JISW0106 : 1995 航空用語(航空機一般)

JIS W 0106:1995の規格概要

この規格 W0106は、航空機に関する用語について規定。

JISW0106 規格全文情報

規格番号
W0106 
制定年月日
1972/01/01
最新改正日
1995/03/01
規格名称
航空用語(航空機一般)
主務大臣
経済産業
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

01.040.49,49.020
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1972-01-01制定日
  • 1975-01-01確認日
  • 1978-01-01確認日
  • 1983-06-01確認日
  • 1984-12-01改正日
  • 1990-03-01確認日
  • 1995-03-01改正日
  • 2000-11-20確認日
  • 2005-09-20確認日
  • 2010-10-01確認日
  • 2015-10-20確認日

日本産業規格 JIS

W 0106-1995

航空用語(航空機一般)

Glossary of terms for aircraft general

1. 適用範囲 この規格は,航空機に関する主な用語について規定する。

2. 分類 用語は,次のように分類する。

(1) 航空機の種類に関する用語

(2) 航空機の寸法・面積に関する用語

(3) 航空機を構成する部分に関する用語

(4) 航空機の重量(物体に作用する重力の大きさ)比に関する用語

(5) 航空機の空気力学・性能に関する用語

(6) 航空機の運航・整備に関する用語

3. 用語・定義 用語及び定義は,次のとおりとする。

なお,参考のため対応英語及び一部の用語に対する記号を示す。

備考1. 用語欄で二つの用語を並べてある場合は,その順序に従って優先的に使用する。

2. 用語欄の( )内の太字体の語は省略してもよい。

3. 用語欄の( )内の細字体の語は参考として示したものである。

4. 用語の下に括弧で示したものは,読み方である。

(1) 航空機の種類に関する用語

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1010

航空機

人が乗って,航空の用に供することができる機器

の総称。

aircraft

1020

軽航空機

飛行中の揚力を,主として空気より軽い気体の静

的な浮力から得るすべての航空機。

lighter-than-air aircraft

1030

飛行船

推進装置及び操縦装置を備えた軽航空機。

airship

1040

重航空機

それ自体の重量が,その排除する空気の重量より

も重く,飛行中の揚力を主として空気力学的な力

から得るすべての航空機。

heavier-than-air aircraft

1050

固定翼航空機

固定した翼面をもち,その翼面に生じる揚力によ

って飛行する重航空機。

fixed wing aircraft

1060

飛行機

推進装置を備え,飛行中の揚力を,主として,そ

れぞれの飛行状態において固定翼面上に生じる空

気力学的な力から得る固定翼航空機。

aeroplane,

airplane(米)

1070

可変後退翼機

飛行中に翼の後退角を変更させることができる飛

行機。

variable-swept-wing airplane

1080

無尾翼機

水平尾翼をもたない飛行機。

tailless airplane

[ JIS W0106 : 1995.pdf Page : 1 / 14 ]ページ TOPへ

2

W 0106-1995

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1090

陸上機

陸上で発着する飛行機。

landplane

1100

水上機

水上で発着する飛行機。

seaplane

1110

フロート水上機

水上にあるとき,フロートによってその重量を支

持する水上機。

float seaplane,

float plane

1120

飛行艇

水上にあるとき,主に艇体によってその重量を支

持する水上機。

flying boat

1130

水陸両用機

陸上又は水上のいずれへも発着できる飛行機及び

へリコプタ。

amphibian

1140

グライダ

(滑空機)

推進装置を備えず,飛行中の揚力を主として固定

翼面上に生じる空気力学的な力から得る固定翼航

空機。

glider

1150

ソアラ

大気の動きを利用して,長時間又は長距離の飛行

を行うグライダ。

sailplane,

soarer

1160

モータグライダ

(動力滑空機)

