JIS W 0107:1987 航空用語(航空機用電気及び灯火系統)

JIS W 0107:1987 規格概要

この規格 W0107は、航空用語のうち航空機の電気系統(負荷となるもの及び発動機の電気系統を除く。)及び燈火系統に通常用,用語について規定。

JISW0107 規格全文情報

規格番号
JIS W0107 
規格名称
航空用語(航空機用電気及び灯火系統)
規格名称英語訳
Glossary of terms for aircraft electrical and lighting systems
制定年月日
1972年1月1日
最新改正日
2015年10月20日
JIS 閲覧
‐ 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

01.040.49, 49.060
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
‐ 
改訂:履歴
1972-01-01 制定日, 1975-01-01 確認日, 1978-01-01 確認日, 1983-06-01 確認日, 1987-05-01 改正日, 1992-02-01 確認日, 2000-11-20 確認日, 2005-09-20 確認日, 2010-10-01 確認日, 2015-10-20 確認
ページ
JIS W 0107:1987 PDF [5]
                                       日本工業規格(日本産業規格)                            JIS
W 0107 - 1987

航空用語(航空機用電気及び灯火系統)

Glossary of Terms for Aircraft Electrical and Lighting Systems

1. 適用範囲 この規格は,航空用語のうち航空機の電気系統(負荷となるもの及び発電機の電気系統を
除く。)及び灯火系統に用いる主な用語について規定する。
2. 分類 用語の分類は,次のとおりとする。
(1) 電気系統に関する用語
(2) 電源機器に関する用語
(3) 配電に関する用語
(4) 灯火に関する用語
3. 用語·意味 用語及び意味は,次のとおりとする。
なお,参考のため対応英語を示す。
備考1. 用語欄で二つの用語を並べてある場合は,その順位に従って優先的に使用する。
2. 用語欄で( )を付けて示してある用語は,( )内を省略してもよい。
(1) 電気系統に関する用語
番号 用語 意味 対応英語(参考)
101 電気系統 制御及び保護装置を含む発電回路,並びに配電回路の総称。 electrical system
102 交流電源方式 交流を主電源とする航空機の電源方式。 AC power system
備考 機器を主体に考える場合は,交流電源系統ともいう。
103 直流電源方式 直流を主電源とする航空機の電源方式。 DC power system
備考 機器を主体に考える場合は,直流電源系統ともいう。
104 並列運転 2台以上の発電機などを並列に接続して運転すること。並行運転ともい parallel running,
う。 parallel operation
105 自動並列接続 交流発電機を並列運転する際,電圧·位相·周波数がすべて等しくなっ auto-paralleling
たときに自動的に接続されること。
106 定常状態 特性が長時間にわたって無視できる程度の変化しか示さないような状 steady state
態。
107 非常動作 電気系統が主発電機から独立している限定された電源によって,限定し emergency operation
た配電機器及び利用機器に電力を供給している状態。
108 始動動作 航空機の推進エンジンの始動中における電気系統の状態。 starting operation
109 保護動作 電気系統に機能不良又は故障が起こった場合,系統の他の部分に機能不 protected operation
良や故障が及ばないように,電気系統の保護装置が動作した状態。

