JIS M 0103:2020 ボーリング用機械・器具用語

JIS M 0103:2020 規格概要

この規格 M0103は、地質調査,地下資源調査,地下資源開発,グラウトホール,基礎くい(杭)などにおいて地中をせん(穿)孔する機械であって,主としてビットを地盤に押し付けて回転掘削を行う構造のボーリング用機械及び器具の用語及び定義について規定。

JISM0103 規格全文情報

規格番号
JIS M0103 
規格名称
ボーリング用機械・器具用語
規格名称英語訳
Glossary of terms for drilling equipments and tools
制定年月日
1968年3月1日
最新改正日
2020年11月20日
JIS 閲覧
‐ 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

01.040.73, 73.100, 91.220
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
‐ 
改訂:履歴
1968-03-01 制定日, 1972-01-01 確認日, 1975-01-01 確認日, 1977-12-01 確認日, 1983-03-01 確認日, 1987-10-01 確認日, 2002-02-20 確認日, 2003-03-20 改正日, 2008-03-20 確認日, 2012-10-22 確認日, 2017-10-20 確認日, 2020-11-20 改正
ページ
JIS M 0103:2020 PDF [38]
                                                                                   M 0103 : 2020

pdf 目 次

ページ

  •  1 適用範囲・・・・[1]
  •  2 引用規格・・・・[1]
  •  3 分類・・・・[1]
  •  4 用語及び定義・・・・[2]
  •  4.1 一般・・・・[2]
  •  4.2 基本・・・・[2]
  •  4.3 機械及び附属機器・・・・[3]
  •  4.4 ビット類・・・・[7]
  •  4.4.1 ビット・・・・[7]
  •  4.4.2 ダイヤモンドビット・・・・[8]
  •  4.4.3 メタルビット・・・・[10]
  •  4.4.4 リーミングシェル・・・・[13]
  •  4.4.5 その他のビット・・・・[15]
  •  4.5 コアバーレル・・・・[17]
  •  4.5.1 シングルチューブコアバーレル・・・・[17]
  •  4.5.2 多重管コアバーレル・・・・[18]
  •  4.5.3 ワイヤーラインコアバーレル・・・・[20]
  •  4.5.4 マッドチューブ・・・・[22]
  •  4.6 ボーリングロッド及びウォータースイベル・・・・[23]
  •  4.6.1 ボーリングロッド及びドリルカラー・・・・[23]
  •  4.6.2 ウォータースイベル・・・・[24]
  •  4.7 揚降器具類・・・・[25]
  •  4.7.1 滑車・・・・[25]
  •  4.7.2 ワイヤーロープ附属器具・・・・[27]
  •  4.7.3 揚降器具・・・・[28]
  •  4.8 保持器具・・・・[29]
  •  4.9 孔壁保護器具・・・・[31]
  •  4.9.1 ドライブパイプ・・・・[31]
  •  4.9.2 ケーシング・・・・[32]
  •  4.9.3 ケーシング関係器具・・・・[34]
  •  4.10 事故回復用具など・・・・[35]
  •  4.10.1 タップ・・・・[35]
  •  4.10.2 その他の器具・・・・[35]

(pdf 一覧ページ番号 1)

――――― [JIS M 0103 pdf 1] ―――――

           M 0103 : 2020

まえがき

  この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人
日本産業機械工業会(JSIM)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産
業規格を改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産
業規格である。これによって,JIS M 0103:2003は改正され,この規格に置き換えられた。
  この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。
  この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意
を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実
用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

(pdf 一覧ページ番号 2)

――――― [JIS M 0103 pdf 2] ―――――

                                      日本産業規格                            JIS
                                                                             M 0103 : 2020

