式を用い
て,基準気象条件(静圧 : ps,0,空気の密度 : ρ1,音速 : 1
                                                   c     R 1,θ1=296 K)における音響パワーP1
と測定時の気象条件[静圧 : ps,空気の密度 : ρs,音速 : s
                                                   c     R(273 t) ,t : 温度(℃)]における音響
パワーPsとの比をとってレベル表示すると,式(JB.11)のとおり,音響放射インピーダンスに関する補正項
C2(dB)が得られる。
                                               1.5
            P1        1/ c1       ps,0273 t            ps         (273 t)
     10log10  10log10     10log10                 10log10   15log10       C2 (JB.11)
            Ps        s/ cs        ps   1              ps,0          1
JB.5 その他の補正(直接法)
  直接法による音響パワーレベルの算出式[本体の式(18)]及び音響エネルギーレベルの算出式[本体の
                                                  ASと 10log(1
式(26)]には,気象条件に関する補正項のほかに,4.34(/)        10    /8
                                                                   ScVf ) の二つの補正項が含ま
れている。これらのうち,前者は,音源から放射された音波が室境界で1回反射して残響空間に到達する
間の減衰を補正するための項である(参考文献[21]参照)。一方,後者は,残響室内では室境界に近い範囲
で音響エネルギー密度が相対的に高くなることを考慮し,残響空間で測定される平均音圧レベルを補正す
る項で,Waterhouse補正と呼ばれている(参考文献[31]参照)。
JB.6 比較法による音響パワーレベル及び音響エネルギーレベルの算出
JB.6.1 一般事項
  この規格では,音響パワーレベルが基準気象条件における値に校正されている基準音源を用いて,定常
的な音を放射する騒音源の音響パワーレベル及び単発性の音を放射する騒音源の音響エネルギーレベルを
測定する方法(比較法)を規定している(9.1.6及び9.2.6)。これらの測定方法の原理は,次のとおりであ
る。
JB.6.2 音響パワーレベルの算出
  ある気象条件の残響室で測定した測定対象騒音源(ST)の基準気象条件における音響パワーレベルLW
は,測定時の音圧レベルの室内平均値 Lp(ST) (dB)を含む本体の式(18)で表される。
  同じ気象条件の残響室に基準音源(RSS)を置いたときには,基準音源の基準気象条件における音響パ

――――― [JIS Z 8734 pdf 61] ―――――

                                                                                            59
                                                                                   Z 8734 : 2021
ワーレベルLW(RSS)は,測定時の音圧レベルの室内平均値 Lp(RSS) (dB)を含む式(JB.12)で表される。
                                              A      A           Sc
                         LW (RSS)
                                Lp(RSS)10log10   4.34  10log101       C1 C2 6 (JB.12)
                                              A0     S           8Vf
  本体の式(18)と式(JB.12)との差をとることによって,Lp(ST) と Lp(RSS) との差以外の項は相殺されて,基準
気象条件における測定対象騒音源の音響パワーレベルLW(dB)を表す本体の式(19)が得られる。
JB.6.3 音響エネルギーレベルの算出
  ある気象条件の残響室で測定した測定対象騒音源(ST)の音響エネルギーレベルLJは,測定時の時間積
                          ,(ST) (dB)を含む本体の式(26)で表される。
分音圧レベルの室内平均値 LET
  同じ気象条件の残響室に基準音源(RSS)を置いたときには,基準音源の音響パワーレベルLW(RSS)(dB)
は式(JB.12)で表される。
  本体の式(26)と式(JB.12)との差をとることによって, LET
                                                    ,(ST) と Lp(RSS) との差以外の項は相殺されて,基
準気象条件における測定対象騒音源の音響エネルギーLJ(dB)を表す本体の式(27)が得られる。