――――― [JIS W 0107 pdf 1] ―――――

2
W 0107 - 1987
番号 用語 意味 対応英語(参考)
110 切換え動作 外部電源との切換えを含め,電源の切換えが行われているときに生じる transfer operation
電気系統の状態。
111 (相間)電圧不 利用機器端子における各相電圧に差が生じている状態。 voltage unbalance
平衡
112 電圧位相差 隣り合った任意の二つの相電圧の波形の基本成分間の電気角度の差を,voltage phase
difference
その瞬間値が負の方向から正の方向に移るときに0レベル(又は直流レ
ベル)を横切る交点間で取った値。
113 ひずみ率 (1) 交流の場合,基本成分の波形を除いた交流波形の実効値と基本成分 distortion factor
の実効値の比。交流ひずみ率という。
(2) 直流の場合,直流に重畳されている交流成分電圧の実効値と直流平
均電圧との比。直流ひずみ率という。
114 ひずみスペクト 交流ひずみ及び直流ひずみの大きさを,各周波数成分の振幅で数量化し distortion spectrum
ル たもの。ひずみスペクトルは交流波形の調波成分及び非調波成分のほか
に,振幅変調及び周波数変調から生じる成分も含む。
115 波高率 交流波形のピーク値と実効値との比。 crest factor
116 周波数偏移 交流の基本波の周波数の最大値と最小値との差。 frequency deviation
117 周波数ドリフト 制御された周波数が環境効果及び経時効果によって,定常状態の限界内 frequency drift rate
率 で緩やかで継続的に変化する量の時間に対する割合。
118 リップル振幅 脈動する単方向波の平均値と瞬時値との差の最大値。 ripple amplitude
119 周波数過渡状態 交流の基本波の周期の逆数で表される値(周波数)が,定常状態から離 frequency transient
れる場合に,それが連続して変化していく軌跡。
120 過電圧 overvoltage
定常状態と過渡状態とを組み合わせた限界値の上限より高い電圧。
121 不足電圧 undervoltage
定常状態と過渡状態とを組み合わせた限界値の下限より低い電圧。
122 保護協調 保護器具又はそれらを組み合わせた保護装置の動作特性曲線が,保護さ coordination
れる線路又は機器の損傷曲線の下にあって,これと交わることがなく,
保護器具が負荷の始動電流又は短時間過負荷に対して動作しないとき,
保護装置と被保護装置との間に保たれている状態。
123 最大連続負荷 指定条件の下で連続して使用できる最大の負荷。 maximum continuous
electrical load
124 電磁適合性 指定された任務遂行中に遭遇する全電磁環境の下で,システム及び関連 electromagnetic
compatibility
するすべてのサブシステム又は機器が,要求された有効度を保ちなが
ら,品質低下を起こさないで性能を発揮する能力。
125 電磁環境 システム,サブシステム又は機器がその任務遂行中に人工及び自然の電 electromagnetic
磁エネルギーを含む合成電磁エネルギーにさらされている状態。 environment
126 電磁干渉 望ましくない応答,容認できない応答,機能不良又は性能低下を生じた electromagnetic
interference
り,相手側からの早期で望ましくない捜索や探知や発見を受ける原因と
なるような電気的又は電子的な妨害,現象,信号又は放射(人工又は自
然の)。ただし,故意に発生させる干渉を除く。
(2) 電源機器に関する用語
番号 用語 意味 対応英語(参考)
201 (機上)発電機 航空機に必要な電力を供給するため,その航空機上に装備される発電機 (aircraft) enerator,
の総称。 (airborne) enerator
202 交流発電機 交流電力を発生する発電機。 AC generator,
周波数の制御状態によって,不定周波数形及び一定周波数形の二つの形 alternator
式に分けられる。
203 直流発電機 直流電力を発生する発電機。 DC generator,
generator
204 始動発電機 エンジン始動時は始動用電動機として用いられ,始動後は電源用発電機 starter-generator
として用いられる形式の発電機。