ボーリング用機械·器具用語

Glossary of terms for drilling equipments and tools

1 適用範囲

 この規格は,地質調査,地下資源調査,地下資源開発,グラウトホール,基礎くい(杭)などにおいて
地中をせん(穿)孔する機械であって,主としてビットを地盤に押し付けて回転掘削を行う構造のボーリ
ング用機械及び器具の用語(以下,用語という。)及び定義について規定する。
  この規格は,ロータリーテーブル型又は衝撃式,回転打撃式若しくは回転振動式のボーリング用機械及
び器具の用語は規定しない。
  注記1 ロータリーテーブル型のボーリング用機械は,石油,天然ガスなどの大規模な採掘を目的に利
          用するものである。
  注記2 衝撃式,回転打撃式及び回転振動式のボーリング用機械は,土木工事専用機であり,掘削方式
          がそれぞれ衝撃,打撃及び振動を利用している。

2 引用規格

  この規格には,引用規格はない。

3 分類

  用語の分類は,次による。
a) 基本
b) 機械及び附属機器
c) ビット類
  1) ビット
  2) ダイヤモンドビット
  3) メタルビット
  4) リーミングシェル
  5) その他のビット
d) コアバーレル
  1) シングルチューブコアバーレル
  2) 多重管コアバーレル

――――― [JIS M 0103 pdf 3] ―――――

           2
M 0103 : 2020
  3) ワイヤーラインコアバーレル
  4) マッドチューブ
e) ボーリングロッド及びウォータースイベル
  1) ボーリングロッド及びドリルカラー
  2) ウォータースイベル
f) 揚降器具類
  1) 滑車
  2) ワイヤーロープ附属器具
  3) 揚降器具
g) 保持器具
h) 孔壁保護器具
  1) ドライブパイプ
  2) ケーシング
  3) ケーシング関係器具
i) 事故回復用具など
  1) タップ
  2) その他の器具

4 用語及び定義

4.1 一般

  用語及び定義は,4.24.10による。
  なお,対応英語とともに,慣用語があるものも,参考として示す。また,定義の文章の中で用語の後の
丸括弧内の数字は,この規格で定義している用語の番号を示す。

4.2 基本

  番号    用語                         定義                      対応英語(参考) 慣用語(参考)
 1101 ボーリング                                                 boring,
                    ビット(3101)に回転及び推力を与えて地盤又は構築物           試すい(錐),
                    にあな(孔)をあけること                      drilling      せん(穿)孔,
                                                                                  削孔
 1102 コア        コアビット(3102)で切取った円柱状の採取物    core
 1103 コアリング  ボーリング(1101)でコア(1102)を採取すること coring
 1104 ノンコアリン                                               noncoring
                    ボーリング(1101)でコア(1102)を採取しないこと
         グ
 1105 リーミング  ボーリング(1101)で孔径を拡大すること        reaming
 1106 カッティング ボーリング(1101)で発生する掘りくず(屑)    cuttings      切粉
         ス
 1107 スライム                                                   slime,
                    掘りくず又は崩壊物と劣化した掘削流体(1108)との混
                    合物                                          sludge

――――― [JIS M 0103 pdf 4] ―――――

                                                                                             3
                                                                                   M 0103 : 2020
  番号    用語                         定義                      対応英語(参考) 慣用語(参考)
 1108 掘削流体                                                   drill fluid
                    刃先の冷却,孔内からのカッティングス(1106)及びス           掘削水
                    ライム(1107)の排除,又は孔壁の保護を目的に,ボー
                    リングロッド(5101)を通してビット(3101)先端に圧
                    送される空気,泡,清水,泥水などの流体

