JISW0109 : 1977 航空用語(エンジン)

JIS W 0109:1977の規格概要

この規格 W0109は、航空機のエンジンに用いる用語について規定。

JISW0109 規格全文情報

規格番号
W0109 
制定年月日
1977/06/01
最新改正日
規格名称
航空用語(エンジン)
主務大臣
経済産業
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

01.040.49,49.050
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1977-06-01制定日
  • 1983-03-01確認日
  • 1988-06-01確認日
  • 1993-06-01確認日
  • 2000-11-20確認日
  • 2005-09-20確認日
  • 2010-10-01確認日
  • 2015-10-20確認日

日本産業規格 JIS

W 0109-1977

航空用語(エンジン)

Glossary of Terms for Aircraft(Engine)

1. 適用範囲 この規格は,航空機のエンジンに用いる主な用語について規定する。

2. 分類 分類は次のとおりとする。

(1) 形式・種類に関する用語

(2) エンジンに関する一般用語

(3) ガスタービンエンジンに関する用語

(4) ピストンエンジンに関する用語

3. 番号・用語・読み方及び意味 番号,用語,読み方及び意味は,次のとおりとする。

なお,対応英語を参考として示す。

(1) 形式・種類に関する用語

番号

用語

読み方

意味

対応英語(参考)

101

航空エンジン

こうくうえんじ

航空機の推進力又は揚力を発生させる

動力を得るために使用するエンジン。

aero-engine,

aircraft engine

102

ガスタービンエンジ

気体を連続的に圧縮・加熱・膨張させ

て,その保有する熱エネルギーを機械

的エネルギー又はジェットエネルギー

として使用するエンジン。

備考 通常圧縮機,燃焼器,ター

ビンなどから構成されてい

る。

gas-turbine engine

103

ピストンエンジン

気体を断続的に圧縮・加熱・膨張させ

て,その保有する熱エネルギーを機械

的エネルギーとして使用するエンジ

ン。

備考 通常シリンダ,ピストン,

クランク,クランク軸など

から構成されている。

piston engine,

reciprocating engine

104

ラムジェットエンジ

前進速度によるラム圧力を利用してダ

クトの中で圧縮された気体の中で燃料

を燃焼させ,ノズルで膨張させること

によりスラストを得るエンジン。

ramjet engine

105

ロケットエンジン

システムの中に持っている推進剤の燃

焼などで得たガスの噴射でスラストを

得るエンジン。

rocket engine

(motor)

[ JIS W0109 : 1977.pdf Page : 1 / 17 ]ページ TOPへ

2

W 0109-1977

番号

用語

読み方

意味

対応英語(参考)

106

リフトエンジン

スラストの方向が航空機の進行方向と

ほぼ直交し,主に機体を浮上させるた

めに使用するエンジン。

備考 VTOL機又はSTOL機に使

用される。

lift engine

107

ベクタード スラス

ト エンジン

スラストの方向を連続的に変えるため

のベクタード スラスト ノズルを持

つエンジン。

vectored thrust engine

108

補助動力装置

ほじょどうりょ

くそうち

推進エンジンとは独立で航空機の油圧

源,動力源,空気源などを駆動する動

力を供給する装置。

auxiliary power unit

(APU)

(2) エンジンに関する一般用語

番号

用語

読み方

意味

対応英語(参考)

201

スラスト

航空エンジンが発生する推す力。

thrust

202

軸出力

じくしゅつりょ

航空エンジンが発生する軸動力。

brake horsepower,

shaft horsepower

203

エンジン定格

えんじんていか

決められた条件でエンジンを運転する

場合,保証されている性能特性値。

engine rating

204

離陸定格

りりくていかく

地上又は飛行状態において,エンジン

に決められた時間,連続して出すこと

が保証されている最大の性能特性値。

take-off rating

205

最大連続定格

さいだいれんぞ

くていかく

地上又は飛行状態において,エンジン

に連続して出すことが保証されている

最大の性能特性値。

maximum continuous

rating

206

最大上昇定格

さいだいじょう

しょうていかく

上昇時に保証されているエンジンの最

大の性能特性値。

maximum climb rating

207

最大巡航定格

さいだいじゅん

こうていかく

巡航時に保証されているエンジンの最

大の性能特性値。

maximum cruising

rating

208

アイドル

地上又は飛行状態において,エンジン

の決められた運転可能な最小の状態。

idle

209

緊急定格

きんきゅうてい

かく

緊急時にエンジンに連続又は決められ

た時間出すことが保証されている最大

の性能特性値。

contingency rating

210

燃料消費率

ねんりょうしょ

うひりつ

単位正味スラスト又は軸出力につき単

位時間当たりエンジンで消費される燃

料の量。

specific fuel

consumption

[ JIS W0109 : 1977.pdf Page : 2 / 17 ]ページ TOPへ

3

W 0109-1977

番号

用語

読み方

意味

対応英語(参考)

