JISW0141 : 2019 無人航空機-用語

JIS W 0141:2019の規格概要

この規格 W0141は、無人航空機に関する主な用語及び定義について規定。

JISW0141 規格全文情報

規格番号
W0141 
制定年月日
2019/10/21
最新改正日
規格名称
無人航空機-用語
主務大臣
経済産業
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

01.040.49,49.020
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2019-10-21制定日

W 0141:2019

目 次

ページ

1 適用範囲 P.1

2 分類 P.1

3 用語及び定義 P.1

[ JIS W0141 : 2019.pdf Page : 1 / 10 ]ページ TOPへ

W 0141:2019

まえがき

この規格は,産業標準化法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本産業用無人航空機工業会

(JUAV)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を制定すべき

との申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本産業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

注記 工業標準化法に基づき行われた申出,日本産業標準調査会の審議等の手続は,不正競争防止法

等の一部を改正する法律附則第9条により,産業標準化法第12条第1項の申出,日本産業標準

調査会の審議等の手続を経たものとみなされる。

[ JIS W0141 : 2019.pdf Page : 2 / 10 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

W 0141:2019

無人航空機−用語

Unmanned aircraft-Vocabulary

1

適用範囲

この規格は,無人航空機に関する主な用語及び定義について規定する。

2

分類

無人航空機に関する用語の分類は,次による。

a) 種類

b) システムを構成する部分

c) システムの設計・機能・性能基準

d) システムの運用

3

用語及び定義

用語及び定義は,次による。

なお,参考として対応英語を示す。

注記1 一つの用語が幾つかの概念を示す場合,同じ行の( )内に対象分野を細字で示す。

注記2 航空法では,“質量”の意味で“重量”という用語が用いられているため,この規格でも同様

に“重量”を用いている。

a) 種類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1001

無人航空機,

UAV

航空の用に供することができる飛行機,回転翼航空機,滑空機,

飛行船などであって,構造上人が乗ることができないもののう

ち,遠隔操作又は自動操縦によって飛行させることができるも

の。

unmanned aircraft,

unmanned aerial

vehicle

1011

固定翼無人航空機

固定した翼面をもち,その翼面に生じる揚力によって飛行する

無人航空機。

unmanned fixed wing

aircraft,

unmanned aeroplane

1021

回転翼無人航空機

飛行中の揚力を回転翼から得る無人航空機。

unmanned rotorcraft

1031

無人ヘリコプタ

ほぼ垂直な軸周りに回転する二つ以下の回転翼によって,主な

揚力及び推進力を得る回転翼無人航空機。

unmanned helicopter

1041

マルチロータ無人

航空機

ほぼ垂直な軸周りに回転する三つ以上の回転翼によって,主な

揚力及び推進力を得る回転翼無人航空機。マルチロータ又はマ

ルチコプタともいう。

unmanned multi-rotor

aircraft

1051

無人航空機システ

ム,

UAS

無人航空機及びその飛行に必要な地上局,C2リンクなどのシス

テムの総称。

unmanned aircraft

system

[ JIS W0141 : 2019.pdf Page : 3 / 10 ]ページ TOPへ

2

W 0141:2019

b) システムを構成する部分

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2001

機体

主翼,胴体,尾翼,着陸装置など,無人航空機を構成する構造

部分。

airframe

2011

無人航空機が空気中でその重量を支持するために必要とする空

気力学的な力(揚力)を発生するもの。

wing,

airfoil,

aerofoil

2021

主翼

固定翼無人航空機の重量を支持するための揚力の大部分を発生

する翼。

main wing

2031

テーパ翼

翼の付け根から翼端に向かって,直線的に翼弦長が小さくなっ

ている翼。

tapered wing

2041

く形翼

平面形が長方形[く(矩)形]の翼。

rectangular wings

2051

後退翼

後退角をもつ翼。

swept-back wing

2061

前進翼

前進角をもつ翼。

swept forward wing

2071

三角翼

平面形が三角形であり,比較的小さい縦横比の翼。

delta wing

2081

ウィングレット

主翼の翼端にほぼ垂直に取り付けられ,これによって得られる

翼端渦の減殺と推力成分との効果を利用して,誘導抗力の減少

及び有効揚力の増加を図るための小翼片。

winglet

2091

操縦だ面

無人航空機の姿勢及び飛行方向を制御するために用いる可動翼

面。空力だ(舵)面又はだ面ともいう。

control surface

2101

補助翼,

エルロン

操だによって,無人航空機の前後軸周りに回転運動(横揺れ)

を起こさせるため,主翼の後縁に取り付ける可動翼面。

aileron

2111

エレボン

無尾翼機の後縁に取り付けられた昇降だ(舵)と補助翼との二

つの働きを併せもつように設計された操縦だ面。

elevon

2121

フラップ

主翼の後縁又は前縁に取り付けられ,翼面積若しくは翼の反り

又はそれらの両方を増して,主として最大揚力係数を大きくす

る働きをもつ装置。高揚力装置の一種である。

flap

2131

フラッペロン

フラップと補助翼との機能を兼ね備えた可動翼面。

flaperon

2141

スポイラ

主翼上面に取り付けられ,これを気流中に出すことによって気

流を乱し,揚力を減殺すると同時に,抗力を増加させる装置。

spoiler

2151

尾翼

無人航空機の釣合い,安定及び操縦を受けもつために,無人航

空機の尾部に取り付けられた翼の総称。

tail wing

2161

水平尾翼

縦の釣合い,安定及び操縦を受けもつ尾翼。

horizontal tail wing

2171

水平安定板

無人航空機の縦の安定のための水平尾翼の前部の固定した部

分。トリムのために可動のものもある。

horizontal stabilizer

2181

昇降だ,

エレベータ

操だによって無人航空機の左右軸周りの回転運動(縦揺れ)を

起こさせるため,水平安定板の後部に取り付けられた可動翼面。

elevator

2191

垂直尾翼

方向の安定と操縦とを受けもつ尾翼。通常,機体の対称面に又

は対称面に平行に取り付けられる。

vertical tail wing

2201

垂直安定板

無人航空機の方向の安定のための垂直尾翼の前部の固定した部

分。

vertical stabilizer,

fin

2211

方向だ,

ラダー

操だによって航空機の上下軸周りの回転運動(かた揺れ)を起

こさせるため,垂直安定板の後部に取り付けられた可動翼面。

rudder

2221

胴体

搭載物及びその無人航空機の主要な装備を収容する無人航空機

の部分。

fuselage

2231

フェアリング

空気抵抗を減らすため,形状を整える覆い。

fairing

2241

フィレット

気流の干渉による抵抗の増加を防ぐための,構造の結合部の覆

い。

fillet

2251

ボルテックスジェ

ネレータ

境界層の剝がれを防止するため,機体表面に,気流に対して適

切な角度で並べて取り付けた小片。

vortex generator

[ JIS W0141 : 2019.pdf Page : 4 / 10 ]ページ TOPへ

JIS W 0141:2019の国際規格分類一覧

  • 01.040.49
  • 49.020