4.3 機械及び附属機器

  番号    用語                         定義                      対応英語(参考) 慣用語(参考)
 2101 ボーリングマ ボーリング(1101)に使用する機械                             試すい機,
                                                                   boring machine,
         シン        注釈1 回転及び給進装置を備えたスイベルヘッド               せん孔機,
                                                                   drilling machine
                            (2105),ボーリングホイスト(2109),トラン         削孔機
                            スミッション,原動機などで構成する。
 2102 スピンドル型                                               spindle type
                    スイベルヘッド(2105)に組み込まれたスピンドルがス
         ボーリング ライド移動する方式のボーリングマシン(2101)    boring
         マシン      注釈1 図2102参照。                            machine
 2103 パワードライ                                               power drive type
                    スイベルヘッド(2105)がドライブシャフトに沿ってス           ローヘッド
         ブ型ボーリ ライド移動する方式のボーリングマシン(2101)    boring
         ングマシン  注釈1 図2103参照。                            machine
 2104 パワースイベ                                               power swivel
                    駆動装置を搭載したスイベルヘッド(2105)がスライド           トップドライ
         ル型ボーリ 移動する方式のボーリングマシン(2101)          type boring   ブ
         ングマシン  注釈1 図2104参照。                            machine
 2105 スイベルヘッ                                               swivel head
                    ボーリングマシン(2101)の掘進部で,ボーリングロッ
         ド        ド(5101)に回転及び推力を与える装置
 2106                                                             hydraulic feed
       油圧フィード 油圧シリンダーによってスイベルヘッド(2105)を前進           油圧
                    又は後退させる機能をもつ給進装置
 2108 ハンドフィー                                               hand feed
                    レバー又はハンドルを操作してピニオンを回転させ,ラ           ハンド
         ド        ックに連結したスイベルヘッド(2105)を前進又は後退
                    させる機能をもつ給進装置
                      注釈1 図2108参照。
 2109 ボーリングホ                                               hoist
                    ボーリングロッド(5101),コアバーレル,ビット(3101)
         イスト    などの掘削器具を揚降するために使用する巻上げ装置
                      注釈1 ドラム型及びコーンプーリー型がある。
                      注釈2 図2109参照。
 2110 ドラム型ホイ                                               drum hoist
                    円筒状の巻胴を回転させてワイヤーロープで巻き取る
         スト      巻上げ装置
                      注釈1 図2109参照。
 2111 コーンプーリ                                               cathead
                    回転している鼓形の巻胴にロープを2回3回巻き付け,             コーンプーリ
         ー型ホイス ロープを引く力を調整することによってパイプの打込               ー
         ト        み·打上げ作業及び器具の揚降に使用する巻上げ装置
                      注釈1 図2109参照。
 2112 ワイヤーライ                                               wire line hoist
                    ワイヤーラインコアバーレル(4301)のインナーチュー
         ンホイスト ブ(4204)及びワイヤーラインオーバショット(4303)
                    を揚降させる巻上げ装置
                      注釈1 ボーリングマシン取付型及び別置型があり,
                            それぞれ図2112 a)及び図2112 b)参照。
 2113                                                             rod puller
       ロッドプラー 空圧シリンダー又は油圧シリンダーのピストンロッド
                    に取り付けたグリップによって,ボーリングロッド
                    (5101)を揚降させる装置

――――― [JIS M 0103 pdf 5] ―――――

           4
M 0103 : 2020
  番号    用語                         定義                      対応英語(参考) 慣用語(参考)
 2114 ボーリングポ                                               boring pump
                    ボーリング(1101)でカッティングス(1106)又はスラ
         ンプ      イム(1107)の排出,及びビット(3101)の刃先の冷却
                    のためにボーリングロッド(5101)を通してビット
                    (3101)に掘削流体(1108)を送るポンプ
                      注釈1 型式はピストン式及びプランジャー式が多
                            い。
                      注釈2 図2114参照。
 2115 ピストン式ボ                                               piston type
                    シリンダー内を往復動するピストンの両側にそれぞれ
         ーリングポ に吸入弁及び吐出し弁を備えた複動式のボーリングポ boring pump
         ンプ      ンプ(2114)
 2116 プランジャー                                               plunger type
                    シリンダー内を往復動するプランジャーの片側に吸入
         式ボーリン 弁及び吐出し弁を備えた単動式のボーリングポンプ  boring pump
         グポンプ  (2114)
 2117 マッドミキサ                                               mud mixer
                    ベントナイト又は他の材料と水とを混合し,ボーリング
         ー        (1101)に使用する掘削流体(1108)を作るかくはん(攪
                    拌)機
                      注釈1 かくはん翼が槽の中で回転するものが多い。
                      注釈2 ポンプの圧力水を利用したジェット式もあ
                            る。
                      注釈3 図2117参照。
 2118 ボーリングや 掘削器具の揚降作業を行うために使用するやぐら  derrick mast
         ぐら        注釈1 図2118参照。
 2119 サブストラク                                               substructure
                    ボーリングやぐら(2118),ボーリングマシン(2101)な
         チャー    どを,地上の所定の高さに設置するための下部構造物
                      注釈1 図2118参照。
      図2102−スピンドル型ボーリングマシン        図2103−パワードライブ型ボーリングマシン