211

修正燃料消費率

しゅうせいねん

りょうしょうひ

りつ

任意の大気状態での燃料消費率を標準

大気状態又は所定条件に修正した値。

備考 ガスタービンエンジンの場

合には次の式で表す。

T

T

sfc

sfc

ここに

sfc* : 修正燃料消費率

sfc : 計測時の燃料消

費率

T* : 標準状態又は所

定条件での絶対

温度

T : 計測時の熱力学

温度の量。

corrected specific fuel

consumption

212

燃料消費量

ねんりょうしょ

うひりょう

単位時間にエンジンで消費される燃料

の量。

fuel consumption rate

213

滑油消費率

かつゆしょうひ

りつ

単位正味スラスト又は軸出力につき単

位時間当たりエンジンで消費される潤

滑油の量。

specific oil

consumption

214

滑油消費量

かつゆしょうひ

りょう

単位時間にエンジンで消費される潤滑

油の量。

oil consumption rate

215

乾燥質量

かんそうしつり

ょう

燃料及び潤滑油などの液体を含まない

エンジンの質量。

dry mass

216

スラスト質量比

すらすとしつり

ょうひ

エンジンスラストとエンジン質量との

比をいう。

備考 これはエンジン単位質量当

たりのエンジンスラストの

値。

thrust mass ratio

217

出力質量比

しゅつりょくし

つりょうひ

エンジン軸出力とエンジン質量との比

をいう。

備考 これはエンジン単位質量当

たりのエンジン軸出力の

値。

power mass ratio

218

修正スラスト

しゅうせいすら

すと

任意の大気状態で得られたスラストを

標準大気状態又は所定条件に修正した

値。

備考 ガスタービンエンジンの場

合には次の式で表す。

p

p

F

F

ここに

F* : 修正スラスト

F : 計測スラスト

p* : 標準状態又は所

定条件での絶対

圧力

p : 計測時の絶対圧

corrected thrust

219

静止スラスト

せいしすらすと

エンジンが静止した状態で発生するス

ラスト。

static thrust

[ JIS W0109 : 1977.pdf Page : 3 / 17 ]ページ TOPへ

4

W 0109-1977

番号

用語

読み方

意味

対応英語(参考)

220

修正静止スラスト

しゅうせいせい

しすらすと

任意の大気状態で得られた静止スラス

トを標準大気状態又は所定条件に修正

した値。

備考 ガスタービンエンジンの場

合には修正式は218の備考

に準ずる。

corrected static thrust

221

正味スラスト

しょうみすらす

エンジンが発生する有効なスラスト。

net thrust

222

修正正味スラスト

しゅうせいしょ

うみすらすと

任意の大気状態で得られた正味スラス

トを標準大気状態又は所定条件に修正

した値。

備考 ガスタービンエンジンの場

合には次の式で表す。

p

p

Fm

Fm

ここに

Fm* : 修正正味スラス

Fm : 計測正味スラス

p* : 標準状態又は所

定条件での絶対

圧力

p : 計測時の絶対圧

corrected net thrust

223

比スラスト

ひすらすと

作動流体の単位質量流量当たり得られ

るスラスト。

specific thrust

224

修正軸出力

しゅうせいじく

しゅつりょく

任意の大気状態で得られた軸出力を標

準大気状態又は所定条件に修正した

値。

備考 ガスタービンエンジンの場

合には次の式で表す。

T

T

p

p

shp

shp

,

,

ここに

shp*: 修正軸出力

shp : 計測時の軸出力

p* : 標準状態又は所

定条件での絶対

圧力

p : 計測時の絶対圧

T* : 標準状態又は所

定条件での絶対

温度

T :計測時の熱力学温

corrected brake (horse)

power,

corrected shaft (horse)

power

225

相当軸出力

そうとうじくし

ゅつりょく

プロペラを駆動する軸出力のほか排気

によるスラストが得られる場合には,

このスラストを軸出力に換算してプロ

ペラ軸出力に加算した値。

(total) equivalent

brake (horse) power,

equivalent shaft

(horse) power

[ JIS W0109 : 1977.pdf Page : 4 / 17 ]ページ TOPへ

JIS W 0109:1977の国際規格分類一覧

  • 01.040.49
  • 49.050