50kW以下のエンジンを装備し,主として離陸上昇

時に動力を用い,所要の高度から滑空を行う固定

翼航空機。

motor glider

1170

回転翼航空機

飛行中の揚力を回転翼から得る重航空機。

回転翼の配置によって,単回転翼機,同軸回転翼

機,タンデム回転翼機などがある。

rotor craft,

rotary-wing aircraft

1180

ジャイロプレーン

起動の時だけエンジン駆動によるが,飛行中は空

気力の作用によって回転する1個以上の回転翼に

よって揚力を,またプロペラによって推進力を得

る回転翼航空機。

gyroplane

1190

ヘリコプタ

ほぼ垂直な軸周りに回転するエンジン駆動の回転

翼によって揚力及び推進力を得る回転翼航空機。

helicopter

1200

複合ヘリコプタ

回転翼のほかに推進装置と固定翼とをもち,水平

飛行中の推進力と揚力の大部分をこれらによって

得るヘリコプタ。

compound helicopter

1210

ジャイロダイン

1個以上のエンジン駆動の回転翼によって揚力を

得,推進力はプロペラによって得る回転翼航空機。

gyrodyne

1220

短距離離着陸(航空)

短い滑走距離で離着陸できる重航空機。

STOL aircraft (short takeoff

and landing aircraft)

1230

垂直離着陸(航空)機

離着陸の際,ほぼ垂直に上昇又は降下できる重航

空機。

VTOL aircraft (vertical

takeoff and landing

aircraft)

1240

亜音速機

空気の圧縮性の影響がほとんどない速度域で飛行

する航空機。

subsonic aircraft

1250

遷音速機

機体の表面の空気の流れが音速に達している部分

とそれ以下の部分が共存している速度域まで飛行

できる航空機。

transonic aircraft

1260

超音速機

音速を超える対気速度で飛行できる航空機。

supersonic aircraft

1270

極超音速機

音速の約5倍以上の対気速度で飛行できる航空

機。

hypersonic aircraft

1280

輸送機

人員及び物資を輸送するために使用される航空

機。

transport aircraft

1290

旅客機

乗客の輸送を主目的とする航空機。

airliner

1300

CCV

機体固有の不安定性及び剛性の不足を制御系によ

って補償し,機体の小型化・軽量化,操縦性の向

上等を図った航空機。

control configured vehicle

[ JIS W0106 : 1995.pdf Page : 2 / 14 ]ページ TOPへ

3

W 0106-1995

(2) 航空機の寸法・面積に関する用語

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2010

上反角

翼が付け根から翼端に向かって上がっていると

き,機軸と翼幅方向の基準線を含む平面が水平面

となす角。

参考 量記号は栰夰

dihedral angle

2020

下反角

翼が付け根から翼端に向かって下がっていると

き,機軸と翼幅方向の基準線を含む平面が水平面

となす角。

cathedral angle

2030

後退角

翼の平面形において,翼端が翼の付け根に対し後

退しているとき,翼幅方向の基準線が機軸に垂直

な平面となす鋭角。

参考 量記号栰夰

swept-back angle

2040

前進角

翼の平面形において,翼端が翼の付け根に対し前

進しているとき,翼幅方向の基準線が機軸に垂直

な平面となす鋭角。

swept-forward angle

2050

取付け角

翼弦と胴体基準線とがなす角度。通常,翼の付け

根の値を用いる。

参考 量記号iで表す。

angle of incidence

2060

ねじり上げ(角)

翼の取付け角が翼端に向かって次第に増すように

翼がねじってあるとき,翼付け根と翼端部との取

付け角の差。

wash-in (angle)

2070

ねじり下げ(角)

翼の取付け角が翼端に向かって次第に減じるよう

に翼がねじってあるとき,翼付け根と翼端部との

取付け角の差。

wash-out (angle)

2080

尾翼取付け角

尾翼の翼弦と胴体基準線とがなす角度。

参考 量記号itで表す。

tail-setting angle

2090

総翼面積

胴体部分を含めた主翼の投影面積。

参考 量記号SLで表す。

gross wing area

2100

正味翼面積

胴体部分を除いた主翼の投影面積。

net wing area

2110

ぬれ面積

航空機の全表面積。

wetted area

2120

円板面積

回転翼が回転することによって描かれる円形の面

積。

disc area

2130

縦横比

(たてよこひ)