――――― [JIS M 0103 pdf 6] ―――――

                                                                                             5
                                                                                   M 0103 : 2020
    図2104−パワースイベル型ボーリングマシン               図2108−ハンドフィード
                                  図2109−ボーリングホイスト

――――― [JIS M 0103 pdf 7] ―――――

           6
M 0103 : 2020
                    a) 取付型                                     b) 別置型
                                図2112−ワイヤーラインホイスト
            図2114−ボーリングポンプ                       図2117−マッドミキサー

――――― [JIS M 0103 pdf 8] ―――――

                                                                                             7
                                                                                   M 0103 : 2020
                                   図2118−ボーリングやぐら

4.4 ビット類

4.4.1 ビット

  番号    用語                         定義                      対応英語(参考) 慣用語(参考)
 3101 ビット      ボーリング(1101)に使用する刃先              bit
                      注釈1 コア(1102)採取のために環状に掘削する刃を
                            もつコアビット(3102)及び全断面を掘削する
                            ノンコアビット(3103)がある。
                      注釈2 刃先の材質にダイヤモンド又はPDC(3104)
                            を使用したダイヤモンドビット,及びメタル
                            チップ(3303),硬質合金などを使用したメタ
                            ルビットがある。
 3102 コアビット                                                 coring bit
                    コア(1102)採取のために環状に地盤を掘削する刃先を
                    もつビット(3101)
 3103 ノンコアビッ                                               non coring bit
                    コア(1102)を必要としない掘削目的に使用する全断面           ノンコア
         ト        を掘削するビット(3101)
 3104 PDC                                                        polycrystalline
                    ビット(3101)の材料として使用される,合成ダイヤモ
                    ンドの粉体を焼結したもの                        diamond
                      注釈1 任意の形に成形される。                  compact

――――― [JIS M 0103 pdf 9] ―――――

           8
M 0103 : 2020

4.4.2 ダイヤモンドビット

  番号    用語                         定義                      対応英語(参考) 慣用語(参考)
 3201 ダイヤモンド 刃先にダイヤモンドを使用したコアビット(3102) diamond coring ダイヤビット
         コアビット  注釈1 主に硬岩及び中硬岩の掘削に使用する。    bit
                      注釈2 サーフェイスセットダイヤモンドコアビット
                            (3202)及びダイヤモンドインプリグネイテ
                            ッドコアビット(3203)がある。
 3202 サーフェイス                                               surface set
                    ダイヤモンド粒をビット(3101)の表面に植え付けて作           サーフェイス
         セットダイ ったコアビット(3102)                          diamond       ビット
         ヤモンドコ  注釈1 主に硬岩及び中硬岩の掘削に使用する。形状 coring bit
         アビット          は円筒状で,ダイヤモンド植付け部,胴部及び
                            ねじ部からできている。
                      注釈2 刃部の輪郭には,ラウンドタイプ[図3202 a)
                            参照],ステップタイプ[図3202 b)参照]など
                            がある。
                      注釈3 使用目的別には,シングルチューブコアバー
                            レル(4101)用及び多重管コアバーレル用があ
                            り,シングルチューブコアバーレル(4101)用
                            には,内部にコアリフター(4108)を装着でき
                            るベベルウォールタイプ及び装着しないスト
                            レートウォールタイプがある。
 3203 ダイヤモンド                                               diamond
                    ダイヤモンドの粉末と金属粉末とを混合して作ったコ             インプリビッ
         インプリグ アビット(3102)                                impregnated   ト
         ネイテッド  注釈1 主に硬岩及び破砕帯の掘削に使用する。    coring bit
         コアビット  注釈2 使用目的別には,シングルチューブコアバー
                            レル(4101)用及び多重管コアバーレル用があ
                            り,シングルチューブコアバーレル(4101)用
                            にはベベルウォールタイプ及びストレートウ
                            ォールタイプがある。
                      注釈3 図3203参照。
 3204 ダイヤモンド 中央部がくぼんだ形状で,ダイヤモンド粒をビット diamond concave
         コンケーブ (3101)の表面に植え付けて作ったノンコアビット  bit
         ビット    (3103)
                      注釈1 主に中硬岩及び軟岩の掘削に使用する。
                      注釈2 図3204参照。
 3205 ダイヤモンド 先端部が半球形の形状で,ダイヤモンド粒をビット diamond convex
         コンベック (3101)の表面に植え付けて作ったノンコアビット  bit
         スビット  (3103)
                      注釈1 主に中硬岩及び軟岩の掘削に使用する。
                      注釈2 図3205参照。
 3206 ダイヤモンド                                               diamond pilot bit
                    ビット(3101)の中央部が突き出た形状で,その面にダ
         パイロット イヤモンド粒を植え付けて作ったノンコアビット
         ビット    (3103)
                      注釈1 主に中硬岩及び軟岩の掘削に使用する。
                      注釈2 上段面が先進してパイロットの役割をし,下
                            段面で拡孔しながら掘削するので,あな(孔)
                            曲がりが少ない。
                      注釈3 図3206参照。
 3207 PDCビット   PDC(3104)を植え付けたビット(3101)         polycrystalline
                      注釈1 主に軟岩の掘削に使用する。              diamond
                      注釈2 図3207参照。                            compact bit

