JISA8913 : 1991 土工機械-排油,給油及び点検用プラグ

JIS A 8913:1991の規格概要

この規格 A8913は、JIS A 8905に示す工具を使用して,作業現場でのプラグの取外し,取付けを容易にするため,プラグの種類,形状及びサイズについて規定。プラグを製造するための寸法及び材料については規定しない。土工機械の潤滑油,冷却水,作動油及び燃料を交換する場合に必要な排油,給油及び点検に用いるプラグについて適用。

JISA8913 規格全文情報

規格番号
JIS A8913 
規格名称
土工機械-排油,給油及び点検用プラグ
制定年月日
1991/03/01
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 6302:1986(MOD)
国際規格分類

ICS

53.100
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1991-03-01制定日
  • 1996-02-01確認日
  • 2001-08-20確認日
  • 2006-11-20確認日
  • 2011-10-20確認日
  • 2016-10-20確認日

日本産業規格 JIS

A 8913-1991

土工機械−排油,給油及び点検用プラグ

Earth-moving machinery−Drain, fill and level plugs

日本産業規格としてのまえがき

この規格は,1986年第2版として発行されたISO 6302 (Earth-moving machinery−Drain, fill and level plugs)

を翻訳し,原国際規格の様式によって作成した日本産業規格であるが,規格の名称を“土工機械−排油,

給油及び点検用プラグ”とし,規定内容の一部を我が国の実情に即して変更した。

なお,この規格で下線(点線)を施してある箇所は,原国際規格の規定内容を変更した事項又は原国際

規格にはない事項である。

1. 目的 この規格は,JIS A 8905に示す工具を使用して,作業現場でのプラグの取外し,取付けを容易

にするため,プラグの種類,形状及びサイズについて規定する。

ここでは,プラグを製造するための寸法及び材料については規定しない。

2. 適用範囲 この規格は,土工機械の潤滑油,冷却水,作動油及び燃料を交換する場合に必要な排油,

給油及び点検に用いるプラグに適用する。

3. 引用規格

ISO 7/1 Pipe threads where pressure-tight joints are made on the threads−Part 1 : Designation, dimensions

and tolerances

参考 JIS B 0203(管用テーパねじ)が,この国際規格と一致している。

ISO 261 ISO general purpose metric screw threads−General plan

参考 JIS B 0207(メートル細目ねじ)で規定しているメートル細目ねじの山形,サイズ及

びピッチが,この国際規格のそれらと一致している。

ISO 263 ISO inch screw threads−General plan and selection for screws, bolts and nuts−Diameter range

0.06 to 6 in.

参考 JIS B 0208(ユニファイ細目ねじ)で規定しているユニファイ細目ねじの山形,サイ

ズ及びねじ山数/1インチが,この国際規格のそれらと一致している。

ISO 724 ISO metric screw threads−Basic dimensions

参考 この規格は,メートルねじ基準寸法の規格で,JIS B 0207(メートル細目ねじ)で規

定しているメートル細目ねじの基準寸法が,この国際規格と一致している。

ISO 725 ISO inch screw threads−Basic dimensions

[ JIS A8913 : 1991.pdf Page : 1 / 4 ]ページ TOPへ

2

A 8913-1991

参考 JIS B 0208(ユニファイ細目ねじ)で規定しているユニファイ細目ねじ(UNFねじ)

の基準寸法が,この国際規格のそれと一致している。

ISO 4510 Earth-moving machinery−Maintenance and adjustment tools

参考 JIS A 8905(建設機械用搭載工具の種類及び寸法)が,この国際規格と一致している。

4. 種類及び主要寸法

4.1

A形及びB形 種類及び主要寸法は,表1による。

表1 A形及びB形

単位mm

管用テーパねじ

(JIS B 0203)

d

A形

B形

四角穴二面幅(1)

s1

四角穴深さ

t1(最小)

頭部二面幅(1)

s2

頭部高さ(2)

k1

R1/8

12

5

R1/4

14

5

R3/8

19

6

R1/2

22

6

R3/4

12.5

8

27

8

R1

12.5

10

36

8

R11/4

20

12

46

10

R11/2

20

12

50

10

適用工具

(JIS A 8905)

ソケットレンチ用ハンドル

スパナ又はめがねレンチ

注(1) 工具のサイズを示し,プラグの寸法ではない。

(2) 呼び(基準寸法)を示す。

4.2

C形及びD形 種類及び主要寸法は,表2による。

表2 C形及びD形

[ JIS A8913 : 1991.pdf Page : 2 / 4 ]ページ TOPへ

3

A 8913-1991

単位mm

(JIS B 0207)