総翼面積に対する翼幅の二乗の比。く(矩)形翼

の場合は翼弦長に対する翼幅の比になる。

参考 量記号A又は栰夰

aspect ratio

2140

テーパ比

翼根弦長に対する翼端弦長の比。

参考 量記号栰夰

taper ratio

2150

厚さ比

翼弦長に対する翼形の最大厚さの比。

thickness ratio

2160

翼形

翼の平面形における翼幅方向の基準線(通常は,

25%弦長点を連ねる線)に直角にとった翼の切り

口の形状。

aerofoil section,

wing section,

profile

2170

翼形中心線

翼形の上面及び下面までの距離がそれぞれ等しく

なる点を結んで得られる線。

center-line of an aerofoil,

mean line

2180

中心線の反り

翼形中心線と翼弦との隔たりを,翼弦長に対する

百分率で表したもの。

center-line camber

2190

反り

翼形中心線と翼弦との隔たりの最大値を,翼弦長

に対する百分率で表したもの。

maximum camber

2200

翼弦

翼形中心線の前端と後端とを結んだ直線。

chord

2210

翼弦長

翼弦の長さ。

参考 量記号cで表す。

chord length

[ JIS W0106 : 1995.pdf Page : 3 / 14 ]ページ TOPへ

4

W 0106-1995

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2240

25%弦長点

翼弦の前端から翼弦長の25%隔たった点。

quarter-chord point

2250

幾何平均翼弦

翼面積を翼幅で割った値。

mean geometric chord

2260

空力平均翼弦

縦揺れモーメントに関して翼の空気力学的性質を

代表する翼弦。

aerodynamic mean chord,

mean aerodynamic chord

(米)(MAC)

2270

前縁

翼形又は翼の前端。

備考 構造上は,前けたから前方の翼の部分

をいう。

leading edge

2280

後縁

翼形又は翼の後端。

備考 構造上は,後けたから後方の翼の部分

をいう。

trailing edge

2290

翼幅

左右の両翼端の間の水平距離。

参考 量記号bで表す。

span,

wing span

2300

全長

航空機の最前端と最後端との間の水平距離。

参考 量記号lRで表す。

overall length

2310

全高

航空機の最低端と最高端との間の垂直距離。

参考 量記号hRで表す。

height

2320

車輪左右間隔

てつ(轍)間距離

主着陸装置の左右の車輪中心間距離。車輪の代わ

りに,そり,スキーなどでも同じ。

wheel track,

wheel tread

2330

車輪前後間隔

軸間距離

前部着陸装置と後部着陸装置の車軸中心間の距

離。車輪の代わりに,そり,スキーなどでも同じ。

wheel base

(3) 航空機を構成する部分に関する用語

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3010

機体

主翼,胴体,尾翼,着陸装置など,航空機を構成

する構造部分。

airframe

3020

重航空機が空気中でその重量を支持するのに必要

とする空気力学的な力(揚力)を発生するもの。

wing,

aerofoil,

airfoil(米)

3030

主翼

重航空機の重量を支持するための揚力の大部分を

発生する翼。

main wing,

main plane

3040

テーパ翼

翼の付け根から翼端に向かって,直線的に翼弦長

が小さくなっている翼。

taperd wing

3041

く(矩)形翼

翼弦長が付け根から翼端まで一定の翼。

constant chord wing

3050

後退翼

後退角をもつ翼。

swept-back wing

3051

前進翼

前進角をもつ翼。

swept-forward wing

3060

三角翼

平面形が三角形であり,比較的小さい縦横比の翼。 delta wing

3070

短翼

胴体の両側面に取り付けられた短い翼。主として,

着陸装置,エンジンなどを取り付けたり,物をつ

り上げるために用いる。

stub wing

3080

ウィングレット

主翼の翼端にほぼ垂直に取り付けられ,これによ

って得られる翼端渦の減殺と推力成分の効果を利

用して,誘導抗力の減少と有効揚力の増加を図る

ための小翼片。

winglet

3090

操縦だ(舵)面

航空機の姿勢及び飛行方向を制御するために用い

る可動翼面。だ(舵)面ともいう。

control surface

3100

補助翼

操だ(舵)によって航空機の前後軸周りに回転運

動(横揺れ)を起こさせるため,主翼の後縁に取

り付ける可動翼面。

aileron

[ JIS W0106 : 1995.pdf Page : 4 / 14 ]ページ TOPへ

JIS W 0106:1995の国際規格分類一覧

  • 01.040.49
  • 49.020