――――― [JIS W 0107 pdf 2] ―――――

                                                                                              3
W 0107 - 1987
番号 用語 意味 対応英語(参考)
205 エンジン駆動発 主エンジンに直結,又は定速駆動装置を介して機械的に結合された発電 engine driven
電機 機。 generator
206 ラムエアタービ 駆動力としてラムエアタービンを使用した緊急用の発電機。 ram air turbine
ン発電機 generator
207 ブラシレス発電 ブラシを使用しないで同軸上に励磁用の交流発電子を置き,その出力を brushless generator
機 軸上に設けた半導体整流器で整流し,回転磁極を励磁する発電機。
208 パーマネントマ 永久磁石を利用した交流発電機。 permanent magnet
グネット発電機交流発電機の励磁又はエンジン回転速度計などに用いられる。 generator (PMG)
209 コンバータ 通常,交流を直流へ,又は直流相互を変換する機器。 converter
210 インバータ 直流電力を交流電力に変換する機器。 inverter
スタティック形とロータリ形との二つがある。
211 整流器 交流電力を直流電力に整流する機器。 rectifier
212 ゼネレータコン 発電機系統の動作状態を監視し,発電機の動作,出力を制御し,併せて generator control
トロールパネル出力をバスへ接続する継電器又はコンタクタを制御する装置。 panel (GCP),
generator control unit
(GCU)
213 ゼネレータフィ 発電機の界磁電流を開閉する継電器。 generator field relay
ールドリレー (GFR),
filed relay (FR)
214 ゼネレータコン 発電機の出力回路を開閉する接触器 generator (line)
タクタ contacter (GC),
generator breaker
(GB)
215 定速駆動装置 エンジン駆動の交流発電機において,一定周波数を得るために,エンジ constant speed drive
unit (CSD)
ンの回転速度が変化しても発電機の入力軸の回転速度を一定に保つた
めの装置。
216 変圧整流器 交流電力を変圧させるとともに整流をも行う装置。 transformer rectifier
unit (T-R unit)
217 外部電源受け口 外部電源からの電力を取り入れるための機体側の受け口。 external power
receptacle
218 (機上)蓄電池 航空機に搭載される蓄電池。 (aircraft) attery,
(airborne) attery
219 nickel-cadmium
ニッケルカドミ ニッケル及びカドミウムを主体とした材料を陽極及び陰極にそれぞれ
ウム蓄電池 使用した蓄電池。 battery (Ni-Cd
battery)
(3) 配電に関する用語
番号 用語 意味 対応英語(参考)
301 バス, 電源回路を分岐し又は統合し,電力を配分するための単一又は複数の電 bus,
母線 線及び供給回路が接続される導体。 bus bar
302 エッセンシャル 航空機の航行の安全に欠くことができない負荷を接続しているバス。 essential bus
バス
303 スタンドバイバ エッセンシャルバスに障害が生じた場合に切り換えて用いられるバス。 stand by bus,
ス emergency bus
304 タイバス 電力供給の組換えを行うために,あるバスを他のバスに接続するのに用 tie bus
いられるバス(並列運転に用いる場合もある。)。
305 バッテリバス 機上蓄電池に接続するバス。 battery bus
306 ホットバッテリ 回路保護装置なしに機上蓄電池に直接接続するバス。 hot battery bus
バス

――――― [JIS W 0107 pdf 3] ―――――

4
W 0107 - 1987
番号 用語 意味 対応英語(参考)
307 バスタイブレー タイバスを切り離すための遮断器。 bus tie breaker (BTB)

308 バスタイリレー バス相互間の電力供給を遮断又は接続するための継電器。 bus tie relay (BTR)
309 回路遮断器 circuit breaker
電気回路に障害が発生したとき,回路を自動的に遮断するもの。
310 負荷バンク 電気負荷を模擬するための装置。 load bank
311 電気的ボンディ 機器相互間又は機器と機体構造との間に所要の導電性をもたせるよう electrical bonding
ング な手段。 (bonding)
(4) 灯火に関する用語
番号 用語 意味 対応英語(参考)
401 外部照明 航空機の外面に取り付けられ,外部を照明し,又は自己の位置,飛行方 exterior lighting
向などを示す灯火の総称。
402 航空灯 航空機の所在又は飛行方向を示すための外部灯火。 position light,
navigation light
403 翼端灯 両翼端(回転翼航空機では機体の左右の最も外側の部分)に装備され,wing tip light
機体の位置を表示する航空灯。
404 尾灯 機体の後部に装備される航空灯。 tail light
405 衝突防止灯 航空機相互の衝突を防止するため,航空機の周囲の全重要区域を投光す anticollision light
るせん光外部灯火。
406 停泊灯 水上機又は水陸両用機が水上に停泊しているとき,その存在を示すため riding light
機体に取り付ける外部灯火。
407 着陸灯 夜間の離着陸の際,前方視界を得るために航空機の前方を照射する外部 landing light
灯火。
408 タクシーライト地上又は水上を誘導滑走する際,前方を照射する外部灯火。 taxi light
(走行灯)
409 ターンオフライ 地上滑走の際,滑走路から誘導路へ入りやすくするため,航空機の斜め turn-off light
ト 前方を照射する外部灯火。
410 翼照明灯 停留中に翼上面における作業,及び飛行中,翼面の状況を点検するため wing illuminating
に翼面を照射する外部灯火。 light,
wing scan light
411 ロゴライト 大形輸送機において垂直尾翼面の航空会社標識を照射する外部灯火。 logographic light
412 内部照明 航空機の機室内に備えられ,室内の全般又はその一部を照明する灯火の interior lighting
総称。
413 室内灯 機室内の全般を照明する内部灯火。 room light
414 ドアライト 機室内入口のドア付近に取り付け,ドア付近の足もとを照明する内部灯 door light
火。
415 通路灯 客室の通路を照明する灯火。 aisle light
416 計器照明 各計器の指示並びに各スイッチ及び装置類の作用及び位置を乗員に判 instrument lighting
読させるための灯火の総称。
417 計器灯 計器の指示を乗員に判読させるために計器を照明する灯火。 instrument light
418 アナンシエータ 現象が発生した装置,系統,場所などを文字で表示する灯火。annunciator
419 表示灯 特定回路の作動状況を表示する灯火。 indicator light
420 ライティングパ 文字,記号など内部から発光させる灯火をもつ盤。 lighting panel
ネル
421 非常照明 主照明系統から独立し,緊急時に機体外部及び客室内を照明する灯火の emergency lighting
総称。
422 外部非常灯 胴体外側部に取り付け,緊急脱出の際,各翼面上の脱出口,脱出通路,exterior emergency
地表面などを照明する灯火。 light,
exterior evacuation
light

