JISC3611 : 2020 高圧機器内配線用電線

JIS C 3611:2020の規格概要

この規格 C3611は、公称電圧6.6 kVのキュービクル式受電設備内の高圧配線に使用するエチレンプロピレンゴム又は架橋ポリエチレンで絶縁された絶縁電線について規定。

JISC3611 規格全文情報

規格番号
JIS C3611 
規格名称
高圧機器内配線用電線
制定年月日
1970/04/01
最新改正日
2020/11/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

29.060.10
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1970-04-01制定日
  • 1973-04-01確認日
  • 1976-05-01確認日
  • 1978-02-01改正日
  • 1983-05-01確認日
  • 1986-05-01改正日
  • 1991-10-01改正日
  • 1997-02-20確認日
  • 2002-06-20確認日
  • 2008-03-20確認日
  • 2012-10-22確認日
  • 2017-10-20確認日
  • 2020-11-20改正日

C 3611:2020

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.1 ]

4 種類及び記? [ p.1 ]

5 特性 [ p.1 ]

6 材料,構造及び加工方法 [ p.2 ]

7 試験方法 [ p.2 ]

7.1 外観 [ p.2 ]

7.2 構造 [ p.2 ]

7.3 導体抵抗 [ p.3 ]

7.4 耐電圧 [ p.3 ]

7.5 絶縁抵抗 [ p.3 ]

7.6 沿面耐電圧 [ p.3 ]

7.7 耐トラッキング [ p.3 ]

7.8 絶縁体の引張り [ p.3 ]

7.9 加熱 [ p.3 ]

7.10 加熱変形 [ p.3 ]

7.11 耐オゾン [ p.3 ]

8 検査 [ p.4 ]

9 包装 [ p.4 ]

10 製品の呼び方 [ p.4 ]

11 表示 [ p.4 ]

11.1 電線の表示 [ p.4 ]

11.2 こん(梱)包の表示 [ p.4 ]

[ JIS C3611 : 2020.pdf Page : 1 / 7 ]ページ TOPへ

C 3611:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第14条第1項の規定に基づき,認定産業標準

作成機関である一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準の案を添えて日本産業規格を改正すべ

きとの申出があり,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。これによって,JIS C 3611:1991は改

正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実用新案権に関わる確認に

ついて,責任はもたない。

[ JIS C3611 : 2020.pdf Page : 2 / 7 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

C 3611:2020

高圧機器内配線用電線

Insulated wires for cubicle type unit substation for 6.6 kV receiving

1

適用範囲

この規格は,公称電圧6.6 kVのキュービクル式受電設備内の高圧配線に使用するエチレンプロピレンゴ

ム(以下,EPゴムという。)又は架橋ポリエチレンで絶縁された絶縁電線(以下,電線という。)について

規定する。

2

引用規格

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項

を構成している。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS C 3005 ゴム・プラスチック絶縁電線試験方法

JIS C 3102 電気用軟銅線

JIS C 3152 すずめっき軟銅線

3

用語及び定義

この規格には,定義する用語はない。

4

種類及び記号

種類及び記号は,表1のとおりとする。

表1-種類及び記号

種類

記号

EPゴム電線

KIP

架橋ポリエチレン電線

KIC

5

特性

特性は,箇条7によって試験を行ったとき,表2のとおりとする。

[ JIS C3611 : 2020.pdf Page : 3 / 7 ]ページ TOPへ

2

C 3611:2020

表2-特性

項目

特性

試験方法

適用箇条

外観

電線の表面は,有害なきずがなく,平滑でな

ければならない。

7.1

導体抵抗

表4及び表5の値以下

7.3

耐電圧

水中

18 kVに1分間耐えなければならない。

7.4 a)

空中

22 kVに1分間耐えなければならない。

7.4 b)

絶縁抵抗

表4及び表5の値以上

7.5

沿面耐電圧

5 000 Vで発煙,燃焼,せん絡などを生じては

ならない。

7.6

耐トラッキング

噴霧回数101回においても0.5 A以上の電流

が試料表面を流れず,かつ,燃え上がっては

ならない。

7.7

絶縁体の引張り

EPゴム

引張強さ

4 MPa以上

7.8

伸び

300 %以上

架橋ポリエチレン

引張強さ

10 MPa以上

伸び

200 %以上

加熱

EPゴム

引張強さ

加熱前の値の80 %以上

7.9

伸び

加熱前の値の80 %以上

架橋ポリエチレン

引張強さ

加熱前の値の80 %以上

伸び

加熱前の値の80 %以上

加熱変形

架橋ポリエチレン

厚さの減少率

40 %以下

7.10

耐オゾン

EPゴム

亀裂を生じてはならない。

7.11

6

材料,構造及び加工方法

材料,構造及び加工方法は,表4,表5及び次の各項による。

a) 導体 導体は,EPゴム絶縁のものについてはJIS C 3152に規定するすずめっき軟銅線を,また,架

橋ポリエチレン絶縁のものについてはJIS C 3102に規定する軟銅線又はJIS C 3152に規定するすず

めっき軟銅線を素線として表4及び表5に示す構成で同心円状により合わせたもので,最外層のより

方向はSよりとする。

b) 絶縁体 絶縁体は,a)の導体の上に黒のEPゴム又は架橋ポリエチレンを表4及び表5の厚さに導体

と同心円状に被覆する。なお,導体に接する部分には,セパレータ又は半導電層を設けてもよい。こ

の場合,半導電層の厚さは絶縁体の厚さに含めるものとする。

絶縁体の平均厚さは,7.2によって試験したとき,表4及び表5の値の90 %以上とし,最小厚さは

表4及び表5の値の80 %以上でなければならない。

7

試験方法

7.1

外観

外観は,JIS C 3005の4.1(外観)による。

7.2

構造

構造は,JIS C 3005の4.3(構造)による。

[ JIS C3611 : 2020.pdf Page : 4 / 7 ]ページ TOPへ

JIS C 3611:2020の国際規格分類一覧

  • 29.060.10

JIS C 3611:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
C3005
ゴム・プラスチック絶縁電線試験方法
C3102
電気用軟銅線
C3152
すずめっき軟銅線