――――― [JIS Z 8734 pdf 62] ―――――

           60
Z 8734 : 2021
                                          参考文献
[1] ISO 354,Acoustics−Measurement of sound absorption in a reverberation room
      注記 JIS A 1409 残響室法吸音率の測定方法が,この国際規格に対応している。
[2] ISO 3740,Acoustics−Determination of sound power levels of noise sources−Guidelines for the use of basic
    standards
[3] ISO 3743-1,Acoustics−Determination of sound power levels and sound energy levels of noise sources using
    sound pressure−Engineering methods for small movable sources in reverberant fields−Part 1: Comparison
    method for a hard-walled test room
[4] ISO 3743-2,Acoustics−Determination of sound power levels of noise sources using sound pressure−
    Engineering methods for small, movable sources in reverberant fields−Part 2: Methods for special
    reverberation test rooms
[5] ISO 3745,Acoustics−Determination of sound power levels and sound energy levels of noise sources using
    sound pressure−Precision methods for anechoic rooms and hemi-anechoic rooms
      注記 JIS Z 8732:2021 音響−音圧法による騒音源の音響パワーレベル及び音響エネルギーレベル
            の測定−無響室及び半無響室における精密測定方法が,この国際規格に対応している。
[6] ISO 3746,Acoustics−Determination of sound power levels and sound energy levels of noise sources using
    sound pressure−Survey method using an enveloping measurement surface over a reflecting plane
[7] ISO 3747,Acoustics−Determination of sound power levels and sound energy levels of noise sources using
    sound pressure−Engineering/survey methods for use in situ in a reverberant environment
[8] ISO 4871,Acoustics−Declaration and verification of noise emission values of machinery and equipment
[9] ISO 7574-1,Acoustics−Statistical methods for determining and verifying stated noise emission values of
    machinery and equipment−Part 1: General considerations and definitions
[10] ISO 7574-2,Acoustics−Statistical methods for determining and verifying stated noise emission values of
    machinery and equipment−Part 2: Methods for stated values for individual machines
[11] ISO 7574-3,Acoustics−Statistical methods for determining and verifying stated noise emission values of
    machinery and equipment−Part 3: Simple (transition)   ethod for stated values for batches of machines
[12] ISO 7574-4,Acoustics−Statistical methods for determining and verifying stated noise emission values of
    machinery and equipment−Part 4: Methods for stated values for batches of machines
[13] ISO 9295,Acoustics−Determination of high-frequency sound power levels emitted by machinery and
    equipment
[14] ISO 9296,Acoustics−Declared noise emission values of information technology and telecommunications
    equipment
[15] ISO 9613-1,Acoustics−Attenuation of sound during propagation outdoors−Part 1: Calculation of the
    absorption of sound by the atmosphere
      注記 JIS Z 8738 屋外の音の伝搬における空気吸収の計算が,この国際規格に対応している。
[16] ISO 9614-1,Acoustics−Determination of sound power levels of noise sources using sound intensity−Part 1:
    Measurement at discrete points
      注記 JIS Z 8736-1 音響−音響インテンシティによる騒音源の音響パワーレベルの測定方法−第