――――― [JIS M 0103 pdf 10] ―――――

                                                                                             9
                                                                                   M 0103 : 2020
                   a) ラウンドタイプ                             b) ステップタイプ
                       図3202−サーフェイスセットダイヤモンドコアビット
  図3203−ダイヤモンドインプリグネイテッドコアビット   図3204−ダイヤモンドコンケーブビット
     図3205−ダイヤモンドコンベックスビット         図3206−ダイヤモンドパイロットビット

――――― [JIS M 0103 pdf 11] ―――――

           10
M 0103 : 2020
                                      図3207−PDCビット

4.4.3 メタルビット

  番号    用語                         定義                      対応英語(参考) 慣用語(参考)
 3301 メタルクラウ                                               cemented carbide
                    円筒状の形状で,刃先にメタルチップ(3303)を植え付           メタルビット
         ン        けているコアビット(3102)                      bit
                      注釈1 主に中硬岩,軟岩及び未固結堆積層の掘削に
                            使用する。
                      注釈2 コアチューブ(4103),コアシェル(4107)な
                            どと接続して使用する。
                      注釈3 図3301参照。
 3302 ブランククラ                                               bit blank
                    メタルクラウン(3301)にメタルチップ(3303)を植え
         ウン      付ける前の状態のもの
                      注釈1 目的に応じてメタルチップ(3303)などを植え
                            付け,メタルクラウン(3301)として使用する。
                      注釈2 図3302参照。
 3303                                                             metal tip,
       メタルチップ ボーリング(1101)に使用する超硬チップなどの総称             メタル
                                                                   cemented carbide
                      注釈1 ビット(3101)の刃先として使用するほか,ロ
                                                                     tip
                             ッドホルダー(7101)の刃部,カップリングの
                             外周などに植えて耐摩耗性を増すために使用
                             する。
                      注釈2 図3303参照。
 3304 ウィングクラ                                               winged coring bit
                    メタルクラウン(3301)の外周に張出しを付けたコアビ
         ウン      ット(3102)
                      注釈1 軟質地盤に大きなあな(孔)をあける場合[図
                            3304 a)参照],粘土層などで孔壁とコアチュー
                            ブ(4103)との間隙を大きくしてスライム
                            (1107)の排出を良くする場合[図3304 b)参
                            照]などに使用する。