――――― [JIS W 0107 pdf 4] ―――――

                                                                                              5
W 0107 - 1987
番号 用語 意味 対応英語(参考)
423 室内非常灯 緊急時に客室内全般,非常脱出口区域などを照明する灯火。 interior emergency
light,
interior evacuation
light
424 非常脱出口表示 非常脱出口の標識及び非常脱出口の位置を表示する灯火。 exit light

425 主翼着氷監視灯 (1) 主翼のうち着氷によって危険を生じるおそれがある部分を照明す wing ice inspection
る外部灯火。 light
(2) 主翼の着氷の有無を監視するための外部灯火。
426 床面非常脱出通 機内で火災が発生し,煙によって客室通路上一定の高さより上方にある floor proximity
路標識灯 emergency escape
すべての照明源が遮へいされたとき,乗客の脱出を誘導するために通路
床面付近及び非常脱出口下方付近に装備する灯火。 path light
航空規格原案作成委員会 構成表
氏名 所属
(委 員 長) 竹 中 規 雄 日本大学理工学部
(副委員長) 土 屋 武 二 横浜ゴム株式会社航空部品事業部
伊佐山 建 志 通商産業省機械情報産業局航空機武器課
横 溝 眞一郎 工業技術院標準部機械規格課運輸航空規格室
加 藤 晋 運輸省航空局技術部検査課
井 村 勇 海上保安庁警備救難部
瀬 倉 久 男 防衛庁装備局調達補給課
山 根 晧三郎 科学技術庁航空宇宙技術研究所機体第一部荷重研究室
横 田 友 宏 日本定期航空操縦士会
中 西 正 義 社団法人日本航空技術協会常務理事
白 浜 洋 海 日本航空株式会社技術部技術企画室
佐 治 康 雄 全日本空輸株式会社整備本部技術部技術管理課
内 田 憲 夫 東亜国内航空株式会社整備本部技術部
藤 嶋 敏 夫 航空規格調査会
播 磨 克 彦 富士重工業株式会社航空機技術本部設計管理課
金 田 利 泰 三菱重工業株式会社名古屋航空機製作所第二技術部
足 立 三 郎 川崎重工業株式会社航空機事業本部航空機技術本部管理業務課
宇 野 威 信 石川島播磨重工業株式会社航空エンジン事業部技術課
植 田 隆 之 住友精密工業株式会社第一技術部
田 隆 吉 三菱電機株式会社電子システム業務部
(主 査) 竹 内 誠一郎 株式会社東芝特定機器部
立 石 弘 株式会社島津製作所航空機器事業部第1工場第1技術課
(事 務 局) 番 匠 敦 彦 社団法人日本航空宇宙工業会
小 林 繁 雄 社団法人日本航空宇宙工業会

JIS W 0107:1987の国際規格 ICS 分類一覧

JIS ハンドブックから規格の検索、規格番号や名称が調べて探すことができます。
JIS ハンドブック 一覧 規格 種類別