――――― [JIS Z 8734 pdf 63] ―――――

                                                                                            61
                                                                                   Z 8734 : 2021
            1部 : 離散点による測定が,この国際規格に対応している。
[17] ISO 9614-2,Acoustics−Determination of sound power levels of noise sources using sound intensity−Part 2:
    Measurement by scanning
      注記 JIS Z 8736-2 音響−音響インテンシティによる騒音源の音響パワーレベルの測定方法−第
            2部 : スキャニングによる測定が,この国際規格に対応している。
[18] ISO 9614-3,Acoustics−Determination of sound power levels of noise sources using sound intensity−Part 3:
    Precision method for measurement by scanning
      注記 JIS Z 8736-3 音響−音響インテンシティ法による騒音源の音響パワーレベルの測定方法−
            第3部 : スキャニングによる精密測定が,この国際規格に対応している。
[19] ISO/TR 25417:2007,Acoustics−Definitions of basic quantities and terms
[20] ISO 80000-8:2007,Quantities and units−Part 8: Acoustics
      注記 JIS Z 8000-8:2014,量及び単位−第8部 : 音が,この国際規格に対応している。
[21] Vorlnder, M. Revised relation between the sound power and the average sound pressure level in rooms and the
    consequences for acoustic measurements. Acustica 1995, 81, pp. 332-343
[22] Davies, R.S. Equation for the determination of the density of moist air. Metrologia 1992, 29, pp. 67-70
[23] Cramer, O. The variation of the specific heat ratio and the speed of sound in air with temperature, humidity and
    CO2 concentration. J. Acoust. Soc. Am. 1993, 93, pp. 2510-2516
[24] Wong, G.S.K. Comments on”The variation of the specific heat ratio and the speed of sound in air with
    temperature, pressure, humidity, and CO2 concentration”, J. Acoust. Soc. Am. 93, 2510-2516 (1993). J. Acoust.
    Soc. Am. 1995, 97, pp. 3177-3179
[25] Jonasson, H.G. Measurement of sound energy levels and peak sound pressure levels of impulse noise.
    Proceedings Inter-Noise 1998, Christchurch, New Zealand
[26] Tachibana, H., Yano, H., Yoshihisa, K. Definition and measurement of sound energy level of a transient sound
    source. J. Acoust. Soc. Jpn. 1987, 8, pp. 235-240
[27] Hellweg, R.D. International round robin test of ISO/DIS 7779. Proceedings Inter-Noise 1988, Avignon, France,
    pp. 1105-1108
[28] Vorlnder, M., Raabe, G. Intercomparison on sound power measurements by use of reference sound sources,
    BCR-project 3347/1/0/168/89/11-BCR-D30, 1993
[29] Payne, R. Uncertainties associated with the use of a sound level meter, NPL Report DQL-AC 002, 2004
[30] Hbner, G. Accuracy consideration on the meteorological correction for a normalized sound power level. In:
    Proceedings InterNoise 2000, Nice, 2000
[31] Waterhouse, R. Interference patterns in reverberant sound fields, J. Acoust. Soc. Am. 1955, 27, pp.247-258

――――― [JIS Z 8734 pdf 64] ―――――

   62
    Z 8734 : 2021
                                                                                                                                              Z8
                                                                                                                                                  8
                                                                  附属書JC
                                                                                                                                                 73
                                                                   (参考)
                                                                                                                                                   4 : 2
                                                     JISと対応国際規格との対比表
                                                                                                                                                      0 21
                                                                        ISO 3741:2010,Acoustics−Determination of sound power levels and sound energy levels
     JIS Z 8734:2021 音響−音圧法による騒音源の音響パワーレベル及び音響エネ
     ルギーレベルの測定−残響室における精密測定方法                    of noise sources using sound pressure−Precision methods for reverberation test rooms
     (I)   JISの規定                   (II) (III)国際規格の規定                                                 (V)   JISと国際規格との技術的差
                                                                        (IV)   JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
                                     国際                              の評価及びその内容                     異の理由及び今後の対策
                                     規格
      箇条番号         内容               箇条          内容        箇条ごと       技術的差異の内容
                                     番号
      及び題名                             番号                       の評価
     1 適用範囲 残響室を用いて,定常      1                           変更
                                                   音源のタイプ,残響室,       JISでは,様式を変更し,不確かさ実質的な差異はない。
                性の騒音を放射する騒              国際規格に従った場合         に関する記載を除き,必要な内容に
                音源の音響パワーレベ              に得られる不確かさに         している。
                ル及び単発性の騒音を              関する記載はあるが,
                放射する騒音源の音響              JISとほぼ同じ
                エネルギーレベルの測
                定方法について規定
     3 用語及び 3.2 音圧レベル            3.2    音圧に基づき規定    変更    JISでは,音圧の実効値に基づき規実質的な差異はない。
     定義                                                                       定している。
                3.4 時間積分音圧レベ      3.4    単一で単発性の騒音に 変更    ·JISでは,測定時間Tの間の単発 実質的な差異はない。
                ル                                ついて規定                   性の騒音を対象に規定している。
                                                                                 ·用語の英語表記が異なる。
                                                                                 ·ISO規格にはない用語をJISでは
                                                                                 注記に追加している。
                3.8 残響時間              3.8    JISとほぼ同じ       変更    JISでは,音響エネルギー密度の空我が国の実状に合わせてJISでは
                                                                                 間平均値が60 dB減衰するのに要 規定。実質的な差異はない。
                                                                                 する時間として規定している。
                3.15 音響パワー           3.15   音圧pと粒子速度の成 変更    ·JISでは,音圧pと粒子速度の成 実質的な差異はない。
                                                   分unとの積に基づき規         分unとの積の時間平均値に基づき
                                                   定している。                 規定している。
                                                                                 ·JISでは,関連する用語を注記に
                                                                                 追加している。