ねじ(JIS B 0208)

d1

C形

D形

四角穴二面幅(1)

s3

四角穴深さ

t2(最小)

頭部二面幅(1)

s4

頭部高さ(2)

k2

M8×1

(5/16-24UNF)

13

5

M10×12.5

(3/8-24UNF)

17

5

M12×12.5

(1/2-20UNF)

19

5

M16×1.5

(5/8-18UNF)

24

7

M20×1.5

(3/4-16UNF)

30

7

M24×1.5

(1-12UNF)

12.5

8

32

7

M27×1.5

32

8

M30×1.5

(11/4-12UNF)

20

12

41

8

M33×1.5

41

10

M36×1.5

(11/2-12UNF)

20

12

46

10

M42×1.5

20

12

55

10

M48×1.5

20

12

60

10

適用工具

(JIS A 8905)

ソケットレンチ用ハンドル

スパナ又はめがねレンチ

5. 使い分け A形,B形,C形及びD形の使い分けは,表3による。

表3 使い分け

使い分け

推奨するプラグの種類

プラグの損傷が予想されるところ

A形及びC形(C形が望ましい)

すきまの問題があるところ

A形及びC形(C形が望ましい)

定期的な取外しと取付けがあるところ

D形

取外しと取付けがほとんどないところ

B形

[ JIS A8913 : 1991.pdf Page : 3 / 4 ]ページ TOPへ

4

A 8913-1991

JIS原案作成委員会 構成表

(1) 本委員会

氏名

所属

(委員長)

藤 本 義 二

建設機械化研究所

伊佐山 建 志

通商産業省機械情報産業局産業機械課

池 田 要

工業技術院標準部

高 島 清

労働省労働基準局安全衛生部

長 健 次

建設省土木研究所機械施工部

山 名 良

建設省建設大学校建設部

本 浩 司

運輸省港湾局技術課

永 盛 峰 雄

千葉工業大学

会 田 紀 雄

三菱重工業株式会社相模原製作所

渡 辺 岑 生

新キャタピラー三菱株式会社生産機設計部

瀧 澤 幸 利

株式会社小松製作所技術本部

渡 辺 正

日立建機株式会社生産本部

宮 岡 諭

油谷重工株式会社技術部

瀧 田 幸

小松メック株式会社技術センタ

染 谷 昌 美

東洋運搬機株式会社竜ヶ崎工場

森 木 泰 光

マルマ重車輌株式会社

志 田 宜 勇

水資源開発公団第一工務部

水 口 弘

株式会社大林組東京本社機械部

藤 野 茂 雄

大成建設株式会社機械部

中 村 秀 雄

鹿島建設株式会社機械部

宮 下 勲

株式会社熊谷組機材部

高 野 漠

日本舗道株式会社機械部

小 室 一 夫

西松建設株式会社平塚製作所

野 村 昌 弘

国土開発工業株式会社営業部

(事務局)

大 橋 秀 夫

社団法人日本建設機械化協会

(2) 第3小委員会

氏名

所属

(委員長)

瀧 澤 幸 利

株式会社小松製作所技術本部

瀧 田 幸

小松メック株式会社技術センタ

榎 本 久 雄

日立建機株式会社土浦工場

綿 谷 福 二

三菱重工業株式会社相模原製作所

中 田 寛

新キャタピラー三菱株式会社サービス部

田 口 正 則

東洋運搬機株式会社竜ヶ崎工場

松 田 憲

マルマ重車輌株式会社技術部

鳥 飼 勝

油谷重工株式会社技術部

木 下 幹 男

株式会社熊谷組機材部

岩 井 誉 男

川崎重工業株式会社品質保証部

高 見 眞

住友建機株式会社千葉工場

池 川 澄 夫

工業技術院標準部

本 郷 慎 一

建設機械化研究所

(事務局)

大 橋 秀 夫

社団法人日本建設機械化協会

(文責 瀧澤幸利)

[ JIS A8913 : 1991.pdf Page : 4 / 4 ]ページ TOPへ

JIS A 8913:1991の対応国際規格一覧

  • ISO 6302:1986(MOD)

JIS A 8913:1991の引用国際規格一覧

  • ISO 261
  • ISO 263
  • ISO 4510
  • ISO 7-1
  • ISO 724
  • ISO 725

JIS A 8913:1991の国際規格分類一覧

  • 53.100