JIST61267 : 2014 診断用X線装置-特性決定に用いる放射線条件

JIS T 61267:2014の規格概要

この規格 T61267は、診断用X線装置のシステム又は構成部品の特性決定のために,放射線条件を正しく決定するための試験手順について適用。乳房撮影を除き,放射線ビームの線質を物質の放射線吸収端を利用して意図的に変えるような場合(例えば,希土類フィルタによる。)には適用しない。

JIST61267 規格全文情報

規格番号
JIS T61267 
規格名称
診断用X線装置-特性決定に用いる放射線条件
制定年月日
2014/03/01
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

IEC 61267:2005(IDT)
国際規格分類

ICS

11.040.50
主務大臣
経済産業,厚生労働
JISハンドブック
医療機器I:2018
改訂:履歴
  • 2014-03-01制定日
  • 2018-10-25確認日

T 61267:2014 (IEC 61267:2005)

(1)

目 次

ページ

序文 P.1

1 適用範囲及び目的 P.1

2 引用規格 P.3

3 用語及び定義 P.3

4 共通事項−調整手順 P.5

4.1 標準の放射線条件 P.5

4.2 放射線検出器 P.5

4.3 管電圧のリプル百分率 P.6

4.4 アノード材質 P.6

5 RQR−X線源装置からの放射線ビームの線質 P.6

5.1 目的 P.6

5.2 識別 P.6

5.3 仕様 P.6

5.4 管電圧調整 P.7

5.5 付加フィルタ P.7

5.6 試験機器 P.7

5.7 標準の線質RQRの生成及び検証 P.8

6 RQA−アルミニウム付加フィルタで構成したファントムによる線質 P.8

6.1 目的 P.8

6.2 識別 P.9

6.3 仕様 P.9

6.4 標準の線質RQAの生成 P.9

6.5 標準の線質RQAを生成する別の方法 P.9

7 RQC−銅付加フィルタによる線質 P.10

7.1 目的 P.10

7.2 識別 P.10

7.3 仕様 P.10

7.4 線質RQCの生成方法 P.10

8 RQT−銅付加フィルタによる線質(CT装置に適用) P.11

8.1 目的 P.11

8.2 識別 P.11

8.3 仕様 P.11

8.4 線質RQTの生成方法 P.11

8.5 標準の線質RQTを生成するための別の方法 P.11

8.6 半価層試験器具 P.12

[ T61267-2014.pdf Page : 1 / 36 ]ページ TOPへ

T 61267:2014 (IEC 61267:2005) 目次

(2)

ページ

9 RQN−標準の放射線条件(ナロービーム条件) P.12

9.1 目的 P.12

9.2 識別 P.12

9.3 仕様 P.12

9.4 試験機器(絞り) P.13

9.5 標準の線質RQNの生成 P.13

10 RQB−標準の放射線条件(ブロードビーム条件) P.13

10.1 目的 P.13

10.2 識別 P.13

10.3 仕様 P.13

10.4 試験機器(絞り) P.13

10.5 標準の放射線条件RQBの生成 P.14

11 RQR-M−標準の放射線条件(乳房用X線装置に適用) P.14

11.1 目的 P.14

11.2 識別 P.14

11.3 仕様 P.14

11.4 標準の線質RQR-Mの生成 P.14

12 RQA-M−標準の放射線条件(乳房用X線装置に適用) P.14

12.1 目的 P.14

12.2 識別 P.14

12.3 仕様 P.15

12.4 標準の放射線条件RQA-Mの生成 P.15

13 RQN-M−標準の放射線条件(乳房用X線装置に適用) P.15

13.1 目的 P.15

13.2 識別 P.15

13.3 仕様 P.15

13.4 試験機器(絞り) P.16

13.5 標準の放射線条件RQN-Mの生成 P.16

14 RQB-M−標準の放射線条件(乳房用X線装置に適用) P.16

14.1 目的 P.16

14.2 識別 P.16

14.3 仕様 P.16

14.4 試験機器(絞り) P.17

14.5 標準の放射線条件RQB-Mの生成 P.17

附属書A(参考)論理的基礎 P.24

附属書B(参考)付加ろ過量の決定 P.25

附属書C(規定)加重平均ピーク電圧の測定 P.27

附属書D(参考)線質及び放射線条件の一覧 P.29

参考文献 30

[ T61267-2014.pdf Page : 2 / 36 ]ページ TOPへ

T 61267:2014 (IEC 61267:2005) 目次

(3)

ページ

定義した用語の索引 31

[ T61267-2014.pdf Page : 3 / 36 ]ページ TOPへ

T 61267:2014 (IEC 61267:2005) 目次

(4)

まえがき

この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本画像医療システム工業会

(JIRA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本産業規格を制定すべき

との申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣及び経済産業大臣が制定した日本工業

規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。厚生労働大臣,経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の

特許出願及び実用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ T61267-2014.pdf Page : 4 / 36 ]ページ TOPへ

JIS T 61267:2014の対応国際規格一覧

  • IEC 61267:2005(IDT)

JIS T 61267:2014の引用国際規格一覧

  • IEC 61674:1997
  • IEC 61676:2002
  • ISO 4037-1:1996

JIS T 61267:2014の国際規格分類一覧

  • 11.040.50