――――― [JIS Z 8734 pdf 65] ―――――

                                                                                                                                         63
                                                                                                                                 Z 8734 : 2021
     (I)   JISの規定                   (II) (III)国際規格の規定                                                 (V)   JISと国際規格との技術的差
                                                                        (IV)   JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
                                     国際                              の評価及びその内容                     異の理由及び今後の対策
                                     規格
      箇条番号         内容               箇条          内容        箇条ごと       技術的差異の内容
                                     番号
      及び題名                             番号                       の評価
     3 用語及び 3.16 音響パワーレベ       3.16   JISとほぼ同じ       追加    JISでは,関連する用語を注記に追実質的な差異はない。
                ル
     定義(続き)                                                               加している。
                3.17 音響エネルギー       3.17   JISとほぼ同じ       追加    JISでは,関連する用語を注記に追実質的な差異はない。
                                                                                 加している。
                3.18 音響エネルギー       3.18   JISとほぼ同じ       追加    JISでは,関連する用語を注記に追実質的な差異はない。
                レベル                                                          加している。
     4 基準気象                           4      JISとほぼ同じ       追加    JISでは,空気の特性音響インピー実質的な差異はない。
     条件                                                                       ダンスについて追加している。
     5 残響室  5.1 一般事項              5.1    JISとほぼ同じ       変更    JISでは,測定に適した残響室の設実質的な差異はない。
                                                                                 計指針を附属書A及び附属書Bに
                                                                                 記載した旨を注記としている。
                5.4 暗騒音に関する基      5.4    暗騒音に関する基準と 変更    ·JISでは,対象周波数範囲にわた·JISによって測定される音響パ
                準                                して,相対的基準,絶対       って暗騒音補正値を相対的に求め ワーレベル及び音響エネルギーレ
                                                   値による基準及び基準                                        ベルのグレード1(精密級)の精
                                                                                 る方法(相対的基準)を規定してい
                                                   を満たさない場合を規         る。                          度を高める。
                                                   定している。                 ·ISO規格で規定されている補正の·JISに規定している暗騒音補正
                                                                                 方法を附属書JAに記載している。 の方法がISO規格で規定される活
                                                                                 ·附属書JAによった場合の試験報 動を行う。
                                                                                 告書への記載について追加してい
                                                                                 る。
     8 残響室内 8.3 マイクロホン位置      8.3    JISにほぼ同じ       追加    JISでは,測定対象騒音源とそれと実質的な差異はない。
     における測                                                                 最も近いマイクロホン位置との距
     定                                                                         離を決める方法を追加している。
                8.4.2.3 設定するマイ      8.4.2.3 JISにほぼ同じ       削除    JISでは,狭い部屋にトラバースを実質的な差異はない。
                クロホン位置の数                                                設置する場合の注意を削除してい
                                                                                 る。
                8.5 時間積分音圧レベ      8.5    暗騒音の測定で時間平 変更    JISでは,暗騒音の測定で時間積分ISO規格の誤りを修正している。
                                                                                                                                              Z8
                ルの測定                          均音圧レベルを規定           音圧レベルを規定している。
                                                                                                                                                 734 : 2
                                                                                                                                                      0 21
                                                                                                                                                  8

