JIST5503 : 2001 歯科用回転器具-寸法及び呼び

JIS T 5503:2001の規格概要

この規格 T5503は、歯科用バー,技工用スチール切削器具,技工用アブレーシブ研削器具,技工用カーバイド切削器具,ダイヤモンド研削器具などの歯科用回転器具の作業部(又は頭部)の直径の寸法及び呼びについて規定。

JIST5503 規格全文情報

規格番号
JIS T5503 
規格名称
歯科用回転器具-寸法及び呼び
制定年月日
1993/07/13
最新改正日
2001/05/25
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 2157:1992(IDT)
国際規格分類

ICS

11.060.20
主務大臣
厚生労働
JISハンドブック
医療機器IV:2018
改訂:履歴
  • 1993-07-13制定日
  • 2001-05-25改正日
  • 2009-10-01確認日
  • 2014-10-25確認日
  • 2019-10-25確認日

T 5503 : 2001

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,日本

歯科材料工業協同組合 (JDMA) から工業標準原案を具して日本産業規格を改正すべきとの申出があり,日

本工業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣が改正した日本産業規格である。これによって,JIS T 5503 :

1993は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正で,国際規格に整合した日本産業規格を作成するため,ISO 2157 : 1992, Dental rotary

instruments−Nominal diameters and designation code numberを基礎として用いた。

この規格は歯科用回転器具の基本的規格の一つであり,JIS T 5501中の“作業部又は頭部の呼び”を規

定したものである。

[ T5503-2001.pdf Page : 1 / 5 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

T 5503 : 2001

歯科用回転器具−寸法及び呼び

Dental rotary instruments−Nominal sizes and designation

序文 この規格は,1992年に第3版として発行されたISO 2157, Dental rotary instruments−Nominal diameters

and designation code numberを翻訳し,技術的内容を変更することなく作成した日本産業規格である。

1. 適用範囲 この規格は,歯科用バー,技工用スチール切削器具,技工用アブレーシブ研削器具,技工

用カーバイド切削器具,ダイヤモンド研削器具などの歯科用回転器具(以下,回転器具という。)の作業部

(又は頭部)の直径の寸法及び呼びについて規定する。ただし,根管治療用器具を除く。

備考 この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21に基づき,IDT(一致している),MOD

(修正している),NEQ(同等でない)とする。

ISO 2157 : 1992 Dental rotary instruments−Nominal diameters and designation code number (IDT)

2. 寸法及び呼び 回転器具の作業部の直径の寸法及び呼びは,表1による。

[ T5503-2001.pdf Page : 2 / 5 ]ページ TOPへ

2

T 5503 : 2001

表1 寸法及び呼び

寸法

mm

呼び

寸法

mm

呼び

寸法

mm

呼び

R20

R20

0.5

005

2.5

2.5

025

10.0

100

0.6

006

2.7

027

11.2

112

0.7

007

2.8

028

12.5

125

0.8

008

2.9

029

14.0

140

0.9

009

3.1

031

16.0

160

1.0

010

3.15

031

18.0

180

1.2

012

3.3

033

20.0

200

1.4

014

3.5

035

22.4

224

1.6

016

3.55

035

25.0

250

1.8

018

3.7

037

28.0

280

2.1

021

4.0

4.0

040

30.0

300

2.3

023

4.2

042

4.5

4.5

045

4.7

047

5.0

5.0

050

5.5

055

5.6

056

6.0

060

6.3

063

6.5

065

7.0

070

7.1

071

7.5

075

8.0

8.0

080

8.5

085

9.0

9.0

090

9.5

095

関連規格 JIS T 5201 歯科用バー

JIS T 5210 歯科用回転器具−技工用アブレーシブ研削器具

JIS T 5501 歯科用回転器具−番号表示法

JIS T 5502 歯科用回転器具−試験方法

JIS T 5505-1 歯科用回転器具−ダイヤモンド研削器具

第1部:ポイント−寸法,要求事項,表示及び包装

JIS T 5505-2 歯科用回転器具−ダイヤモンド研削器具

第2部:ディスク

JIS T 5505-3 歯科用回転器具−ダイヤモンド研削器具

第3部:粒度,呼び及びカラーコード

JIS T 5506-1 歯科用回転器具−カッター

第1部:技工用スチール切削器具

JIS T 5506-2 歯科用回転器具−カッター

第2部:技工用カーバイド切削器具

[ T5503-2001.pdf Page : 3 / 5 ]ページ TOPへ

3

T 5503 : 2001

JIS T 5506-3 歯科用回転器具−カッター

第3部:技工用カーバイド切削器具−ミリング装置用

JIS Z 8601 標準数

原案作成委員会 構成表

日本歯科材料工業協同組合JIS原案作成委員会 構成表

氏名

所属

(技術担当理事)

亀 水 忠 茂

亀水化学工業株式会社

(技術委員長)

窪 田 隆 夫

日本歯科材料工業協同組合

(第1規格部会長)

河 合 正 勝

株式会社松風

(議長)

安 達 浩

株式会社松風

(委員)

藤 澤 睦 雄

株式会社東洋化学研究所

渡 辺 一 弘

株式会社ジーシー

(用語部会長)

村 松 寛 昭

株式会社ジーシー

(事務局)

前 川 市 男

日本歯科材料工業協同組合

日本歯科医師会・器材部会材料規格委員会 構成表

氏名

所属

(委員長)

長谷川 二 郎

愛知学院大学歯学部歯科理工学

(副委員長)

庵 原 靖 之

社団法人日本歯科医師会

(委員)

小 田 豊

東京歯科大学歯科理工学

長谷川 晃 嗣

東京歯科大学歯科理工学

宮 川 行 男

日本歯科大学新潟歯学部先端研究センター

加 藤 勇

社団法人日本歯科医師会

梶 山 進

社団法人日本歯科医師会

河 合 正 勝

株式会社松風

野 原 建

石福金属興業株式会社

渡 辺 一 弘

株式会社ジーシー

社団法人日本歯科医師会・器材部会材料規格委員会原案作成者・関係者 構成表

梅 田 昭 夫

社団法人日本歯科医師会

三 宅 公 雄

社団法人日本歯科医師会

神 成 粛 一

社団法人日本歯科医師会

野 口 八九重

社団法人日本歯科医師会

小 倉 英 夫

社団法人日本歯科医師会

杉 山 勉

社団法人日本歯科医師会

勝 木 紘 一

日本歯科材料器械研究協議会

窪 田 隆 夫

日本歯科材料工業協同組合

安 達 浩

日本歯科材料工業協同組合

(事務局)

輿 石 嘉 弘

社団法人日本歯科医師会

[ T5503-2001.pdf Page : 4 / 5 ]ページ TOPへ

JIS T 5503:2001の対応国際規格一覧

  • ISO 2157:1992(IDT)

JIS T 5503:2001の国際規格分類一覧

  • 11.060.20