JIST3210 : 2011 滅菌済み注射筒

JIS T 3210:2011の規格概要

この規格 T3210は、滅菌済みのプラスチック製の注射筒であって,そのまま直ちに使用でき,かつ,単回使用する注射筒の要求事項について規定。

JIST3210 規格全文情報

規格番号
JIS T3210 
規格名称
滅菌済み注射筒
制定年月日
2005/03/25
最新改正日
2011/07/29
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 7886-1:1993(MOD),ISO 7886-1:1993/Technical Corrigendum 1:1995(MOD)
国際規格分類

ICS

11.040.25
主務大臣
厚生労働
JISハンドブック
医療機器II:2018
改訂:履歴
  • 2005-03-25制定日
  • 2011-07-29改正日
  • 2016-10-25確認日

T 3210:2011

(1)

目 次

ページ

序文 1

1 適用範囲 1

2 引用規格 1

3 用語及び定義 1

4 構成及び各部の名称 3

5 物理的要求事項 3

5.1 外観及び清浄度 3

6 化学的要求事項 3

6.1 試験液及び空試験液の調製 3

6.2 pH 3

6.3 溶出金属の制限 3

7 潤滑剤 3

7.1 材料 3

7.2 潤滑剤の量 4

8 公称容量の許容差 4

9 目盛 4

9.1 目盛線 4

9.2 目盛数字 4

9.3 目盛の最低長 5

9.4 ゼロ目盛 5

10 外筒 5

10.1 寸法 5

10.2 フランジ 5

11 押子 6

11.1 設計 6

11.2 ファーストライン 6

12 筒先 6

12.1 テーパの合致 6

12.2 位置 6

12.3 内くう(腔) 6

13 性能 6

13.1 デッドスペース 6

13.2 漏れ 7

13.3 気密性 7

14 無菌性の保証 7

[ T3210-2011.pdf Page : 1 / 17 ]ページ TOPへ

T 3210:2011 目次

(2)

ページ

15 エンドトキシン 7

16 包装 7

16.1 一次包装 7

16.2 二次包装 7

17 表示 8

17.1 一次包装 8

17.2 二次包装 8

17.3 記号の使用 8

附属書A(規定)デッドスペースの測定法 9

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表 10

[ T3210-2011.pdf Page : 2 / 17 ]ページ TOPへ

T 3210:2011

(3)

まえがき

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,日本医療器材工業

会(JMED)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本産業規格を改正すべきと

の申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣が改正した日本産業規格である。

これによって,JIS T 3210:2005は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。厚生労働大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ T3210-2011.pdf Page : 3 / 17 ]ページ TOPへ

T 3210:2011

(4)

白 紙

[ T3210-2011.pdf Page : 4 / 17 ]ページ TOPへ

JIS T 3210:2011の対応国際規格一覧

  • ISO 7886-1:1993(MOD)
  • ISO 7886-1:1993/Technical Corrigendum 1:1995(MOD)

JIS T 3210:2011の引用国際規格一覧

  • ISO 594-1:1986
  • ISO 594-2:1991

JIS T 3210:2011の国際規格分類一覧

  • 11.040.25

JIS T 3210:2011の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
T0307:2004
医療機器-医療機器のラベル,ラベリング及び供給される情報に用いる図記号
T3209:2011
滅菌済み注射針