――――― [JIS Z 8734 pdf 66] ―――――

   64
    Z 8734 : 2021
                                                                                                                                              Z8
                                                                                                                                                  8
     (I)   JISの規定                   (II) (III)国際規格の規定                                                 (V)   JISと国際規格との技術的差
                                                                        (IV)   JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
                                                                                                                                                 7
                                     国際                              の評価及びその内容                     異の理由及び今後の対策
                                                                                                                                                  34
                                     規格
                                                                                                                                                     : 2
      箇条番号         内容               箇条          内容        箇条ごと       技術的差異の内容
                                     番号
                                                                                                                                                      0
      及び題名                             番号                       の評価
                                                                                                                                                        21
     9 音響パワ 9.1.2 暗騒音の補正        9.1.2  時間平均音圧レベルの 変更    ·JISでは,時間平均音圧レベルの·JISによって測定される音響パ
     ーレベル及                                   測定に基づく暗騒音補         測定に基づく暗騒音補正について ワーレベルのグレード1(精密級)
     び音響エネ                                   正についてレベル差を         レベル差を20 dB以上,10 dB以上 の精度を高める。
     ルギーレベ                                   15 dB以上,6 dB以上15        20 dB未満及び10 dB未満の3区分
     ルの算出                                     dB未満及び6 dB未満の         で規定している。
                                                   3区分で規定                  ·ISO規格にはない図をJISに追加
                                                                                 している。
                9.1.3 残響室内の時間      9.1.3  9.1.2に規定する暗騒音変更    JISでは,新たに規定している暗騒·JISによって測定される音響パ
                平均音圧レベルの平均              補正に基づいた平均値         音補正に基づいた平均値の計算を ワーレベルのグレード1(精密級)
                値の計算                          の計算を規定                 規定している。                の精度を高める。
                9.1.4                     9.1.3  JISにほぼ同じ       変更    JISでは構成を変更している。   実質的な差異はない。
                9.1.5 残響室の等価吸      9.1.4  JISにほぼ同じ       追加    JISでは,直接法による騒音源の音実質的な差異はない。
                音面積を用いた音響パ                                            響パワーレベルの測定に関して,そ
                ワーレベルの算出(直                                            の原理を附属書JBに記載してい
                接法)                                                          る。
                9.1.6 基準音源を用い      9.1.5           −         追加    JISでは,比較法による騒音源の音実質的な差異はない。
                た音響パワーレベルの                                            響パワーレベルの算出式で,基準音
                算出(比較法)                                                  源の基準気象条件における音響パ
                                                                                 ワーレベルを用いることを規定し,
                                                                                 その原理を附属書JBに記載してい
                                                                                 る。
                9.2.1 複数の音源位置      9.2.1  JISに同じ           変更    JISでは,時間積分音圧レベルの測実質的な差異はない。
                を設定する場合の時間                                            定について,複数音源の測定と多数
                積分音圧レベルの測定                                            回測定に基づく平均値の計算とに
                9.2.2 多数回の騒音放                                            区別して規定している。
                射について測定した時
                間積分音圧レベルの平
                均値の計算