――――― [JIS M 0103 pdf 12] ―――――

                                                                                            11
                                                                                   M 0103 : 2020
  番号    用語                         定義                      対応英語(参考) 慣用語(参考)
 3305 フラットビッ 先端が平らなノンコアビット(3103)            flat bit,    フィッシュテ
         ト                                                       fish tail bit
                      注釈1 主に軟質地盤及び砂利層の掘削に使用する。               ールビット
                      注釈2 全体が魚の尾のような形をしたものもある。
                            図3305 b)参照。
                      注釈3 刃先に硬質合金を溶接又はろう付けしたもの
                            及びメタルチップ(3303)を植え付けたものが
                            ある。
                      注釈4 ボーリングロッド(5101)又はドリルカラー
                            (5103)と接続して使用する。
                      注釈5 図3305 a)及び図3305 b)参照。
 3308 ウィングビッ 複数の羽根をもつノンコアビット(3103)        wing bit
         ト          注釈1 主に軟弱層及び砂れき(礫)層の掘削に使用す
                            る。
                      注釈2 刃先に硬質合金を溶接又はろう付けしたもの
                            及びメタルチップ(3303)を植え付けたものが
                            ある。
                      注釈3 図3308参照。
 3309 ロッドクラウ                                               cemented carbide
                    厚肉円筒状の形状で,メタルチップ(3303)を植え付け           ロッドビット
         ン                                                         rod bit
                    ている,刃先径がボーリングロッド(5101)よりやや大
                    きいノンコアビット(3103)
                      注釈1 発破孔,グラウト孔などの掘削に使用する。
                      注釈2 図3309参照。
 3310                                                             reaming bit
       クロスビット ビット(3101)の先端に案内が付いた形状で,切削面に           拡孔ビット
                    メタルチップ(3303)を植え付けているノンコアビット

(pdf 一覧ページ番号 3103)

                      注釈1 既に掘ったあな(孔)を拡孔する際に使用す
                             る。
                      注釈2 作業によっていろいろな形状のものがある。
                      注釈3 図3310参照。
             図3301−メタルクラウン                       図3302−ブランククラウン

――――― [JIS M 0103 pdf 13] ―――――

           12
M 0103 : 2020
                                     図3303−メタルチップ
                       a)                                            b)
                                   図3304−ウィングクラウン
                       a)                                            b)
                                    図3305−フラットビット

――――― [JIS M 0103 pdf 14] ―――――

                                                                                            13
                                                                                   M 0103 : 2020
             図3308−ウィングビット                        図3309−ロッドクラウン
                                     図3310−クロスビット

4.4.4 リーミングシェル

  番号    用語                         定義                      対応英語(参考) 慣用語(参考)
 3401 リーミングシ                                               reaming shell
                    ビット(3101)の後部に取り付け,ビット(3101)の掘           リーマー
         ェル      削と側面切削とを同時に行い,孔径を一定に維持するた
                    めに使用する円筒状の刃先
                      注釈1 ダイヤモンドリーミングシェル(3402)及びメ
                            タルリーミングシェル(3403)がある。
 3402 ダイヤモンド                                               diamond reaming
                    ダイヤモンドを側面切削刃先材とするリーミングシェ             ダイヤリーマ
         リーミング ル(3401)                                      shell         ー
         シェル      注釈1 サーフェイスセットタイプ及びインプリグネ
                            イテッドタイプがある。
                      注釈2 サーフェイスセットタイプには,外周全面に
                            ダイヤモンド粒を植え付けたバランスタイプ
                            [図3402 a)参照],及びダイヤモンド粒を植
                            え付けた小片を外周の数箇所にろう付けした
                            インサートタイプ[図3402 b)参照]がある。

――――― [JIS M 0103 pdf 15] ―――――

次のページ PDF 16

JIS M 0103:2020の国際規格 ICS 分類一覧

基本(用語・図記号/通則・一般),試験・測定,電気計器(電気指示計器/電力量計),電気測定器,工業計器

価格 18,370円(税込)本体価格:16,700円

発売年月日:2021-01-29

JIS HB 47 電気計測 2021

Amazon詳細ページへ

※最新の情報は詳細ページでご確認ください。

JIS ハンドブックから規格の検索、規格番号や名称が調べて探すことができます。
JIS ハンドブック 一覧 規格 種類別