――――― [JIS Z 8734 pdf 67] ―――――

                                                                                                                                         65
                                                                                                                                 Z 8734 : 2021
     (I)   JISの規定                   (II) (III)国際規格の規定                                                 (V)   JISと国際規格との技術的差
                                                                        (IV)   JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
                                     国際                              の評価及びその内容                     異の理由及び今後の対策
                                     規格
      箇条番号         内容               箇条          内容        箇条ごと       技術的差異の内容
                                     番号
      及び題名                             番号                       の評価
     9 音響パワ 9.2.3 暗騒音の補正        9.2.2 ·暗騒音補正が時間平均変更                                  ·ISO規格の誤りを修正している。
                                                                                 ·JISでは,暗騒音補正を時間積分
     ーレベル及                                  音圧レベルに基づいて          音圧レベルに基づいて規定してい ·JISによって測定される音響エ
     び音響エネ                                  規定                          る。                          ネルギーレベルのグレード1(精
     ルギーレベ                                  ·暗騒音補正についてレ        ·JISでは,暗騒音補正についてレ密級)の精度を高める。
     ルの算出                                    ベル差を15 dB以上,6          ベル差を20 dB以上,10 dB以上20
     (続き)                                    dB以上15 dB未満及び6          dB未満及び10 dB未満の3区分で
                                                  dB未満の3区分で規定           規定している。
                9.2.4 残響室内の時間      9.2.3 9.2.2に規定する暗騒音 変更    JISでは,新たに規定している暗騒·JISによって測定される音響パ
                積分音圧レベルの平均             補正に基づいた平均値          音補正に基づいた平均値の計算を ワーレベルのグレード1(精密級)
                値の計算                         の計算を規定                  規定している。                の精度を高める。
                9.2.5 残響室の等価吸      9.2.4 JISにほぼ同じ        追加    JISでは,残響室における直接法に実質的な差異はない。
                音面積を用いた音響エ                                            よる騒音源の音響エネルギーレベ
                ネルギーレベルの算出                                            ルの測定の原理及び各種の補正項
                (直接法)                                                      の説明を記載した附属書JBについ
                                                                                 て注記を追加している。
                9.2.6 基準音源を用い      9.2.5  JISにほぼ同じ       追加    JISでは,比較法による騒音源の音実質的な差異はない。
                た音響エネルギーレベ                                            響エネルギーレベルの算出式で,基
                ルの算出(比較法)                                              準音源の基準気象条件における音
                                                                                 響パワーレベルを用いることを規
                                                                                 定し,その原理を附属書JBに記載
                                                                                 している。
     10 測定不 10.2 σomcの算定          10.2   JISにほぼ同じ       変更    JISでは,暗騒音補正に基づいた平実質的な差異はない。
     確かさ                                                                     均値の計算を規定し,それらに対応
                                                                                 する諸量を記載している。
     附属書A   A.2 残響室の容積          A.2    JISにほぼ同じ       変更    JISでは,測定対象周波数の最低周実質的な差異はない。
                                                                                 波数が125 Hzのオクターブバンド
                                                                                 (又は100 Hzの1/3オクターブバ
                                                                                                                                              Z8
                                                                                 ンド)の場合に,残響室の最小容積
                                                                                                                                                 73
                                                                                 の推奨値を200 m3としている。
                                                                                                                                                   4 : 2
     附属書JA
                                                                                                                                                      0 2
     附属書JB
                                                                                                                                                         1
                                                                                                                                                  8

――――― [JIS Z 8734 pdf 68] ―――――

   66
    Z 8734 : 2021
                                                                                                                                              Z8
                                                                                                                                                  8
     JISと国際規格との対応の程度の全体評価 : ISO 3741:2010,MOD
                                                                                                                                                 7
     注記1 箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。
                                                                                                                                                  34 : 2
            − 削除 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。
                                                                                                                                                      0
            − 追加 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。
                                                                                                                                                        21
            − 変更 国際規格の規定内容を変更している。
     注記2 JISと国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。
            − MOD 国際規格を修正している。

JIS Z 8734:2021の引用国際規格 ISO 一覧

  • ISO 3741:2010(MOD)

JIS Z 8734:2021の国際規格 ICS 分類一覧

JIS Z 8734:2021の関連規格と引用規格一覧

ソフトウェア工学(基本/製品の品質・評価/リスク抑制・測定)

価格 21,230円(税込)本体価格:19,300円

発売年月日:2020-01-31

JIS HB 66-1 ソフトウェア 2020

Amazon詳細ページへ

※最新の情報は詳細ページでご確認ください。

JIS ハンドブックから規格の検索、規格番号や名称が調べて探すことができます。
JIS ハンドブック 一覧 規格 種類別